情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

少年Aこと酒鬼薔薇聖斗は現在結婚し子供もいた!現在の姿も流出!

1997年(平成9年)に兵庫県神戸市須磨区で発生した当時14歳の中学生による連続殺傷事件。その犯人である「酒鬼薔薇聖斗」と名乗っていた元少年Aは当時社会に衝撃を与えました。そんな彼も20年の時を経て、現在は釈放されています。現在は何を...
2018/09/11 UPDATE
 
9,718 views

酒鬼薔薇聖斗とは?

酒鬼薔薇聖斗=東 真一郎(あずま しんいちろう)

1982年7月7日生まれ
兵庫県神戸市出身


神戸連続児童殺傷事件を起こした人物で、1997年に兵庫県神戸市須磨区で発生した連続殺傷事件で当時14歳の中学生でした。

少年が名乗った名前から別名『酒鬼薔薇事件』『酒鬼薔薇聖斗事件』とも呼ばれています。

数か月にわたり、複数の小学生が被害を受け、2名が死亡し、3名が重軽傷を負った。

通り魔的犯行や遺体の損壊が伴った点、特に被害者の頭部が「声明文」とともに中学校の正門前に置かれた点、地元新聞社に「挑戦状」が郵送された点など、強い暴力性が伴なう特異な事件であった。

また、犯人がいわゆる「普通の中学生」であった点も社会に衝撃を与えた。

兵庫県警察は聞き込み捜査の結果、少年が動物虐待行為をたびたびおこなっていたという情報や、被害者男児と顔見知りである点などから、比較的早期から彼に対する嫌疑を深めていたが、対象が中学生であるため、極めて慎重に捜査は進められた。

2015年に元少年A著『絶歌』がベストセラーに!

釈放され、32歳となった元少年Aこと酒鬼薔薇聖斗が、自身で綴った手記「絶歌」が約25万部のヒット作となりました。

しかしこの手記は、被害者の許可も得ず勝手に出版された物で、被害者へのさらなる追い打ちになってしまう結果に。

しかも自身のホームページを開設し、トップページで大々的に宣伝するなど遺族に対し全く反省の色が伺えない状態です。

後日遺族へ「印税の一部1000万円を送りたい。」という趣旨の手紙が送られて来たらしいのですが、遺族は「順番がおかしい」としてこの申し出を拒否したと言います。

週刊文春が現在の元少年Aの写真を掲載し住所も特定される!

元少年A酒鬼薔薇聖斗は出所後、顔を整形し名前と戸籍も変えて、四国の松山に住んでいると噂されていました。

しかし、2016年1月末に東京23区に移り住んでいると言われていました。

週刊文春の記者が元少年Aを独自に追っていた中、今回この写真が公開されたようです。

しかもこの写真が公開された事で、ネット民が住所を特定しましたと言うのだから驚きです!

ネット民達が住所を特定した方法が、木の形とガードレールなどの背景をみて特定したと言うのだから驚きです。さすがネット社会ですね。。。

その気になる住所とは…



竹ノ塚駅にある足立区UR花畑団地との事です。



もしこの情報が本物であれば、元少年Aは引っ越さざるを得ないでしょうね。

また、週間文春の記者は直接取材を試し見たらしいのですが、

「命がけで来てるのか?お前の顔は覚えたぞ!」

と威嚇されたらしく取材は断念したらしいです。全く反省の色が伺えないですね・・・

酒鬼薔薇聖斗は結婚し妻と子供がいる!?この噂の真相は・・・

酒鬼薔薇聖斗こと元少年Aですが、結婚し子供がいるという噂があります。

しかし結論から言って、

信憑性にかけるただの噂のようです。


自身が出版した「絶歌 神戸連続児童殺傷事件」内で、子供を持つことで過去の犯した過ちの重さについて語っている場面があるのですが、これが結婚や子供がいるのでは?という噂が生まれたようです。

しかし名前や顔、戸籍も変えているのですから結婚していてもおかしくはありません・・・真相は今の所誰も掴めていないようですね。

まとめ

約20年前に起こった衝撃的な「酒鬼薔薇聖斗事件」。

私も当時の事は鮮明に覚えています。この頃から少年犯罪やおかしな事件が増えた様なイメージすらあります。。

首謀者であった酒鬼薔薇聖斗も服役し、現在は社会にとけ込み暮らしています。

少しでも反省しているのであれば、残された被害者の遺族に敬意と反省の念をもっと見せなければ行けないのではないでしょうか?

皆さんのすぐ近くに住んでいるかもしれません。十分気をつけてもらいたいです。

コチラの記事も読まれています♪▼

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

時事ネタからお役立ちネタ、暇つぶしネタまで幅広くご紹介します♪

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード