情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

この画像を見て、ポイ捨てすることで生き物にも被害が及んでいることを忘れないでほしい!!

2017/12/18 UPDATE
 
11,903 views

釣り人が釣り上げた異形の魚

「ポイ捨てはダメですよ」

当たり前の話ですが、残念ながらポイ捨てをする人は世界各国にいます。

ポイ捨てをしてはいけない最大の理由は、街や河川が汚れるからです。

ゴミであふれかえった街ほど、不愉快なものはないでしょう。

しかし、それだけにありません。

ポイ捨てにより、被害を受けている生き物もいます。

ポイ捨てによって起こった惨劇をアダム・ターンブルさんがFacebookに公開し、話題となっています。

アダムさんがカナダにあるサスカチュワ川で釣りをしていたときのことです。

信じられない姿をした魚が針にかかりました。

魚の身体はまっすぐでくびれはありません。

しかし、アダムさんが釣り上げた魚にはくびれのように身体の真ん中辺りがくぼんでいます。

よく見てみると、何か巻き付いているようにも見えます。

自分のゴミは自分で捨てようよ

アダムさんは、次のように投稿しています。

「自分のゴミは自分で捨てようよ」

そう、魚の身体に巻き付いていたのはゴミでした。

誰かが捨てたペットボトルのラベルが身体に巻き付いていたのです。

魚は自分でゴミを取ることができないので、そのままで成長していったのでしょう。

アダムさんはこの投稿をシェアするように呼びかけています。

拡散することで、一人一人にゴミのポイ捨てはダメなんだということを分かってもらいたいと考えたんです。

(ここで改ページします)

ゴミは持ち帰ろう

近くにゴミ箱があれば、そこへゴミを捨てることができます。

しかし、ゴミ箱が見つからないと持って帰るのが面倒になりポイ捨てをしてしまう人も多いでしょう。

ですが、その前に考えてください。

あなたの捨てたゴミで、その場所が汚れてしまいます。

生き物が被害を受けることもあるでしょう。

今回は魚の身体に巻き付いていましたが、誤ってゴミを飲み込んで窒息死してしまう生き物も数多くいるのです。

ゴミのポイ捨てをしたらその場所が汚れることは、多くの人が分かっているでしょう。

汚れても、誰かが掃除をするだろうと軽はずみな気持ちで捨てている人が多いと思います。

しかし、ゴミのポイ捨ては汚れるだけではありません。

生き物にも被害が及ぶのです。

そのことを忘れないようにしましょう。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード