情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

100均DIYの棚!定番すのこやワイヤーネットも壁掛棚がオシャレ。

壁をオシャレに大変身!100均で手に入る定番の「すのこ」と「ワイヤーネット」を使ってオシャレな棚や、壁掛棚を作ってみませんか?今流行りのDIY。軽くてさまざまなアレンジができるので自分好みのデザインにすることだってできるのです☆
2018/09/22 UPDATE
 
548 views

DIYって難しそう・・・。自分じゃどのようなものをつくればいいかわからない。
なんて思ってる方へ「すのこ」だけでできる壁掛棚やその他の棚、ワンランク上の「ワイヤーネット」と組み合わせてできる壁掛棚やその他の棚もご紹介。さらに、覚えとておくと便利なすのこのばらし方・ワイヤーネットの曲げ方・塗装の仕方や強度がある棚の作り方も。
たくさんあってどれを作ろうか迷ったらぜひ参考にしてみてください!

▼もくじ

★はじめに。すのこのばらし方
◎飾るだけ!定番「すのこ」のみでできる簡単棚
◎アレンジ無限大!すのこを使ったオシャレな壁掛棚
◎どこにでも置ける!すのこマルチ棚
◎インテリアとしても使える!マガジンラック
◎すのこでできる、スッキリ傘立て
★ワイヤーネットの曲げ方
◎「ワイヤーネット」のみでできる!簡単収納
◎ワイヤーネットでお店のような玄関に!
◎ワンランク上の!すのことワイヤーネットを使ったオシャレな壁掛棚
◎ワンランク上の!すのことワイヤーネットを使ったオシャレな壁掛棚(応用)
◎ワンランク上の!すのことワイヤーネットを使ったオシャレな調味料ラック
★すのこの塗装をしたいときは・・・
★より強度な棚を作るには!
★すのことワイヤーネットのサイズ
★まとめ

★はじめに。すのこのばらし方

棚を作るにあたって必要となってくる「すのこをばらす」という工程。
覚えておくと、DIYの幅も広がるので初めにご紹介します。

100円均のすのこは、材質は全て桐で出来ています。
のこぎりで切ったりするときもとてもやりやすい、優秀な素材です。
板は薄いので決して丈夫ではありません。
しかし、ちょっとしたラックや木箱を作るのに、材料費を安く抑えたいならうってつけな素材でもあります。

すのこは竹や板を間を空けて横に並べて打ちつけたものです。
日常では、流しや風呂の洗い場の水切り用としてよく見かけます。
通気性がよく湿気に強いのが特徴です。
DIYアイテムに使える!という声も多く、100均などで、安く気軽に手に入るので身近になりました。
100均では、洗濯用具やガーデニング用品に置いてあります。

安さ故に、100均には軽くてサイズが小さいものしか置いていません。ですが、その小ささは扱いやすくお手軽なのでDIYにとても役立ちます。
このような形のものが100均にあるというだけで充分なのです。
すのこをばらせば、きれいに長さの揃った板が4枚も手に入ります。さらに細い木の棒も。

薄くできているので、ばらすときもとても簡単。
100均のすのこの特徴を最大限に活かしましょう!

すのこによってそれぞれ特徴があります。
釘が刺さっているもの・ノリのようなものでくっついているもの。

・ゴム製ハンマー
・ミニバール
・マイナスドライバー

軽くて決して丈夫とは言えない100均のすのこですが、すのこの種類によって道具を変えるだけで綺麗にばらすことができるのでおすすめです。

ノリのみでくっついているすのこ

ゴム製のハンマーを使用しましょう。
やり方は以下の通りです。

すのこを土台の上に置き、写真のように置きます。
叩く方を落ちるようにセットしましょう。
たたく位置は写真に★がついているところです。

押さえながらかるーくポンっと叩きましょう。
簡単に外れてくれます!

釘で止められているすのこ

釘が刺さっているものはミニバールやマイナスドライバーを使用しましょう。
両方とも100均で買えます。
やり方は以下の通りです。

バールはすのことすのこがくっついている部分にさし、
クイっとテコの原理で剥がすような感じで行いましょう。
テコの原理でできるので女性でも力を入れずに簡単に剥がすことができます。
マイナスドライバーもバールと同じような感覚で大丈夫ですが、こちらはバールのようにクイっと上げるとすのこが割れてしまう可能性があります。
なので、グリグリと間に入れていくように行うと割れずにできます。
残っている釘は、ペンチ等で抜きましょう。
全部剥がしてから抜いても問題ないですが、釘が飛び出たままでの作業は危ないのでばらした部分から一か所一か所抜いていった方が安全です。

以上がすのこのばらし方です。
では、さっそくすのこの棚を作ってみましょう。
まずは、ばらさなくても切らなくてもできる棚からのご紹介です。

◎飾るだけ!定番「すのこ」のみでできる簡単棚

写真のようなシンプルな棚はとっても簡単。
すのこを5枚組み合わせて簡単にできちゃいます!
家の空いたスペースにおいて、好きなものを飾るだけ。
写真や植物、お土産にもらった置物など飾るものは自由自在!

しかも・・・

すのこ、切らなくていいんです。

★用意するもの

・すのこ×5枚
・木工用ボンドまたはグルーガン
・お好みで塗装材料(ラッカースプレーやニスなど)

用意するものはたったこれだけ!

出典: p.limia.jp

★作り方

お好みで塗装する。

写真のように枠組みを作る

1枚の板をはめ込む(この時、ボンドで貼っても貼らなくてもOK)

DIYの面倒くさいところって、板を切ったりしなきゃいけないんですね。
「切る」っていう工程があるだけでまた今度…と結局やらない方も多いと思います。
私もためらってしまいます(笑)
でもこれなら、100均一ですのこを買ってきて組み立ててボンドなどでくっつけるだけで簡単に棚が完成!!
すぐできちゃいますね♬

好きな色を塗ってお部屋の雰囲気に合わせるともっとオシャレ度UP!!
好きなようにアレンジができるので、世界に一つだけの棚を作ってみてはいかがでしょうか。

◎アレンジ無限大!すのこを使ったオシャレな壁掛棚

こちらはオシャレな壁掛棚です。
一見難しそうに見えますが、これはすのこを壁に貼り100均一で自分の好きな小物入れを
すのこに貼ればいいだけなのです(・□・)!

すのこをばらして、一枚の板を左上のように固定してもできますね。
こちらは何といっても組み合わせが自由なのでどんなアレンジも可能です。
スノコの隙間などを利用して、

フックで鍵を掛けても!
クリップで写真を挟んでも!
画びょうでカレンダーを留めても!

もう何でもありなのです!!
これこそお部屋にマッチするようなデザインにすればオシャレ度UP間違いなし☆
お部屋の雰囲気替えにも使えます。
これも、自分の好きな色を塗ることによってもっとオシャレになりますよ♪

★用意するもの
・すのこ×2枚
・小物入れ
・ボンドまたはグルーガン
・お好みで塗装材料(ラッカースプレーやニスなど)
・壁に固定するネジや紐

★作り方

お好みで塗装する

すのこを二枚写真のようにボンドやグルーガンで貼り付ける

好きな位置に小物入れを貼り付ける

壁にねじ等で固定する(ネジに紐を掛けて、引っ掛けるタイプにしてもOKです)

あとは自由に飾りつけ!

縦にして2枚つなげてもオシャレですね!

出典: cdn.roomclip.jp

◎どこにでも置ける!すのこマルチ棚

この形の棚は、通気性がよく、何を置いてもおしゃれに見えるところが魅力です。
どこに置いてもしっくりくる形です。

★用意するもの
・「40×25cm」のすのこ(セリア)…4枚
・アンティークワイヤーバスケットなど
・木工用ボンドまたはグルーガン
・お好みで塗装材料(ラッカースプレーやニスなど)

※木工の板があれば隙間に落ちそうな小物も置けます。

★作り方
1.すのこを(1枚)分解する。
まずは、すのこ(1枚)をばらします。※すのこのばらし方ははじめにご紹介しているので参考にしてください。

2.お好みですのこを塗装する
塗装する場合は、使用するすのこ全て又は、一部に塗装しましょう。

3.残りの3枚のすのこを組み立てグルーガンまたはボンドで固定する。

一番下はそのままのすのこを。

真ん中には1で解体した木材のうち2枚を、サイドのすのこに橋をかけるように、すのことすのこの間に通します。
この板も、グルーガンやボンドで固定しましょう。

写真をのように、両サイドのすのこをずらして固定しています。
ずらすことにより、涼しげな印象になります。

4.最後に、アンティークのバスケットなどを置けば完成です!

すのこをこのように組み合わせるだけで、また違った印象の棚が出来上がります。

◎インテリアとしても使える!マガジンラック

★用意するもの

 ・すのこ
 ・のこぎりなどの裁断道具
 ・グルーガンまたは木工用ボンド
 ・お好みでラッカースプレー
 ・突っ張り棒

★作り方

1.お好みですのこを塗装する
※注意 塗装する際は、新聞紙を下にひき、周りが汚れないようにしましょう。油性塗料を使用する場合は換気を必ず行ってください。)
2.すのこを一枚バラバラにカット(計5枚になるように)
3.2枚のすのこを縦に並べ、カットでバラバラにしたすのこの板を写真のように左右・上・真ん中・下にグルーガンまたはボンドで貼り付ける
4.ボンドやグルーガンが乾くまで数時間放しましょう。
5.突っ張り棒を本を入れたときに落ちない位置にセットして完成です!

ちなみに、写真では突っ張り棒ではなく木を使っていますので、木を丁度良い大きさにカットしてもOKですが、カットするのって結構手間ですよね。図って印付けて・・・。長かったり短かったり、絶妙な長さにカットするのは意外と難しい。
そんなときに、短めの細い突っ張り棒が約にたちますよ!
突っ張り棒は好きな長さに調整できるし、しっかり固定されます。
しかも、つける場所間違えちゃった!ってときでも大丈夫。
くるくるっとすれば簡単に外れるのでおすすめです!

楽しく片付けられるので、お子様のお片付けも自らしちゃうかも?

◎すのこでできる、スッキリ傘立て

玄関をスッキリ、広く見せたい!という方へおススメのすのこでできる傘立てです。
使い方も作り方も何通りもあるので、ぜひ自分の玄関に合った傘立てを作ってみましょう。
玄関の色に合わせて塗装してもOK!
まずは切ったりする工程がない傘立てです。

★用意するもの

・すのこ×2
・木工用ボンドまたはグルーガン
・お好みで塗装用品(油性)

★作り方
1.お好みで塗装します。
※注意 塗装する際は、新聞紙を下にひき、周りが汚れないように注意しましょう。
雨に濡れた傘を置くので、水性塗料だと色落ちし、傘が汚れてしまいます。
なので、傘立てには油性塗料を使用してください。また、油性塗料を使用するので、必ず換気を行いましょう。

2.2枚のすのこの下駄(でっぱり)同士を木工用ボンドまたはグルーガンでしっかりとくっつけます。
3.しっかり乾かして完成!

こちらは横の傘立て。
横の傘立ては背が低いため、小さなお子様でも取り出しやすいです。
出来上がった傘立てには、水に強いステッカーなどを貼ってもオシャレですね!

★用意するもの
 ・すのこ
 ・のこぎりなどの裁断道具
 ・グルーガンまたは木工用ボンド
 ・お好みで塗装用品(油性)

★作り方
1.お好みで塗装する。
※注意 新聞紙を下にひき、周りが汚れないようにしましょう。また、目に入らぬよう十分注意してください。
上の傘立てと同様、水性ではなく油性塗料を使用しましょう。必ず換気も忘れずに!

2.すのこを半分にのこぎりなどでカットする(1枚でOK)
(※注意 のこぎりを使用するため、怪我には十分注意してください)
3.カットしていないすのこを、2枚、下駄(でっぱり)部分を合わせてくっつける
4.半分にカットしたすのこを写真のように出っ張り部分で隙間ができるように貼り付ける
※このとき、十分な隙間ができない場合はすのこの出っ張り部分を貼り付けて隙間をつくってください。
5.数時間放置して完成です。

こちらの傘立ては縦置きタイプ。しかも薄いのでとっても狭いスペースで済みます。
横長の傘立ては置けないよーとおいう方へおススメです。
さらに、お子様にも取りやすいように前にも傘が置けるようになっています。

いかがでしたか?すのこだけでも、こんなにおしゃれな棚が作れてしまいます。
続いては、ワイヤーネットをプラスするだけでもっともっとオシャレになる棚の作り方です。

その前に・・・
ワイヤーネットも簡単なアレンジで、使える幅が広がります。
DIYの前にワイヤーネットの曲げ方もマスターしておきましょう。

★ワイヤーネットの曲げ方

100均のワイヤーネットはサイズが豊富です。1マスのサイズは約3.6cm〜3.7cm。
大小様々なサイズがあるので、用途によって使い分けられます。大きいサイズはものによっては150円〜で販売しています。
また、色も定番の白はもちろんですが、黒や茶色も売っているのでお部屋に合わせての色のチョイスが可能です。

そんなワイヤーネットを曲げる方法を覚えておくと、アレンジしたいときにとっても使えます。

ワイヤーネットって実はとても簡単に曲げられるんです。
曲げたい部分に固いものを挟んで上に持ち上げるだけです。
ワイヤーネットは意外と柔らかいので女性の力でも簡単に曲げられます。

曲げ方も色々な方法があるので、自分に合った一番やりやすいやり方で行ってください。

使えそうな形になります。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

◎「ワイヤーネットのみ」でできる!簡単収納

ワイヤーネットは100均で色々なサイズが出に入りますよね。
物を引っ掛ける収納としてだけ使って満足していては勿体ないです!

ワイヤーネットは、結束バンドで組み合わせたり、DIYの材料としてとても便利で優秀です。

★用意するもの

・ワイヤーネット(正方形3枚)(長方形3枚)
・結束バンド
・ハサミ

たったこれだけです!

★作り方

ワイヤーネット同士を結束バンドで固定しながら組み立てていきましょう。
ワイヤーネットの飛び出た部分はハサミでカットしてください。
工程はこれだけです。

ポイントは、ワイヤーネットを選ぶ際に、長方形のものが側面、棚となる部分に正方形のものを選ぶことです。
作りたいサイズのワイヤーネットを用意するのですが、そのときに、棚を留める部分のマス目の数を同じにすることです。
長方形ワイヤーネットは横幅を正方形のものと同じものを選ぶということ。
そうすることにより、棚のマスがずれることが無くなります。

◎ワイヤーネットでお店のような玄関に!

★用意するもの
◎ワイヤーネット
◎突っ張り棒(太目)
◎ワイヤーネット用のカゴや引っ掛けられる靴を支えられるもの
◎結束バンド

カゴなどは、靴を置くので、靴のサイズに合わせて選びましょう。
また、見た目が綺麗になるように靴はセットではなく1つでディスプレイすることをおすすめします。

★作り方
1.ワイヤーネット同士を結束バンドで固定していきます。
2.それを突っ張り棒に結束バンドで固定していきます。

しっかりと固定し、はみ出た部分はハサミなどでカットしましょう。

ワイヤーネットと突っ張り棒をつなげるとこのような形ができあがります。
こちらは、短い突っ張り棒を使用した場合です。短い突っ張り棒だと床から天井までは着かないので、
棚の上から天井まで等、天井までが近い場所に設置しましょう。

長い突っ張り棒を使用して、ワイヤーネットの数を増やせば壁全面収納にすることができます。

以上が、お店風のレイアウト方法です。
ワイヤーネットに取り付けるのは、カゴでなくてもOK!
フックを引っ掛けて土台を作ってもオシャレに見えます。

フックやカゴにスニーカーやブーツを乗せてるだけの収納なのでとても簡単です。
そして、こちらは見せる収納になるので、お気に入りの靴やよく履く靴でもいいのですが、カラフルなものや履かない靴など見た目だけでインテリアになる靴などを置くと綺麗に見えたりします。
お好きな靴を置いて収納を楽しんでください。
ポイントは靴と靴の間をあけて収納することで見た目もキレイに見えます。

また、ワイヤーネットにメモを挟んだりして、出かけるとき、帰ってきたときに必ず通る玄関に忘れないようにしておくこともできますし、おしゃれなポストカード・写真なども挟んだりすることもできます。
緑を取り入れて、華やかで清潔感のある玄関にすることも簡単にできるのがこのワイヤーネットの魅力です。
家の鍵・車の鍵・自転車の鍵…などもかけておくと便利ですよ!

◎ワンランク上の!すのことワイヤーネットを使ったオシャレな壁掛棚

こちらは定番の「すのこ」と、「ワイヤーネット」を組み合わせた棚!
もちろん、ワイヤーネットも100均で手に入ります。

こちらの棚は、壁掛棚としてもタンスなどの上に置いても使えます。
ワイヤーネットを後ろに、左右にすのこ、すのこのくぼみに板やすのこをくっつけるだけ!
難しそうに見えてこちらもとても簡単にできそうですね。
ワイヤーネットを組み合わせるだけで、すのこだけで作るより各段にオシャレに見えませんか?

★用意するもの
・すのこ×5枚
・ワイヤーネットサイズが合うもの(大き目1~2枚か、中を2枚)
・ボンド又はグルーガン
・結束バンド
・お好みで塗装材料
・お好みで小物入れや観葉植物など

色々な大きさが売っています。

出典: web-diy.jp

★作り方

お好みで塗装する

①で紹介したすのこ棚を作る

ワイヤーネットが小さい場合は大きさに合わせて繋げ、結束バンドで固定する

すのこ棚とワイヤーネットを結束バンドで固定する

小物入れや観葉植物で飾りつけ(飾りつけは固定してもしなくてもOK)

これぞDIY!!

手が込んでいるように見えますよね!
作った満足感も得られることでしょう。
どんなものを置いてもお部屋がとってもオシャレに見えます!(^^)!

写真のように緑のものを置くとよりオシャレに見えますよ♬

◎ワンランク上の!すのことワイヤーネットを使ったオシャレな壁掛棚(応用)

こちらはひとつ前の壁掛棚の応用で、「すのこ」と「ワイヤーネット」を組み合わせると、キッチンでも使えるのです。
先ほどの材料で、組み方をあなたのキッチンに合わせて変えるだけ。

100均で売っているフック型のカゴを使えば、調味料入れにもなるのです。
フックに調理器具を掛ければ、すぐに手の届くところにあるので料理もはかどりますね♬
実は私の家のキッチンもこのようにしているのですが

楽。
いや、すごく楽です。本当に。

大事なことなので2度言いました(笑)
実際に料理がすごくはかどります。

簡単なので皆さんもぜひやってみてください!!
本当におススメです(^_^)!!
キッチン周りでもちょっとした工夫で周りとの差もつけられます。
最後にもう一度言います。

とにかく楽です!

◎ワンランク上の!すのことワイヤーネットを使ったオシャレな調味料ラック

★用意するもの

 ・すのこ
 ・取っ手のあるカゴ
 ・グルーガンまたは木工用ボンド
 ・ワイヤーネット
 ・お好みでラッカースプレー
 ・浅めのBOX
 ・結束バンド
 ・ハサミ

★作り方

 ①お好みでラッカースプレーを塗る
 ②後ろにワイヤーネットを置き、左右にすのこを組み立て、すのことワイヤーネットを結束バンドで固定し、飛び出た部分はハサミでカットしましょう。
 ※このとき、カゴの取っ手部分の幅に合うように調整してください。
 ③取っ手のあるカゴをはめる
 ④一番下は浅めのBOXをはめる

以上で完成です。
こちらもとてもオシャレで便利なラックです。キッチンやカウンターなどに置けば、楽しく快適に料理が楽しめます♪

楽!part2!!

手の届くところに使いたいものがあるって、本当に便利で料理がはかどります。
主婦の味方ですね!

Como特別編集 100円グッズで収納マジック【電子書籍】[ 主婦の友社 ]
758円
販売サイトをチェック

★すのこの塗装をしたいときは・・・

お好みで、すのこを切ったり組み立てたりする前に塗装を行うことも、自分好みにアレンジするのに打ってつけです。

すのこを塗装して色を変えるだけなので、とても簡単。しかも、とってもオシャレに仕上がります。

でも、塗装材料っていっぱいありすぎてどれを使えばいいの?と思っている方も多いと思います。
塗料にも油性・水生があり、特徴も異なります。
用途に合わせて使い分けてください。

●油性・水性のそれぞれの特徴

【油性ペンキ】
・臭いが強い
・「ペイント薄め液」で希釈
・シンナー等の有機溶剤が含まれる
・付着したら水では落ちない
・乾燥時間が短い
・耐久性が強い
・金属にも塗りやすい
・屋外の塗装に適している
・火気厳禁

【水性】
・臭いが少ない
・「水」で希釈
・有害物質を含んでいない
・付着しても水で落とせる
・乾燥時間は長いが、しっかり乾かせば耐久性は強い
・金属部の塗装はのるとはじいてしまう時もある
・屋内の塗装に適している

ラッカースプレー(アクリルスプレー)

塗装といえば100均でよく見かけるのはスプレータイプのもの。
スプレータイプは、とっても色の種類が豊富。
蛍光カラー、シルバー、ゴールドといったメタリックカラーもあります。
また、ハケを使わないでできるので塗りムラができにくいのもポイントです。

※スプレーは油性です!

室内でのスプレーは、周りに色がつかないように気を付けて、シートや新聞紙を広めに敷いて行ってください。
また、油性塗料はにおいや有害物質が出るため換気を必ず行いましょう!

水性ニス

こちらは名前に使われている通り「水性」の塗料です。

水性塗料の特徴は、重ね塗りをすればするほど濃い色になっていきます。
写真の、板の上半分は一度塗り。下半分は2度塗りです。

2度塗りだけでもこんなに色が変わるんです!

こちらを塗る際は、ハケを使って行います。
そのときは新聞紙などを敷きましょう。

いかがでしたか?塗装の仕方もマスターしてしまいましょう!
水性と油性の特徴を覚えておくと、イメージ通りの色に仕上がるだけでなく、塗装する場所が限られている方でも簡単に行うことができます。

★より強度な棚を作るには!

ボンドやグルーガンは手軽でいいけど、強度が心配。という方は、「ビス」で固定するのがおススメ。
丈夫に綺麗にできるビスの使い方をご紹介します。

100均のすのこに最適なのが「ミニビス」です。
通常のビスより細く100均すのこの薄い板の部分(側面)に打っても割れるずに綺麗に固定することができます。

100均でもビスは手に入りますが、ホームセンターなどで買える「ミニビス」というものを使用することで、
すのこをガッチリ固定することができ、かつ割れずにできます。

接合部分が狭いので、できるだけ細いタイプがよいのでミニビスの使用が一番良いと思われます。
ビスの長さを決める基準は板厚+20mm以上と言われています。
100均のすのこの板の厚さが7mmほどなので、理想は27㎜以上の長さということになりますが、
何といっても薄いのであまり長すぎても板が割れてしまう原因となります。
なので16mm-25mmが一番良いでしょう。16mmでも十分に固定できるので、小物を乗せるくらいなら、16mmで充分です。板割れ防止になるので、一番のおすすめは16mmです。
ビスの頭の部分が平らで、溝が半分までの半ねじタイプが隙間なくつけることができます。

ワンポイントアドバイス

ビスで止める際は、ボンドやグルーガンですのこを固定した後に、「キリ」で釘の長さの1/2くらいのところまで穴をあけるとビスが打ちやすくなります。

若井産業 木割れ防止ビス ミニ ブロンズ 長さ16mm 300本入り KMFB16V
¥ 830円
販売サイトをチェック

また、すのこを接合する際に、結束バンドでもOKですが、より強度にするには「小さいネジ」と「接合金具」を使用しましょう。
小さいネジと接合金具は100均で手に入るもので大丈夫です。

棚を作成した後に、扉として蝶番でつけると綺麗で丈夫にできます。

壁掛棚のように、一列につなげるだけなら「一文字金具」を使用しましょう。

★すのことワイヤーネットのサイズ

100均によってすのこのサイズは様々です。
DIYするものによって便利な形や大きさがあるのでぜひ参考にしてみてください。

すのこ

●セリア

セリアのすのこは桐でできています。ほのかに桐の香りがしますよ。
他の100均のすのこよりも気が細めです。桐のすのこは強度は高いほうなので、細くても大丈夫です!

①33cmx37cm(写真右)
1つめのセリアのすのこは33cmx37cmのすのこです。
このサイズはセリアにしか置いていません!貴重なサイズですので、セリアで見かけた際には買いだめしとくのもいいかもしれませんね。小さめのサイズです。
こちらのサイズは、板を止めるための棒材が3本入っています。
初めてすのこを使ったDIYをする方には小さい棚が比較的簡単に作れてしまうのでおススメです。

①40cmx25cm(写真左下)
2つめは、40cmx25cmのすのこです。一般的なサイズのすのこです。
このサイズのすのこは安定して入荷していますので、いつでも手に入れることができます。
このサイズを使ったDIYがとても多く紹介されています。


③45cmx20cm(写真左上)
3つめのすのこは、45cmx20cmのサイズです。板を4枚を使ってできているすのこの中で、板が細長いのが特徴です。
細長い形のものやスッキリスマートな棚を作りたい時におすすめのサイズです。

●ダイソー

ダイソーのすのこはゴムの木でできています。
なので、頑丈です。割れたりしにくいのが特徴です。
また、綺麗に面取りされていて、板の長さが綺麗に揃っています。
組み立てをする時もやりやすい形状になっています。自然な期の色なので、そのまま組み立てても塗装をしてもおしゃれに仕上がります。

①31cmx30cm(一番上)
1つめのダイソーでおススメのすのこは、31cmx30cmです。小さ目で扱いやすく、お手軽なサイズです。
小さい棚や、簡単な壁掛棚を作るのに向いています。

②35cmx25cm(真ん中)
2つめのサイズは、35cmx25cmのサイズのすのこです。先ほどのすのこと同じゴムの木を使ってできているスノコです。店舗によっては置いていないこともあるみたいなので、お店に相談してみましょう。取り寄せできるかも?

③40cmx25cm
3つめのサイズは、40cmx25cmのすのこです。ダイソーの中で一番大きいサイズのすのこです。
大きいサイズなので、大きな棚を作る時におすすめです。DIYにはもってこいのサイズとも言えます。
アレンジが無限大のおすすめのサイズのすのこです。

ダイソーのすのこも、このまま利用しても、ばらしたり切ったり・・・いろんなものを作ることができます。

●キャンドゥ

キャンドゥのすのこは100均の中でも明るめの木の色です。
また、セリアのすのこと同様、桐でできているため香りもほのかにします。
売り場ですが、園芸用品コーナーに置いてある場合が多いようです。

①20cmx20cm(画像上)
一つ目は、30cmx15cmの小さめのすのこです。
小さな棚を作りたい方にはとてもおすすめのサイズです。
しかも、こちらは2枚組なのでコスパも最強ですね♪

②40cmx20cm(画像下)
2つめは40cmx20cmのすのこです。ダイソーやセリアと比較すると、このサイズのすのこはダイソーにも同じサイズが置いてありますね。セリアには40cmx25cmなので、少し横幅が広いです。どこの100均でも同じようなサイズが置いてあることがわかります。

同じすのこでも色合いや素材が違うので、お部屋に合ったお好みのサイズを選びましょう。

ワイヤーネット

【ワイヤーネットの特徴】
ワイヤーネットは名前の通りですが、金網のようなメッシュ状のワイヤーでできたパネルです。
このメッシュ状パネルの金網部分を便利に活用することができるのです。

ホームセンターで手に入れることができますが、100均でも十分なものが手に入りますし、サイズも豊富です。
そして何より安い!

ワイヤーネットは定番の白のほかに黒・茶・ピンクなどの色付きも販売されています。
さらに、サイズの種類がとっても豊富なのでこれからご紹介する3つの100均のものを合わせればかなり幅が広がりますし、きっとピッタリの欲しいサイズのワイヤーネットが見つかるはずです。

※時期によって置いてあるサイズが異なることがあるようなので、使いたいサイズのものはまとめ買いしておくといいでしょう。

セリア

約59cm × 30.5cm (16 × 8マス)/約58.5cm × 15.5cm (16 × 4マス)/
約52cm × 41cm (14 × 11マス) /約51cm × 19.5cm (14 × 5マス)/
約40.5cm × 26cm (11 × 7マス)/約29.5cm × 29.5cm (8 × 8マス)◎

・ワイヤーラティスという名前で販売されています。
・ダイソーのワイヤーネットと一マスのサイズが同じため、組み合わせて使うこともできます。
・◎=正方形

ダイソー

約62cm × 33cm (17 × 9 マス)/約62cm × 29.5cm (17 × 8 マス)/
約62cm × 19cm (17 × 5 マス)/約60cm × 29.5cm (17 × 8マス)/
約54.5cm × 40cm (15 × 11 マス)/約54cm × 19cm (15 × 5 マス)/
約51cm × 40cm (14 × 11 マス)/約51cm × 33cm (14 × 9 マス)/
約51cm × 26cm (14 × 7 マス)/約50.5cm × 26.5cm (14 × 7 マス)/
約40.5cm × 26cm (11 × 7 マス)/約40cm × 40cm (11 × 11 マス)◎/
約33cm × 33cm (9 × 9 マス)◎/約33cm × 26cm (9 × 6 マス)/
約29.5cm × 29.5cm (8 × 8 マス)◎

※大きいものだと100円以上のものもあります。

・約62センチのサイズは長めのサイズです大きい物を作る時に便利です。
・約50センチ~60センチのものがとても多く、種類も豊富です。壁やキッチンでの収納に便利です。
・約40センチ以下のものは小さいサイズになります。小さい収納を作るのに便利です。
・◎=正方形

キャンドゥ

約54.5cm × 26cm (15 × 7マス)/約51cm × 33cm (14 × 9マス)/
約51cm × 26cm (14 × 7マス)/約29.5cm × 29.5cm (8 × 8マス)◎/
約33cm × 33cm (9 × 9マス)◎/約33cm × 26cm (9 × 7マス)

・クロスワイヤーという名前で売っています。
・ダイソー・セリアと微妙に違うサイズが売っているのでピッタリのものを選びましょう。
・◎=正方形

生活をするときに、収納はとても重要です。
壁や隙間を上手に活用できればお部屋を広く使えますし、なんといっても掃除がしやすくなりますね。
掃除がしやすいということは、きれいな状態を保つことができます☆
ワイヤーネットは、壁収納や隙間収納を簡単にDIYできるアイテム。ぜひ、作り方を覚えてオリジナルの収納を作ってみてください。

★まとめ

★はじめに。すのこのばらし方

DIYの幅が広がるので覚えておいた方がいい技。
一度覚えれば応用も可能。

◎飾るだけ!定番「すのこ」のみでできる簡単棚

シンプルで簡単にできる棚で、すのこを切らずにすぐできる。
好きな色を塗って自分好みに。

◎アレンジ無限大!すのこを使ったオシャレな壁掛棚

すのこや小物入れを使ってアレンジ無限大のオシャレ壁掛棚。
お部屋の雰囲気を変えたいときに。

◎どこにでも置ける!すのこマルチ棚

ちょっとすのこの組み方を変えるだけで、涼しげな印象の棚に大変身。
どこに置いてもマッチするのが魅力です。

◎インテリアとしても使える!マガジンラック

置いておくだけでとってもオシャレなマガジンラックです。
その辺に置いてた雑誌やお子様の絵本などもスッキリ綺麗に見えるのでおすすめです。

◎すのこでできる、スッキリ傘立て

玄関が広く綺麗に見える傘立てです。お子様でも楽しく傘が出し入れできるのでおすすめです。
水に触れるので、塗料は油性です!覚えておきましょう。

★ワイヤーネットの曲げ方

実は女性でも簡単に曲げられるワイヤーネット。
曲げ方を覚えてアレンジの幅を広げましょう。

◎「ワイヤーネットのみ」でできる!簡単収納

ワイヤーネットのみを使った組合わせるだけでできる簡単棚。
同じ方法で作れば、お好きなサイズで作ることができるようになります。

◎ワイヤーネットでお店のような玄関に!

家から出るときには必ず通る玄関を、見せる収納術でオシャレに収納できます。
お店のようで、収納が楽しくなっちゃいますね!

◎ワンランク上の!すのことワイヤーネットを使ったオシャレな壁掛棚

すのことワイヤーネットを組み合わせた、置くことも、壁掛けにもできるワンランク上のオシャレ棚。緑のものを置くとより◎。

◎ワンランク上の!すのことワイヤーネットを使ったオシャレな壁掛棚(応用)

毎日の料理が楽しくなるオシャレなキッチン棚。目の前に調理器具・調味料があるので料理がとってもはかどります。並べ替えも自由。

◎ワンランク上の!すのことワイヤーネットを使ったオシャレな調味料ラック

キッチンやカウンターにおける調味料ラック。
こちらも手に届く位置にある調味料があるのでとっても便利です。

★すのこの塗装をしたいときは・・・

すのこの塗装の種類とやり方です。
一番お部屋の雰囲気に合わせられる方法なのでマスターしましょう。

★より強度な棚を作るには!

ビスや接合金具を使用することで、丈夫な棚になります。
ボンドやグルーガンではどうしても限界があるので強度を高めてみては?

★すのことワイヤーネットのサイズ

3つの100均を合わせると、とっても種類が豊富です。
色々なワイヤーネットを組み合わせることも可能ですのでぜひ試してみてください。

最後に・・・


すのこやワイヤーネットを使ったDIYはとてもオシャレで簡単に作ったとは思えないものばかりです(^^♪ 始めは切らない棚を。慣れてきたら記事のように色々とアレンジしてみてはいかがでしょうか。

何といっても100均ですべて揃ってしまうのが魅力ですね♬

記事中にも言いましたが、キッチンの壁掛棚はとっても便利ですので、ぜひ試してみてください!


コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード