情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

山陽新幹線事故 ボンネットから人体の一部が…『人身事故とわかった理由』に悲鳴続出!

14日午後、山陽新幹線の小倉駅で、博多発東京行きの新幹線「のぞみ176号」のボンネットが大きく破損しているのが見つかった。調べてみると、 ボンネットから人体の一部が!!博多―小倉間で外部から人侵入の可能性。
2018/06/15 UPDATE
 
292 views
  • 山陽新幹線 事故

  • 14日午後2時10分ごろ、JR小倉駅(福岡県北九州市)に到着した山陽新幹線博多発東京行きのぞみ176号(16両編成)のボンネットが割れていると、別の列車の運転士から総合指令所に連絡があった。山口県警が、次の新下関駅で臨時停車したのぞみ176号を確認したところ、先頭車両のボンネット付近が割れ、中から人体の一部が見つかった。年齢や性別などは不明という。JR西日本は博多―小倉駅間で人をはねたとみている。

  • 山陽新幹線の人身事故。

    ボンネットが大きく破損しているのが

    見て分かります。

    トンネルで人と接触したとみて、

    現在警察が状況を調べているという。

    事故当時、山陽新幹線 博多―小倉駅間で

    職員は作業してなかったそう。

    ですので、外部から人が立ち入った

    可能性が高いそうです。

    でも何の為に・・・?

    北九州市八幡西区のトンネル西側で

    人体の一部が、東側で衣服の切れ端が見つかり、

    事故との関連を調べているそうです。


    しかも…ボンネットの中から

    人体の一部も見つかり、

    ネット上では恐怖の声が相次いでいます。
  • 山陽新幹線事故 ボンネットから「人体の一部」



  • 小倉駅に到着した対向列車の運転士が、

    ボンネット部分の破損を発見。

    血のようなものが付着していたという。

    そのあとに、1つ先の新下関駅で停車して、

    緊急点検を行ったところ、

    ボンネットの中から

    人体の一部が見つかった。

    恐怖すぎますよね・・・
  • 「怖すぎる」と悲鳴の声続出

  • 山陽新幹線事故 『運転手に批判の声』も同情相次ぐ


  • この山陽新幹線事故を受けて

    「なぜ運転手は気づかなかった」

    「人が当たったらわかるだろ」との批判の声…


    一方で、「運転士が気づかないほどのスピードだったのか」

    「さすがにわからないだろ…」

    と運転士に同情の声も数多く寄せられています。

  • 確かに、あのスピードでトンネルの中

    だったら、分からなくても不思議じゃないですよね。

    運転手は、「ドンという音がしたが、

    小動物に当たったと思い、

    ただちに停止させる必要はないと判断した」

    と話しているそうです。

    また、「ボンネットの異常は明らか。

    小倉駅の時点で駅員らが早期に事故に

    気づけたはずだ」との意見も。


    確かに、そんな所に人がいるなんて、

    誰も想像もしないですよね。

    運転手さんを責めるのは、

    違っているのかな・・・

    と私も思ってしまいます。

  • まとめ


  • 今回の山陽新幹線の人身事故。

    なぜ人がぶつかったのか、

    そして、ぶつかった残りの人体はどこにあるのか。

    謎は深まるばかりです。

    一刻も早い事態の解決し、

    二度のこのような事故が起こらないよう

    改善をしてほしいですね。
  • こちらの記事もよく読まれています!

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード