情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

真実を知ればもう2度と買えない恐ろしい食品5選!怖すぎてもう買えない・・・

2018/01/13 UPDATE
 
2,349 views

私たちの周りに定番として浸透している数々の食品。

特に何も気にしないで食べたりしていますが、

中には知ってしまったらもう二度と

食べたくなくなるようなものもあるんです!!

今回は、そんな知ってしまったら2度と買いたくなくなる食品を

厳選して6つご紹介ます!!

知れば二度と買えなくなる商品6選

1.グミ

1920年代にドイツで作られた「グミ」。

今では世界中で愛され、日本でも多くの商品が販売されています。

ですが製造の段階で使用される「ゼラチン」は、

多くの製造社が豚など、「動物の骨」から作られているんです。

2.加工パン

現在ではオーガニック思考が強くなっているのもあり、

加工されている食材はあまり体に良くないと多くの方が認知していると思います。

しかしコンビニなどで食事をすませないといけない場合、

加工パンを買う機会も少なくないのではないでしょうか?

この加工パンに含まれるのが「L-システイン」。

聞いたことありませんか?

L-システインは基本的には体に良いとされていますが、

それがどこから抽出されているのかということなんです。

北米では「アヒルの羽」から。そして中国では…

「人の髪の毛」から作られているんです!

3.ホットドッグ

ジャンクフードの定番「ホットドッグ」。

好きな方も多いと思います!

しかしこのホットドッグは、



「保存料」と「化学調味料」の塊なんです!


それだけでなく、あのソーセージの皮の部分ですが、

作る工程で、余り物を使用するため「豚の鼻」なども混ぜっているんだとか。。。

(ここで改ページします)

4.赤い食べ物

赤色、もしくはピンク色の食材を一度は口にした事があると思います。

資源の赤であるパプリカやトマトではなく、加工食品の「赤」は一体どこから来ているのかご存知でしょうか?

着色知るために抽出される元がなんと・・・

コチニールカイガラムシという虫から抽出しているんです!

ペルーなどで飼育され、

乾燥し、する潰して染料として完成します。

虫…ゾッとします。

5.ポテトチップス

スナック菓子の定番「ポテトチップス」。

多くの人が大好きではないでしょうか?

しかしこのポテトチップスは体に良いとは言えないですよね。

その原因は「亜硫酸ナトリウム」という成分。

それは色落ちを防いだり、バクテリア予防のために使用されています。

少量であれば「体に悪影響はない」とされていますが、

野菜や肉、果物には使用が禁止されています。

この時点で本当に大丈夫なのか疑問になりますよね。。。

まとめ

いかがでしたか?

普段気にせず口にしていた商品の意外な事実。。。

あなたはそれを知っても今まで通り食べる事ができますか?

筆者は怖い気もしますが、やっぱり食べてしまいそうですね。

少しだけ気にかけながら食べるように心がけてみてはいかがでしょうか。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

時事ネタからお役立ちネタ、暇つぶしネタまで幅広くご紹介します♪

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード