情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

7年間不倫していた嫁がガンに...そこから、私の壮絶な復讐劇が始まる!!

2018/05/15 UPDATE
 
13,650 views
  • 妻に浮気された夫

  • 7年間不倫していた嫁が、ガンになった。

    2週間前に発覚、2年前には不倫が発覚し、証拠の写真や資料は確保しています。

    不倫期間は現在まで少なく見積もっても7年になります。

    父親が先月他界したので行動を移すことにしました。

    タイミング的に最高のときなので復讐を開始します。

    個々に書き込むのは情に流されたいための決意表明になります。

    存分に叩いてくれて構いません。

    私は、まず嫁の不倫の事実を子供に話しました。

    子供にも知る権利があると思ったからです。

    もう分別は着く年齢なので話すと決めたのです。

    鬼畜呼ばわりされるかもしれないし、子供にも多大な影響を及ぼすこともわかってる。

    器が小さいと言われればそのとおり。

    でももう我慢の限界。

    頭がパニックになって、「車でなんてやったっけ?」「いやこの前は風呂だから」とか考えてたら、いや待て、これ浮気だろと思ったのです。

    怒りのあまり車内掃除を切り上げて急いで帰ったら途中で、信号無視で警察に捕まりました。

    でも今思えば、捕まってよかったと思いました。

    爆発寸前だったから、なんか意外と冷静になれましたが、警察を見ていたら帰って嫁のことをボコボコにしたら俺捕まるとかもっと叩けば出てくるのではないか。

    そして興信所に依頼したのですが、まだ、嫁にも誰にも言っていません。

    知っているのは私と興信所のじいさんだけ。

    そして浮気相手が特定されたのです。

    間男の会社、家、奥さん、3人の子供まで調査済み

    興信所を使った結果、10日間頼んでいたうちの5日も間男と会っていたのです。

    少しは警戒しろよと思ったのですが、これで気が付かない私も相当ピエロだと思ったよ。

    怒りを通り越して笑えてきました。

    生理の日もどうやら間男の嫁が出産のため、子供と実家に帰っていたのですが、嫁は間男の家ではじけていました。

    興信所はすごいなと思いました。

    離婚をする気が満々で10日分の報告書を持っていたら、突然父親が倒れたのです。

    その時は弁護士にも相談していましたが、一度やめました。

    検査の結果は心臓の病気だったのです。

    先生には長くないだろう伝えられ、離婚騒動を起こすことで父親の寿命が縮むのを恐れました。

    弁護士に話すと理解してくれて、「お父様の命の方を優先すべきですね」と言ってくれました。

    もちろんそのときは、「親父が生きている間に不倫をやめるかも」と思っていました。

    今思えば不倫脳の人に何を期待してもダメ。

    それが地獄の始まりだったのです。
  • 地獄の始まり、妻の不倫の真実とは

  • 間男の竿いじった手でご飯を作っていると思うと胃が痛くなります

    口でくしゃみやキスなどをされると頭がおかしくなりそうになります。

    もちろんレスです。

    精神科と内科に通うことが多くなりました。

    不倫をやめさせようといろんなことを試してきましたがどれも完敗。

    それどころかメールの量がたくさんたまっています。

    まるで官能小説みたいです。

    2人の関係はこの期間の携帯を見て発覚。

    メールの内容には「君がパートを辞めて・・・」と書かれていました。

    実はこの男は、妻が働くパート先の社員でした。

    どうやら昼間会う時間を作るために嫁はパートをやめたとか。

    私は妻から現場でいじめられていたと言っていました。

    ちなみに嫁は、父親の見舞いには来てくれたけど、3回に1回ペース。

    子どもたちは毎回ついてくれたのです。

    嫁が来ない理由は、わかっていたので聞きませんでした。

    案の定、家に電話するといません。

    ボイスレコーダーを設置しましたが、家には連れてきていないようです。

    もし連れてきていたら、父親が亡くなる前に離婚していたかもしれません。

    そしてついに父親がなくなりました。

    嫁も葬儀に出ていましたが、追い出したかったです。

    そしてそのあとくらいに嫁は定期検診と子宮頸がんの検診があり、子宮頸がんが見つかりました。

    ステージ3でした。

    全摘手術をすることになり今に至ります。

    天は我慢をしていた私に最高の復讐の機会を与えてくれました。

    復讐の最大の目的は、嫁と間男をくっつけることです。

    最悪、慰謝料と養育費がなくてもいい。

    財産分与は認めませんが、あとは、間男の社会的地位も奪う。

    これが無理ならば双方に慰謝料と嫁からは養育費をもらうことを考えました。

    そしてこどもたちに言うことを決意したのです。

    まずは長女から。長女は不倫に勘づいている感じがする、女の勘って怖いですよね。

    個々で問題なのが、子供の判断次第で、間男と嫁をくっつけるのを諦めなければならなくなるかもしれないことです。

    逆にお金ではなく、ロミジュリ効果でさらにラリっと貰えるといいのですが、私の目的は、両方の家庭を別れさせて嫁と間男をくっつけることです。

    (くっつける事ができたら間男の会社へ報告)

    それでは一瞬で終わってしまう。

    私は嫁の手術前にたたきつけるつもりだと子供に言おうと思います。

    私はおかしいと思われているでしょう。

    これから嫁にすることは人間のすることではないと思います。

    手術代は最後の情けで私が全額払いますが、意を決して子どもたちに真実を話しました。

    人生で一番緊張しました。
  • 妻の浮気を子どもたちに伝えた時の反応は?

  • 最初は娘から話そうとしましたが、何を話すか悟ったようで3人で話し合うことにしました。

    最初から最後まで話しました。

    娘は感づいていたので驚いていませんでした。

    一方息子は顔が引きつっていました。

    我慢の限界でやり直すことも考えていません。

    一番許せなかったことは父親が病気でも関係が続いていたことです。

    娘も息子も納得していました。

    息子は私の気持ちをわかってくれました。

    離婚後はどちらについていくか聞きました。

    もちろん私のところにきてほしいけれど強制ではないです。

    娘は同じ女として許せないと言っていました。

    息子も一緒でした。

    そして2人共私のところに来ると言いました。

    嫁への成敗に潰え子どもたちに伝えたことがまさかの展開になります。

    私は手術のために入院中の嫁をたたきつけるつもりでした。

    同時に間男の家にも行こうとしていたのです。

    そして間男と嫁をくっつけるという話もしました。

    そしてた娘が「お父さんが望むことをすればいいと思う。でもお母さんへは手術が終わってから言ってほしい」といったのです。

    あんな母親だけどそれだけはお願いしたいと言う言葉に涙が出ました。

    親がどうしようもなくても子供は立派に育つんだな。

    嬉しいのと情けない気持ちがいっぱいでした。

コメント

5
  • 1. まとめいく訪問者
    2018-05-16 20:30:38 [通報]
    何を言いたいのですか?
    11
    1
  • 2. まとめいく訪問者
    2018-05-16 23:55:44 [通報]
    で?だからってなった!
    1
    0
  • 3. まとめいく訪問者
    2018-05-17 03:31:15 [通報]
    途中かよ!ksg
    0
    3
  • 4. まとめいく訪問者
    2018-05-17 11:22:24 [通報]
    え?で?終わり?
    ってなるやろ!
    2
    1
  • 5. まとめいく訪問者
    2018-05-19 14:58:07 [通報]
    えっ? で? 終わり?
    0
    1
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード