情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

坂上忍に酒税法違反の疑い!?自家製ブドウ酒をマツコの知らない世界に持ち込み大炎上

4月17日のバラエティ番組『マツコの知らない世界』に坂上忍さんがゲストとして登場しました。 番組の中で坂上忍さんのお母さん自家製の果実酒を披露したのですが、このお酒がブドウを漬けこんであるものだと判明し、酒税法違反ではないのかとネッ...
2018/04/17 UPDATE
 
4,675 views

坂上忍に酒税法違反の疑い!?自家製ブドウ酒をマツコの知らない世界に持ち込み大炎上

4月17日のバラエティ番組『マツコの知らない世界』に坂上忍さんがゲストとして登場しました。


坂上忍さんは今ご自身が注目している俳優として、村上航さんと、古山憲太郎さんを紹介し、マツコさんの目の前で演技指導をした後、その俳優と4人でお酒を飲みました。


その演技指導の内容もすごかったのですが、その時に振る舞った坂上忍さんのお母さん自家製の果実酒が酒税法違反ではないのかとネット上では大騒ぎになっています。

酒税法違反とは?

中々聞き馴染みがないと思いますので、酒税法について説明します。


酒税法では以下のように定められています。

酒類には、この法律により、酒税を課する。(第1条)
この法律において「酒類」とは、アルコール分一度以上の飲料(薄めてアルコール分一度以上の飲料とすることができるもの又は溶解してアルコール分一度以上の飲料とすることができる粉末状のものを含む。)をいう。(第2条)
酒類を製造しようとする者は、政令で定める手続により、製造しようとする酒類の品目(別に、製造場ごとに、その製造場の所在地の所轄税務署長の免許(以下「製造免許」という。)を受けなければならない。ただし、酒類の製造免許を受けた者が、その製造免許を受けた製造場において当該酒類の原料とするため製造する酒類については、この限りでない。(第7条-1)

お酒全般に課税するとある以上、果実酒を作るという行為そのものが新たなお酒を造る行為=違法となるのです。


しかし、そうなると自家製の梅酒などのお酒を造っている人も違法になってしまいますよね。


実はこの酒税法には例外があります。


果実を漬け込む酒のアルコール度数が「20%以上」であること
米、麦、あわ等の穀物を漬け込まない
ぶどう・山ぶどうなどのぶどう類は使用禁止

この3つの条件をクリアしていれば、自家製のお酒をつくっても問題はありません。


その為、梅酒などの自家製でのお酒は違法にはならないのです。


しかし、坂上忍さんの持ち込んだお酒にはブドウが含まれている為、違法との疑惑がかけられているようです。

ブドウのように見える程度でしたら言い逃れできますが、中身をマツコさんに聞かれた際に「ブドウ」と答えてしまっているので、中身はブドウであることを認めてしまっていますね。


また、自家製のお酒を自分だけで楽しむのは問題ないのですが、テレビで他の人と飲むのも良くないとの声も上がっています。


度々炎上している坂上忍さんですが、法に触れてしまうのはアウトですよね。


今後どうなってしまうのでしょうか…?


また、演技指導に対してもパワハラと非難の声が殺到していたのでこちらもまとめてみました。


よかったらご覧下さい。

こちらの記事も読まれています!

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード