情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

100均DIYの棚!定番すのこやワイヤーネットも壁掛棚がオシャレ。

壁をオシャレに大変身!100均で手に入る定番の「すのこ」と「ワイヤーネット」を使ってオシャレな棚や、壁掛棚を作ってみませんか?今流行りのDIY。軽くてさまざまなアレンジができるので自分好みのデザインにすることだってできるのです☆
2018/09/22 UPDATE
 
364 views
  • DIYって難しそう・・・。自分じゃどのようなものをつくればいいかわからない。
    なんて思ってる方へ「すのこ」だけでできる壁掛棚やその他の棚、ワンランク上の「ワイヤーネット」と組み合わせてできる壁掛棚やその他の棚もご紹介。さらに、覚えとておくと便利なすのこのばらし方・ワイヤーネットの曲げ方・塗装の仕方や強度がある棚の作り方も。
    たくさんあってどれを作ろうか迷ったらぜひ参考にしてみてください!
  • ▼もくじ

    ★はじめに。すのこのばらし方
    ◎飾るだけ!定番「すのこ」のみでできる簡単棚
    ◎アレンジ無限大!すのこを使ったオシャレな壁掛棚
    ◎どこにでも置ける!すのこマルチ棚
    ◎インテリアとしても使える!マガジンラック
    ◎すのこでできる、スッキリ傘立て
    ★ワイヤーネットの曲げ方
    ◎「ワイヤーネット」のみでできる!簡単収納
    ◎ワイヤーネットでお店のような玄関に!
    ◎ワンランク上の!すのことワイヤーネットを使ったオシャレな壁掛棚
    ◎ワンランク上の!すのことワイヤーネットを使ったオシャレな壁掛棚(応用)
    ◎ワンランク上の!すのことワイヤーネットを使ったオシャレな調味料ラック
    ★すのこの塗装をしたいときは・・・
    ★より強度な棚を作るには!
    ★すのことワイヤーネットのサイズ
    ★まとめ
  • ★はじめに。すのこのばらし方

  • 棚を作るにあたって必要となってくる「すのこをばらす」という工程。
    覚えておくと、DIYの幅も広がるので初めにご紹介します。

    100円均のすのこは、材質は全て桐で出来ています。
    のこぎりで切ったりするときもとてもやりやすい、優秀な素材です。
    板は薄いので決して丈夫ではありません。
    しかし、ちょっとしたラックや木箱を作るのに、材料費を安く抑えたいならうってつけな素材でもあります。

    すのこは竹や板を間を空けて横に並べて打ちつけたものです。
    日常では、流しや風呂の洗い場の水切り用としてよく見かけます。
    通気性がよく湿気に強いのが特徴です。
    DIYアイテムに使える!という声も多く、100均などで、安く気軽に手に入るので身近になりました。
    100均では、洗濯用具やガーデニング用品に置いてあります。

    安さ故に、100均には軽くてサイズが小さいものしか置いていません。ですが、その小ささは扱いやすくお手軽なのでDIYにとても役立ちます。
    このような形のものが100均にあるというだけで充分なのです。
    すのこをばらせば、きれいに長さの揃った板が4枚も手に入ります。さらに細い木の棒も。

    薄くできているので、ばらすときもとても簡単。
    100均のすのこの特徴を最大限に活かしましょう!
  • すのこによってそれぞれ特徴があります。
    釘が刺さっているもの・ノリのようなものでくっついているもの。

    ・ゴム製ハンマー
    ・ミニバール
    ・マイナスドライバー

    軽くて決して丈夫とは言えない100均のすのこですが、すのこの種類によって道具を変えるだけで綺麗にばらすことができるのでおすすめです。
  • ノリのみでくっついているすのこ

  • ゴム製のハンマーを使用しましょう。
    やり方は以下の通りです。
  • すのこを土台の上に置き、写真のように置きます。
    叩く方を落ちるようにセットしましょう。
  • たたく位置は写真に★がついているところです。

    押さえながらかるーくポンっと叩きましょう。
    簡単に外れてくれます!
  • 釘で止められているすのこ

  • 釘が刺さっているものはミニバールやマイナスドライバーを使用しましょう。
    両方とも100均で買えます。
    やり方は以下の通りです。
  • バールはすのことすのこがくっついている部分にさし、
    クイっとテコの原理で剥がすような感じで行いましょう。
    テコの原理でできるので女性でも力を入れずに簡単に剥がすことができます。
  • マイナスドライバーもバールと同じような感覚で大丈夫ですが、こちらはバールのようにクイっと上げるとすのこが割れてしまう可能性があります。
    なので、グリグリと間に入れていくように行うと割れずにできます。
  • 残っている釘は、ペンチ等で抜きましょう。
    全部剥がしてから抜いても問題ないですが、釘が飛び出たままでの作業は危ないのでばらした部分から一か所一か所抜いていった方が安全です。
  • 以上がすのこのばらし方です。
    では、さっそくすのこの棚を作ってみましょう。
    まずは、ばらさなくても切らなくてもできる棚からのご紹介です。
  • ◎飾るだけ!定番「すのこ」のみでできる簡単棚

  • 写真のようなシンプルな棚はとっても簡単。
    すのこを5枚組み合わせて簡単にできちゃいます!
    家の空いたスペースにおいて、好きなものを飾るだけ。
    写真や植物、お土産にもらった置物など飾るものは自由自在!

    しかも・・・

  • すのこ、切らなくていいんです。
  • ★用意するもの

    ・すのこ×5枚
    ・木工用ボンドまたはグルーガン
    ・お好みで塗装材料(ラッカースプレーやニスなど)
  • 用意するものはたったこれだけ!
    出典: p.limia.jp

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード