情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

片桐清二、日本航空350便墜落事故の機長の現在…経歴や家族は?

2018/07/11 UPDATE
 
363 views
  • 日本航空350便墜落事故

  • 日本航空350便墜落事故(にほんこうくう350びんついらくじこ)は、1982年2月9日、当時の日本航空、福岡発東京行350便、ダグラス DC-8-61型機(機体番号JA8061)が羽田空港沖に墜落した事故である。一般的に日航羽田沖墜落事故、羽田沖事故、日航逆噴射事故と呼ばれる。
  • 片桐清二が機長として操縦

  • 出典: beimg.com
  • 機長として操縦していたのは片桐清二。

    片桐清二機長は逆噴射装置を作動させる操作を行い墜落。

    この墜落で乗客・乗員24名が死亡、149名が重軽傷を出す事件となりました。

    これは機体の不備ではなく機長の操縦で起こりました。

    片桐清二は精神病を患っていて事故直前には被害妄想を抱くまでになってしまいました。
  • 経歴や家族は?

  • 片桐清二は事故を起こす6年前から精神に異常をきたしていました。

    片桐清二は裕福な家庭で育ちました。

    成績も優秀でしたが大学は2年で中退。

    のちにJALに入社しパイロットになって結婚。

    娘をもうけますが定期運送用操縦士の学科試験に落ちてから異変が現れました。

    これが事故に繋がってしまったのでしょうか?

    片桐清二の家族はどうなったかわかりませんでした。
  • 片桐清二の現在

  • 片桐清二は事故を起こした張本人として逮捕されました。

    ですが、心神喪失の状態にあり不起訴処分となりました。

    その数年後に解雇されました。

    現在は詳しくはわかっておりません。

    奥さんの実家が資産家との話もあるので不自由なく生活をしているのではないでしょうか?
  • まとめ

  • この事故は未然に防げたのではないかと思います。

    片桐清二機長の状態に気づいていればと思います。

    2度とこのような事故が起きないことを祈るばかりです。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード