情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

かわいい赤ちゃんに蒙古斑が…新生児ニキビが… 特別なケアはどうすればいいの?

赤ちゃんもニキビができるの!?
2016/07/28 UPDATE
 
29 views
  • 出典: prcm.jp
  • 赤ちゃんの身体に青いアザがあれば、「虐待…?」と思われてしまいがちな昨今。

    本当に虐待で付けられたアザなら大変ですが、青アザに見える”蒙古斑”の
    可能性があります!
  • ”蒙古斑”ケアは?

  • “蒙古斑”には特別なケアは必要ありません。たいていの子供が3〜5歳の間に自然と消えてゆくものだからです。黄色人種にとって蒙古斑はよくある症状で、病気ではないので心配しなくても大丈夫。日本では出生時に約9割の赤ちゃんに見られるものです。

    蒙古斑の原因は、メラニンを生成する真皮メラノサイト(蒙古斑細胞)と考えられています。

    メラノサイトが色素生成するために表皮へと移動する途中で、手前の真皮に溜まって現れるのです。このメラノサイトは腰部分で活発に働くため、蒙古斑も腰やお尻に現れることが多いのです。
  • 赤ちゃんのお布団の選び方

  • 赤ちゃんの肌に触れるものは、大人と同じと考えるのは避けた方がよいです。それはお布団も一緒。1日の大半をお布団で過ごす赤ちゃんにとって、その環境は非常に重要です。では、こちらでお布団の選び方についてみてみましょう。

    代謝機能や汗腺が未発達で、熱が体にこもりやすく、体温が上がりやすい反面、基礎代謝量が低いため体温が下がりやすいのも特徴。大人よりもやや薄めの布団で、快適な温度を保ってあげましょう。

    素材にもこだわる必要がありますよね。赤ちゃんにストレスを与えず、気持ちよく寝てもらうためにも、どんな素材が赤ちゃんにとってよいものなのかをチェックしてみましょう!
  • 【日本製】 オーガニック 丸洗いベビー組布団 11点セット ≪パンダ≫ (オーガニックコットン ダブルガーゼ 綿100%)
    12495円
    販売サイトをチェック
  • イマージ ミニ布団セット (5点セット) ピュアホワイト
    5680円
    販売サイトをチェック
  • 赤ちゃんのスキンケア

  • 赤ちゃんの肌もスキンケアは必要。大人の肌とは少し違うので、当然スキンケアで重視するポイントも違ってきます。私たちがもっとも重視するのはフェイシャルケアですが、赤ちゃんでは、おむつ蒸れや刺激にさらされているおしりやまたのケアも重要です。

    私たちは足りない成分をさまざまなスキンケアアイテムで補うことがメインですが、赤ちゃんではあれこれ塗るというよりも、まずは清潔を保つことが急務となります。

    汗っかきで新陳代謝も活発な赤ちゃんの、汚れやすい肌を清潔に保つこと!これこそが赤ちゃんのスキンケアの核となります。
  • 赤ちゃん肌を大切に

  • 赤ちゃんの肌はキメが細かくふっくらしていて、とてもデリケートです。可愛い赤ちゃんとぷりぷりの肌を大切にしましょうね。

  • 新生児ニキビ なぜできる?

  • 出典: 192abc.com
  • 新生児ニキビは、肌の弱い赤ちゃんにできるニキビのことです。

    生後2週間から3ヶ月の赤ちゃんにできるこのニキビ、その原因と対処法です。
  • 大人や思春期のニキビは「毛穴に皮脂が詰まって炎症を起こす」「アクネ菌が繁殖する」というのが代表的な原因。赤ちゃんも例外ではなく、たっぷりと汗をかいた後に毛穴がつまると、ニキビや湿疹などの赤いブツブツができてしまいます。他にも、寝る時間が大人よりも多い赤ちゃんならではの原因もあります。それは肌に触れる寝具の汚れ。ちょっとした汚れでも、赤ちゃんの肌は過敏に反応してしまうのです。

    これらよりも強く影響するのは出生時に受け継いだ母親のホルモンの影響です。赤ちゃんの毛穴は未発達で、ホルモンに対応しきれず皮脂や汚れを毛穴に停滞させてしまうのだとか。それが皮脂腺を刺激して、ニキビができてしまうのです。体内のホルモンが原因なので、ニキビができていないほかの部分が乾燥していてもできる場合があります。このようにホルモンが影響しているニキビは、体が発達してくると順応できるようになるため、自然に消えていく傾向にあります。
  • 新生児ニキビのケア

  • 出典: cuta.jp
  • 赤ちゃんをお風呂に入れたり、着替えさせてあげたりする際に、オムツや洋服でムレたりかぶれたりしやすい部分をチェックしてあげましょう。赤ちゃんのニキビはあまりに赤く腫れ上がったり広範囲に広がったりしない限り、特別に治療は必要ありません。ただ、清潔を保ち、傷つけないようにしていれば、ほとんどは自然に消えていきます。

    予防策としては、体を清潔に保ってあげることです。お風呂では必ず石けんを使ってやさしく洗いましょう。このとき、きめ細かい泡にすると肌へのダメージが抑えられます。泡が残らないように洗い流して、やわらかいタオルでふいてあげてください。

    そしてお風呂上りには必ず保湿をします。低刺激のベビーローションやクリームを使いましょう。他にも、日中は汗をこまめにふきとってあげたり、爪を切ってひっかかないようにしてあげたりと、細かいですがケアをしてあげてください。寝具や衣類、タオルはやさしい風合いのものを使用します。
  • あまり神経質にならなくても大丈夫

  • 一言で“赤ちゃんのニキビ”と言っても、その原因はさまざま。「いくら清潔にしていてもニキビが治らない…」と神経質になりすぎるよりも、少し気長に、でもしっかりと清潔を保ってあげることが大切です。ただし、症状がひどい場合はすぐに皮膚科を受診するようにしてください。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード