情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

明日からの人生が変わるかもしれない9つの法則!!

今回は明日からの人生が変わるかもしれない9つの法則をご紹介します。
2017/12/07 UPDATE
 
158 views

今回は2017年12月5日放送の

朝日放送の『雨上がりの「Aさんの話」〜事情通に聞きました!〜』で

紹介されていた「明日からの人生が変わる!9つの法則とは?」を

お届けします。

メラビアンの法則

メラビアンの法則とは、その人の第一印象は初めて会った時の

3〜5秒で決まり、またその情報のほとんどを

「視覚情報」から得ていると言う概念のことです。

コミュニケーションで相手に与える印象は

「視覚情報」が55%といわれています。

リトルの法則

リトルの法則とは、簡単に言えば

行列のおおよその待ち時間がわかるものです。

計算方法は、まず自分の前にすでに並んでいる人数を数え

それを1分後に自分の後ろに並んだ人数で割ります。

(例)既に30人が並んでいる行列に並び、1分後に3人が並んだ場合

計算式は、30÷3=10となり約10分並べばいいということです。

ピークテクニックの法則

ピークテクニックの法則とは

あえて中途半端な数を示すことで興味を持たせる

ことを言います。

例えば、「1分だけアンケートにご協力ください」と言われるより

「48秒だけアンケートにご協力ください」と言われたほうが

「違和感」を感じ、より興味を持たされます。

Zの法則

Zの法則とは、人間の視線は左上をはじめとし

右上→左下→右下とZを描くように

動く習性を利用した法則です。

主にチラシなどに利用されています。

ゴールデンラインの法則

ゴールデンラインの法則とは、商品がもっとも見やすく

手に取りやすい高さの陳列のことを「ゴールデンライン」といい

85cm~150cmの高さが「ゴールデンライン」とされており

それを利用していることを言います。

売上の9割近くが「ゴールデンライン」に集中します。

ミラーリングの法則

ミラーリングの法則とは、人間には相手と同じ方向に

視線を動かす本能があり、それにつられて体も自然と

同じ方向に動くことを言います。

あっち向いてホイでこの法則を使えば

勝率が上がるかもしれませんね。

マジシャンズセレクト

マジシャンズセレクトとは、一見選択肢が有るように見えて

実際は条件に該当する選択肢はひとつだけで

出題者の誘導を感じさせずに選択させる手法を言います。

では皆さんにも選んでいただきます。

以下の8個ある単語からひとつ選んでください。

風景画 首 北海道 動物 授業 教科書 スキー コーヒー

では次に選んだ単語に関係する単語を選んでください。

シークワーサー 歴史 割りばし 雪 砂糖 リモコン キリン ラジオ

再度選んだ単語に関係する単語を選んでください。

赤い 白い 酸っぱい 温かい からい 長い 煙たい 狭い

再度選んだ単語に関係する単語を選んでください。

太陽 トンボ たぬき さくらんぼ うどん 教授 宇宙 りんご

選び終わりましたか。

答えは最後のほうに載せておきますので、ご確認くださいね。

イエスセットの法則

イエスセットの法則とは、必ず「イエス」の返事がもらえそうな質問を

3つ以上用意します。そしてそれを会話の中で織り交ぜて

3回「イエス」がもらえれば、肝心の質問でも

「イエス」がもらいやすくなるという方法を言います。

何度も「イエス」を繰り返すことで

「ノー」と言いにくい心理状態になるのです。

アンカリングの法則

アンカリングの法則とは

価格表示を値下げ前と値下げ後をわざと表示し

消費者にお得感を感じさせることを言います。

これは色んな場面で応用でき

例えば「一週間後に資料をまとめて提出します。」と言い

三日後に提出するのです。

あえて多い日数を言っておき、それよりも短い日数で

仕事ができれば相手に良い印象を与えることができます。

マジシャンズセレクトの答え

最後に先ほどのマジシャンズセレクトの答えです。

あなたが選んだのはズバリ「うどん」ですね。

どうですか、合っていましたか。

ちなみにスタジオのケンドーコバヤシさんは

「首」から「歴史」を選び外れていました。

ちなみにその他の雨上がり決死隊と海原やすよ・ともこの

四名は「うどん」でした。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード