情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

小池徹平、芸能界から消えた!?ウエンツとの不仲説と劣化説の真相は…?

小池徹平、芸能界から消えた!?その真相はウエンツとの不仲と劣化が原因?真相は…
2018/08/01 UPDATE
 
512 views

小池徹平、芸能界から消えた!?その真相はウエンツとの不仲と劣化が原因?真相は…

その甘いマスクで俳優としても歌手としても


人気を博していた小池徹平さんですが、


最近姿を見ないと


心配の声が上がっています・・・。


確かに、以前に比べると見る機会が減ったような気がしますね。



芸能界を干されたなどの噂も聞きますが、


どうやらその裏には、


WaTの相棒でもある、ウエンツ瑛士さんとの確執が


あったのではとも噂されています。


噂の真相を探っていきましょう。

2017年には小池徹平さんがドラマ『リバース』に出演し、


大きな反響を呼びました。


このドラマ出演は2年ぶりの民放連ドラ出演となり、


それまでは、ミュージカル出演の仕事が多かったようです。


小池徹平さんは「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で


グランプリを受賞し芸能界入りを果たし、その後


モデル活動を始め、


2002年のドラマ「天体観測」で俳優デビューしました。


そして同年、ウエンツ瑛士さんと「WaT」を結成し、


路上ライブなどの音楽活動を始め、


2005年にメジャーデビューを果たしました。

小池徹平さんとウエンツ瑛士さんのユニット「WaT」は、


とても高い人気を博しましたが、


2011年以降はウエンツ瑛士さんは司会業中心、


小池徹平さんは俳優業中心の活動を行うようになり


「WaT」としての活動は長い期間行われませんでした。



そして、高い人気を誇っていたのにもかかわらず、


「WaT」は、2016年2月12日に静かに幕を閉じました。

小池徹平、ウエンツ瑛士との不仲説の真相は?

そして、「WaT」が解散したことによって


2人の不仲が取りざたされるようになってしまいました。


どうしてこのような噂が立ってしまったのでしょうか。


これについては、解散直前「WaT」として2人がバラエティ番組に出演した際の


小池徹平さんの発言が原因だと考えられます。


小池徹平さんは、


「10年やってんのに、僕ら5年間活動してなかったんです」


と、発言し、その理由として2人が個々の活動が主体になり、


音楽に100%集中できなくなったことをあげています。


さらに、相方のウエンツに対しては音楽的な部分に不満がある事を明かし、


「ベースを弾いたり、ピアノを弾いたり、 ドラムを叩いたり…どれも中途半端」

「最終的に、ダンスやっとるんすよ!」


と批判とも受け取れる発言をしています。



この小池の発言から不仲を疑う声が聞かれるようになってしまいました。



さらに、この不仲説を裏付けてしまったのが、


2014年6月に行われたグリコカフェオーレ新CM発表会での二人の発言です。



この時も報道陣からも不仲説を問われました。


これに対してウエンツ瑛士さんが


「遠距離恋愛状態だったのでようやく繋がった感じ」


と照れた表情で語ったのに対し、


小池徹平さんは


「正直ぎこちないです。(久しぶりに会って)恥ずかしい」


と発言をしました。


この発言が、不仲であった事を認めてしまったように


取られてしまったようです。


当時本当に不仲だったのかは分りませんが、


しばらくお互い距離を置いていたことは推測できますね。

小池徹平、劣化説の真相は!?

そして、劣化が原因で芸能界から消えたと噂されている


小池徹平さんですが、


現在の小池徹平さんの写真がこちらです。

劣化どころか、年齢を感じさせなイケメンさですね。


確かに目じりのシワが深くなっているような気がしますが、


落ち着いた雰囲気になりましたね。


今までの学生などの若い役が多かったですが、


今後は幅が広がりそうですね。


最近は舞台などにも多く出ているようなので、


今後の小池徹平さんの活躍が楽しみですね♪

まとめ

ウエンツ瑛士さんとの不仲説は、もしかしたら


本当だったかもしれませんが、


劣化説は嘘でしたね!!


最近までTVで見なかったのは、


音楽にも関心が高かったので、ミュージカルの仕事を多く入れていた


というだけかもしれませんね。


今後の小池徹平さんの活躍に期待です!!

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード