情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

吉岡里帆さんドラマ「きみが心に棲みついた」主演!彼女のヤバすぎる下積み時代が判明

吉岡里帆さんドラマ「きみが心に棲みついた」主演へ!彼女のヤバすぎる下積み時代が判明・・・・・その内容とは・・・・?
2018/01/17 UPDATE
 
797 views

吉岡里帆さんプロフィール

生年月日 1993年1月15日
出生地 京都府
身長 158 cm
身長:158cm
3サイズ:B82・W60・H85

そんな吉岡里帆さんが芸能界を目指したきっかけ

吉岡里帆さんの実家は京都にあり、



映像会社を経営するカメラマンの


父や母・祖母の影響を受けて、



幼少時より映画や演劇、歌舞伎、落語などさまざまな


ものに触れ



その後、高校3年生で舞台を見たことがきっかけで、



独学で芝居の勉強を始め、俳優養成所にも通い始めた

吉岡里帆さんの下積み時代がヤバい・・・・

京都の大学で演劇をしながら、東京のプロダクションに所属

深夜バスで12時間かけて上京し、オーディションを受け、


オーディションを受けた後、


東京から12時間かけて京都まで戻り


そのまま大学に向かうという生活を5年間も続けていたという


このエピソードはテレビ番組でもたびたび紹介されています

学生時代の吉岡里帆さんは・・・・・

学生時代は、東京へ向かうための資金を集めるため


カフェや居酒屋、派遣の仕事や、歯科助手

さらにホテルのサービスなど



アルバイトを4つ掛け持ちしていたという



なんというストイックさ・・・・・


よほど、芸能界に入りたかったんでしょうね

ここから吉岡里帆さんの苦労がスタートする・・・・

(ここで改ページします)

オーディションになかなか合格出来ない

のんさんを一躍女優にさせた
「あまちゃん」に最終オーディションで落選、


更に、アニメ映画「バケモノの子」でも、


広瀬すずさんに決まり落選・・・・・


オーディションに苦戦する日々が続いた

そんな時に吉岡里帆さんに転機が訪れる

2014年に親の反対や本人も気持ちが乗らない中


「週刊プレイボーイ」でグラビアとして活躍することに


吉岡里帆さんは
当時

ワンコインで買える雑誌に
「私が脱いでも、1週間後には廃棄され、また別の女性が載る」
など、今でもグラビアに対して否定的な言葉が印象的

グラビアから知名度が上がる

グラビア出演をきっかけに
吉岡里帆さんが有名になっていき


2015年6月映画「明鳥」で、ヒロイン明子役


更に、朝ドラ「美女と男子」朝倉かれん役を演じる


「ごめん、愛してる」や2017年「カルテッド」で

最終回では「人生チョロかったー」と高笑いする“怪演”が話題になり

どん兵衛のCMで星野源さんと共演し



そして2018年「きみが心に棲みついた」でついに主演へ




吉岡里帆さん・・・・下積み時代に方向転換し、これが転機になり

現在に至るわけですね・・・・




吉岡里帆さんが現在でも行っていること

京都から東京へ新幹線を利用したときには


「仕事が加速すると、景色はこんなに変わるんだ」



と、深夜バスと新幹線から見える景色の違いに



思わず涙ぐんだこともあったのだとか



そんな吉岡里帆さんですが、ハングリー精神を忘れないために、


今でも、夜は新幹線の利用をしないのだとか



ストイックですね・・・・


この間、テレビ番組に出演したとき、時間の使い方など


かなり細かいスケジュールにしていることを明かしていました



下積み時代の影響なんでしょうね

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

雑学・芸能・趣味・雑談どんどん書きまっせ!

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード