情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

なぜ泣いているの?赤ちゃんの気持ちがわかる5種類の泣き方

赤ちゃんがなぜ泣いているのかわからない・・・困っているパパやママに
2016/07/21 UPDATE
 
1,404 views
  • 赤ちゃんがなぜ泣いているのかわからない・・・困っているパパやママに

  • 出典: mamari.jp
  • 天使のように可愛いらしく、愛おしい赤ちゃん。

    でも、一度泣かれてしまうと「なぜ?どうして、泣いているの?」と困ってしまいますよね。

    こんな時、赤ちゃんの気持ちがわかったら・・・と思ったことはありませんか?

    「生後3ヶ月くらいまで」の赤ちゃんの5つの泣き声において、ある程度の気持ちを推測することができるようです。
  • Neh(ネェー) = お腹すいた

  • ”N”の音は、吸引(吸綴)反射(吸乳反射)から来るもの。

    おっぱいを飲むときみたいに、赤ちゃんが口の上に舌をつけると出る音。

    「んね~」「んめ~」みたいに聞こえるかも。

    舌が見えるので、わかりやすいようです。
  • Owh(オォ、アォ) =眠いよ

  • 「あくびをする」と関連しているそうです。

    「うわ~ん」「おぎゃ~」という声に近いかも。
  • Heh(ヘェー) =「気持ち悪い」

  • 暑い・寒い・オムツが気持ち悪いなど。

    何かに対して不快感がある場合の泣き方でしょうか。
  • Eair(エァー) =ウンチ・おならがしたい、お腹の不快感

  • 泣くというよりも、唸り声っぽい。同時に足を上げたりすることも。

    お腹が痛い、お腹が張っているときなどかもしれません。
  • Eh (エッ)=ゲップしたい

  • 空気をお腹から出そうとするときに出る音。

    上手くゲップを出させてあげられたら良いですね。
  • 以上の赤ちゃんの5種類の泣き方の意味は、オーストラリアのPriscilla Dunstan(プリシラ・ダンスタン)さんが発見した「赤ちゃんの5つの泣き声で欲している物を見分ける方法」です。

    およそ「生後3ヶ月まで」の赤ちゃんに共通する泣き方だそうですが、困り果てているママやパパのご参考になればと思います。
  • 出典: NAVERまとめ

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

Be water, my friend.

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード