情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

若いころと同じ食事をしているアラフォーは注意!?

アラサー、アラフォーくらいになると、新陳代謝が落ちて太りやすくなった……という声が聞こえてきます。 確かに傷は治りにくいし、シミはできるし、新陳代謝は落ちてきているのは事実です。
2018/01/22 UPDATE
 
122 views

「太りやすくなってきた…」アラサー、アラフォーの声

アラサー、アラフォーくらいになると、

新陳代謝が落ちて太りやすくなった……という声が聞こえてきます。

確かに傷は治りにくいし、シミはできるし、新陳代謝は落ちてきているのは事実です。

若いころは高カロリーなものを食べてもそれだけ動いたり代謝がいいので太りにくいですが、

それをずっと続けてしまうと、取り返しのつかない状態になってしまう。

「日本人の食事摂取基準」のデータを使って計算すると、必要なカロリーは体重1キロ当たり以下の通り。

・5歳では体重1kg当たり90カロリー

・10歳では体重1kg当たり66カロリー

・15歳では体重1kg当たり44カロリー

・20歳では体重1kg当たり39カロリー

・30歳では体重1kg当たり38カロリー

・50歳では体重1kg当たり38カロリー

必要なカロリー量は成人してからはあまり変わらない事が分かる。

ではなぜアラフォーは太りやすいの?

子育て世代では、がっつり食べる子どものために、

腹持ちのよい高カロリーな料理が食卓に並び、また、食べ残しがある場合に

「あと1口分だけだから」と、ついつい最後の数口分を食べてしまいがち・・・

アラフォーになると、家族や子どもの有無にかかわらず外食などでもおいしいものを少し食べ過ぎているかもしれない。

「ちょっぴり食べ過ぎタイプ」の場合は、残り物を食べないようにする、

カロリーの高い食べ物は少なめに食べる、少し体を動かすなどをやっていかなければならない。

続きを見るには次のページへ
(ここで改ページします)

食べ過ぎていないのにやっぱり太る?

仮に体重が53キロで身体活動レベルが普通だとすると、

必要なエネルギー量は1日当たり2014カロリーということになります。

しかし、実際は誰もが同じ数字で表せるものではなく、

「毎日それくらい食べても体重維持は問題なし!」という人もいれば、

「そんなに食べたら太る!」という人もいます。

アラフォーで一番まずいのは、体重が増えたからと言って運動せずにカロリーを減らすことです。

食べ過ぎの人が普通の量を食べるのは大丈夫ですが、

もともと普通の量を食べている人が低カロリー食にするだけのアプローチはNG!!

単にカロリーを落とすと、アンチエイジングに必要な栄養素が摂れずに単に老けてみえる可能性が大きいです。

「若いころと同じ食事」はいつやめるべきか? ずばり今がそのときかもしれません。


引用元:https://allabout.co.jp/gm/gc/447671/
引用元:https://utsu.space/archives/636
引用元:https://this.kiji.is/266408308052049927

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード