情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

いじめが急増している!?あまり知られていない「いじめの実態」

2017/12/11 UPDATE
 
276 views

いじめは急増している!?

最近イジメが増えていると

感じている方が多いのではないのでしょうか。

よく使われる文科省の統計では

「学校が認知した数」がカウントされていますが、

これはあくまで認知件数=学校が把握できた数です。

テレビなどでいじめ問題が注目されると

例年以上に調査に力を注ぐ学校が出てくるため

報道で盛り上がった年は、いじめの認知件数が増えるということになります。

実は報道が増えたからいじめが増えたというわけではないのです。

いじめ防止対策推進法

「いじめ防止対策推進法」

という法律があり、

第四条には「児童等は、いじめを行ってはならない。」

とはっきり定められています。


第八条 には「学校及び学校の教職員は

当該学校に在籍する児童等の保護者、

地域住民、児童相談所その他の関係者との連携を図りつつ、

学校全体でいじめの防止及び早期発見に取り組むとともに、

当該学校に在籍する児童等がいじめを受けていると思われるときは、

適切かつ迅速にこれに対処する責務を有する。」とあります。

子供側から訴えがあったときに適切な対処をするだけでなく、

いじめ防止と早期発見に保護者や、地域、そして他団体と

連携をして積極的に取り組まなければならないということが定められています。

つまり、保護者も「これっていじめではないかな」と思う場面があったなら、

自分の子供のことでなくても地域住民として学校に連絡をすることができます。

学校側に「いじめを認識していなかった」

などと言わせない為にも心当たりがあればすぐに連絡してください。

(ここで改ページします)

なぜ親がいじめに気付かないのか

いじめられている子供には

・親に心配かけたくない

・いじめられていることがカッコ悪いと思っている

・自分が悪いからいじめられていると思っている

・親に言ったら、もっとひどい目に遭うかもという恐れ

などがあり親にはなかなか言いにくいのです。

少しでも違和感があれば、

保護者や他団体などに話を聞いてみたり

相談窓口に電話してみてください。

もちろん保護者も相談可能です!

悩んでいる方は直ぐに相談して下さい。

最後に相談窓口の情報を記載しておきます。

相談窓口情報

【国】24時間子供SOSダイヤル
相談方法 電話:0120-0-78310(通話無料)
対応時間 24時間
内容 いじめられてつらい思いをしているとき、
いつでも、どこからでも、相談できます。

夜や休日でも24時間、かけられます。保護者からの相談も受けつけています。

(文部科学省)
(2016年4月1日からフリーダイヤル化。「24時間いじめ相談ダイヤル」から名前が変わりました。)
出典: stopijime.jp
【民間団体】チャイルドライン(18歳までの子ども専用電話)
相談方法  電話:0120-99-7777 (通話無料)
対応時間
全国から 月~土 16時~21時(東京・埼玉・栃木・山梨・愛知県は 毎日 16時~21時)
年末年始12月29日~1月3日はお休み

内容
18歳までの子ども専用電話。
困ったことがあるとき、悩んでいて誰にも話せないとき、今話したいことがあるのに相手がいないとき、そんなときにかける電話。私たちは、あなたにとって何がいいのかを探しながら、一緒に考えます。
 (チャイルドライン支援センター)
チャイルドラインのやくそく
◆ ヒミツは守るよ
◆ どんなことも一緒に考えるよ
◆ なまえは言わなくてもいい
◆ 切りたくなったら切ってもいい
出典: stopijime.jp

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード