情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

【必読】あなたがもしいじめに遭ったら……できる対策5選

2017/11/30 UPDATE
 
422 views

あなたはいじめに遭ったことがありますか?

実は、いじめをする人というのは以下の特徴があります。


・「自信がない」
・「虐待されたのか」
・「他人に責任をおしつける」
・「嘘をよくつく」


なぜでしょう?

それは自分にない特徴がある人が来て、なわばりを荒らされたと考えるからです。

自分のテリトリーを荒らされると、それに対して追い出したいようなアクションを取ります。

それがいじめの起きる原因の一つです。


では、対策として何があるのか?

「閉ざされた空間」に入らない

いじめが起きやすい環境の一つとして、

「閉じられた空間や環境にいる」というものがあります。


これはバーチャルな空間でも同様で、

LINEなどのグループチャットでも同様のことが起きてますね。

人間は「閉ざされた空間」に放り込まれると「一線を超えてしまう」のです。

このような観点からすると、まずは「閉ざされた空間」には極力入らないことを心がけましょう。


もし入らなければいけない場合は、一人で入らずに複数の人で入ると良いでしょう。

(ここで改ページします)

無視してマイペースで仕事をする

いじめというのは、反応が返ってくるから行われます。

態度、表情、行動その全てで何らかのリアクションを起こしてしまうから、

いじめが増長してしまうのです。

反応が返ってこないと犯人はつまらなくなって、いじめをやめます。

耐えることが大事なんですね。

(ここで改ページします)

立場が上の人にこっそり相談する

いじめを一人で抱え込むのはつらいです。

相当心の強い人でなければ耐え続けることは難しいでしょう。

最終的には病や、後遺症を負ってしまうかもしれません。

その前に誰かに相談してみることが大事です。

特に快い上司に相談すると、対策や心の支えになってくれることでしょう。

(ここで改ページします)

あえて人目のつくところで意思表示をする

いじめは何もしないと徐々に陰湿な方向に確実に進みます。

上司や役員にばれないよう、こそこそとおこなわれるのです。

だからこそ、公式の場で思い切り叫びましょう。

ビジネスマナー的にはよくないですが、それよりも自分の身を守るほうが大事です。

現状を表沙汰にすることで、主犯に「面倒くさい」と思わせていじめをやめさせるきっかけにもなります。

上司がダメなら、第三者機関に相談するのも

会社にもコンプライアンス窓口や社内環境をよくするために必要な機関が備わっています。

また労働組合、労基など、「残業代が支払われない」といったいじめが起きている場合は、

そちらに連絡してみるのも一つの手段となります。

どうでしょうか?

会社でいじめを受けている場合、一人で抱え込んでいてもつらいばかりです。

困ったときは誰かに助けを求めましょう。

自分だけがひどい目に合う道理なんてどこにもないのですから。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード