情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

iPhoneには決まった「寿命」が存在していた!!

全世界で使われているiPhone。実は公式が決めている「寿命」があった。
2016/05/10 UPDATE
 
359 views
  • 全世界で使われているiPhone。実は公式が決めている「寿命」があった。
  • 3年!

  • アップルは公式サイトの環境ポリシーページで、製品の耐用年数に関して明らかにした。
  • 製品そのものを寿命というわけではないものの、新品で購入してiPhone/iPadで3年とアップルでは考えている。
  • 計算で導き出された「3年」の寿命

  • 計算で導き出された「3年」の寿命。
  • ユーザーによる使用をモデル化するために、模擬的な使用シナリオのもとで稼働する製品の消費電力を測定。
  • 製品の使用例としてモデルケースを想定し、仮想シナリオに基づく製品寿命を試算した結果。
  • これって短いの?長いの?

  • 日本ではキャリアとの2年縛り契約で購入している人が多いため、端末単体で購入している人は少なく実感がない。
  • iPhone以外にも寿命が決まっているらしい

  • 「Apple Watch」の寿命は何年?
  • Apple WatchなどのWatchOS製品の寿命は3年。
  • バッテリー寿命が、およそ2年半程度となることが公式に明らかにされている。
  • 製品自体の寿命より先に、バッテリーの寿命がきてしまうようです。
  • 「MacBook」にも決まった寿命がある。
  • MacBookなどのOS X製品やiTVなどのtvOS製品の寿命は4年間。
  • 近年のMacBookは、使い捨ての消耗品にする方向で進めている。
  • なぜ「3年」という寿命を決めているのか??
  • 3年というのには、根拠がありそうです。
  • ボディそのままで中身を最新にしたiPhone SEが発売されたことを考えても、「AppleがiOS製品の寿命を3年と想定している」というのは、間違いない。
  • iPod touchについて、第4世代までは毎年だった新製品投入サイクルを3年へと延長している。
  • アップルは旧型の端末に関してもOSの適合性を与えているが、それは永遠に保証されるものではない。
  • 「iPhone」を長く使って欲しいのかも?

  • 寿命を決めているようですが、旧端末をサポートしているし最低3年は使って欲しいのかも。
  • 最新のiOS9では、2011年に発売されたiPhone4sまでをサポートしている。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード