情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

風疹患者が首都圏を中心に急増!厚生労働省も30代以上男性に新たな対策も発表!

いまだ猛威を振るう風疹は勢いが弱まる事は無い模様。
2018/10/11 UPDATE
 
1,010 views

首都圏を中心に風疹が猛威を振る

GettyImages

インフルエンザよりも感染力の高い風疹。
電車などでも感染するため、感染自覚のない成人男性が街中をウロウロする。
これが実は非常に恐ろしいという事実。。。
国立感染症研究所は10日、9月30日までの1週間に新たに134人の風疹患者が報告され、4週連続で100人を超えたと発表した。今年の累積患者数は952人となり、昨年1年間の患者数93人の10倍を超えた。
地域別では東京が40人で最も多い。
厚生労働省は2019年度から、風疹の免疫の有無を調べる抗体検査について、30~50代の男性が無料で受けられるよう公費で補助する方針を決定!
国立感染症研究所によると、今年初めから9月30日までに報告された風疹患者は計952人で、93人だった昨年1年間の10倍超に上っている。
 患者は30~50代の男性が多く、ワクチンの接種歴がないか不明の人が大半。風疹の予防には2回のワクチン接種が有効とされるが、この世代の男性の多くは定期接種の機会がなかったことが背景にある。
 風疹にかかったことがなく、ワクチン接種もしていなければ免疫がない。このため抗体検査を無料化して促し、免疫がない人には接種を勧める。
 風疹の抗体検査は5000円程度の費用が掛かるが、14年度からは妊娠を希望する女性と同居家族は無料で受けられるよう、国と自治体が半額ずつ補助している。この対象に30~50代の男性も加える。
出典: www.jiji.com
特に近くに妊婦がいる場合は早めの予防接種を受けることが重要だとしています。
この動画は非常に解りやすいです!

知らなかったではすませれません。

もしも成人男性で、予防接種を受けていなければ......
今日にでも病院に行かれることをオススメいたします。

それが、大人としてのマナーだと思われます m(__)m

GettyImages

『コウノドリ』風疹エピソードを緊急無料公開!!

緊急対策として講談社さんが粋な計らいを。

【風疹患者数 昨年の10倍超】
首都圏の成人男性を中心に風疹の流行が目立っていることを受け、『コウノドリ』風疹エピソードを緊急無料公開。
風疹が妊婦にもたらす甚大な影響とは。

風疹に関する投稿まとめ

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード