情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

眞子さま、小室圭さんとの結婚延期の真相が判明。すべては佳代さんの驚愕の言葉が原因だった…。

結婚延期が発表された、眞子さまと小室圭さんの結婚ですが 小室圭さんの借金問題が発覚し、黒い噂がたっています。 佳代さんの知人からの衝撃の証言が飛び出ましたが、 さらに、佳代さんは、とんでもないお願いを宮内庁にしていたそうです。 ...
2018/07/24 UPDATE
 
65,000 views

眞子さま、小室圭さんの結婚延期の真相が判明。すべては佳代さんの驚愕の言葉が原因だった…。

延期が発表された眞子さまと小室圭さんの結婚ですが、小室圭さんの借金問題が発覚し、黒い噂がたっています。


この借金を貸した、小室圭さんの母親・佳代さんの元婚約者の証言や、佳代さんの知人の証言なども報道されましたが、そこには衝撃的な内容が書かれていました。


さらに、佳代さんは、とんでもないお願いを宮内庁にしていたそうです。


それがきっかけで、結婚延期へと舵が切られるようになったとの情報もありました。


一体何があったのでしょうか。詳しく調べてみました。

佳代さんにお金を貸した、元婚約者の男性の証言

まずは、佳代さんの元婚約者の男性についてご紹介します。


なんと、この男性は佳代さんをサポートするためにお金を援助し、その結果、自宅の売却に追い込まれたそうです。

「週刊誌に私が貸した400万円をめぐる問題が報じられましたが、今に至るまで小室家から連絡は一切ありません。私はただお金を返してほしいだけだ」 

「あのお金があれば、自分は家を手放さずに済んだのだから」手元資金が苦しくなった男性は昨年末、ついに自宅の売却に追い込まれた。

小室圭さんの婚約を聞きつけて、水を差そうとした訳ではなく、純粋にお金を返してほしいだけだそうです。


しかし、大きな騒ぎになったのにもかかわらず小室親子からの連絡は一切ないようです。


こうした借金騒動について、佳代さんをよく知っている方はこのように語っています。

佳代さんの十数年来の知り合いというAさんは、佳代さんについてこう語ります。

02年に小室さんの父親が亡くなったときも、佳代さんはAさんに、幾度となく涙を見せた。

「夫が亡くなってどうすればいいかわからない。生活も苦しい」

そのAさんは、食事をごちそうし、世話をした。さらに佳代さんはこうも訴えた。

「住む場所もなく、親が借りるアパートに転がり込んでいる。夫の実家とも連絡が取れない」 

Aさんは、小室さんの父親の後を追うように亡くなった祖父の遺産相続の交渉を無償で引き受け、交渉相手に手土産なども用意するほど手厚く応じた。

交渉はスムーズに運んだが、ことが済むと佳代さんは見知らぬ男性と、Aさんの元を訪ねてきた。

お礼です、と茶封筒を差し出し、「遺産交渉から手を引いてほしい」と告げた。

「こちらの親切心を利用されたようで、悔しい思いだけが残りました」

これは何とも酷いですね。


親切心での事だったのに、頼れるところだけ頼って最終的にはまるでAさんが遺産を狙っているように言っています。


もしかしたら、佳代さんは男性からの好意を受けやすい、魅力を持っている女性なのかもしれませんね。


元婚約者の男性も旦那さんに先立たれて困っていたからお金を貸したというものでした。


しかし、大きい金額ではありますが400万円もコツコツと返せば、返済できない金額ではありませんし、借金していたとしても返済のために動いていたのであればこれほどの問題にはならなかったと思われます。


なぜ、素直に返済をしないのでしょうか。


その理由を調べてみました。

なぜ、小室親子は借金を返済しない?

元婚約者の男性は、小室圭さんが高校生のとき、「圭さんの父親代わりになれれば」という気持ちから、佳代さんと婚約をしました。


そして婚約している間に、小室圭さんの学費用に400万円以上を佳代さんに渡したそうです。


男性の知人が言うには、


貸したという認識でしたが、婚約者に借用書を書かせるのは…。


と思い、特に書面でのやり取りはしなかったそうです。


その後、婚約破棄とともに、返してほしいと伝えたが佳代さんは拒否。


小室圭さんもはっきりと「もらったものだと思っている」と答えたんだとか…。


この400万円小室さんの大学入学金や授業料、留学費用などにあてられました。


自分の学費として使用したのに、”もらった”と答える神経は理解できないですね。


しかし、小室圭さん自身が「贈与だと認識している」と答えたことによってそれまでは佳代さんの金銭トラブルだったことが、小室圭さん自身も当事者になってしまったことになります。


つまり、借用書などがない事をいいことに、”もらった”と解釈している為返せないのではなく、返さないということですね。


爽やかなイメージの小室圭さんだったので意外です。


さらに佳代さんは秋篠宮邸に訪れて、宮内庁側にとんでもないお願いをしていたようです。


これが今回の婚約延期になった原因の1つとも言われています。

佳代さんが宮内庁側にしたお願いとは?

この金銭トラブルを説明する為に、小室圭さんの母親・佳代さんは何度か秋篠宮邸を訪れたようです。


本来であれば、騒動を鎮静化する解決策を相談するはずでしたが、その場で佳代さんが、


“騒動を収めるためにも皇室でサポートしてもらえないか”


という要求を宮内庁側にしたそうです。


借金を立て替えて欲しいということでしょうか・・!?


あまりに自分勝手ですね。


それがどうやら紀子さまの耳にも入ってしまい、唖然としたようです。


この発言を聞いた紀子さまは小室家に娘を嫁がせるわけにはいかないと感じ、結婚の延期へと舵をとったとのことです。


そして、残念ながら結婚延期という運びになったそうです。


2年後の2020年に結婚するとの事ですが、実際に結婚するのは難しいといいざるをえない状況ですね。

『贈与』ではなく『貸与』であった証拠が!!

「週刊現代」2018年3月10日号によるとついに、渦中の400万円が『贈与』ではなかったことを裏付ける証拠が見つかりました。


どうやら、佳代さんから元婚約者へ送ったメールが残っていたようです。


その内容を見てみましょう。

だが、11年3月16日、3度にわたって佳代さんからA氏に送られたメールを見ると……(註:小室さん親子は、東日本大震災が起きたことから、九州に避難していた)。

〈申し訳ありませんが当分の生活費をお借りしても良いでしょうか〉

〈振込みはみずほで結構(みずほのカードしか持っていない)です。とりあえず10万円程お願いできますか。いつも助けて頂くばかりで感謝ですm(_ _)m〉

絵文字も多用したメールで、「お借りしても良いでしょうか」という表現がある以上、贈与ではなく借金の申し出と解釈できる。A氏の主張を裏付ける重大な証拠だ。


「借りても良いでしょうか」とある以上借りていますね。


このように困った時にいつも小室親子を助けていたのにもかかわらず、返済を求めた途端に連絡が取れなくなるとはとんでもないですね…。


これによって小室親子の「贈与」という理屈が崩れてしまいました。


今後、一体どうなってしまうのでしょうか。


報道によると、秋篠宮ご夫妻は眞子さまと小室圭さんに結婚するための2つの条件を出したようです。


さらには、宮内庁で小室圭さんの仕事の斡旋の話も出ているそうです・・。


そちらについてはこちらにまとめていますので、よかったらご覧下さい。

まとめ

今回の結婚延期騒動についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。


紀子さまの判断は私は正しいと思います。


やはり、金銭のサポートをを要求してくるところや、人から受け取った金銭をもらったと言い張り、返さないような人が日本の象徴である皇族の仲間に入るのはどうかなと思いますね。


しかし、今回の話も本人が公の場で証言している訳ではないので真実かと言われると疑問が残ります。


もし、間違っているのならしっかりと出るべきところで


真相を明らかにしてもらいたいものですね。

こちらの記事も読まれています!

コメント

5
  • 1. まとめいく訪問者
    2018-02-16 15:52:53 [通報]
    結婚延期じゃなく破棄にすれば良かったのに(´・ω・`)
    小室家は何考えてんだ
    67
    0
  • 2. まとめいく訪問者
    2018-02-18 17:26:33 [通報]
    良くない話です。眞子さまがホントに可哀想だと思います。
    34
    6
  • 3. 圭
    2018-02-25 00:10:12 [通報]
    小室圭 一生お前にプライバシーは無し!!

    なぜなら 皇室の女に手を出したから
    調子乗りすぎ 自業自得‼️
    27
    0
  • 4. まとめいく訪問者
    2018-03-01 12:19:47 [通報]
    まぁ小室家は終わったなw
    15
    0
  • 5. 常に後ろを気をつけろよ!
    2018-12-01 15:16:46 [通報]
    ぼけ!
    1
    0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード