原因は地下鉄七隈線の延伸工事!?

2016年11日8日午前5時15分ごろ、福岡市博多区博多駅前2丁目の道路が陥没しました。
陥没は徐々に広がり、午前10時現在、長さ約30メートル、幅約27メートル、深さ約15メートルと確認された。

8日午前5時すぎ、福岡市のJR博多駅前の道路で大規模な陥没が起き、現在も周辺の封鎖が続いています。福岡市は地下鉄の延伸工事が原因だとして、周辺に避難勧告を出して注意を呼び掛けています。

 福岡市交通局:「小さめの断面で掘ってそれを切り広げているという状況のなかで、掘削を1回するとその岩盤のところにコンクリートを吹き付けます。そのコンクリートを吹き付けている作業中に出水等が発生し始めて、現状に至っているという状況でございます」
市交通局によると、周辺の建物や土の崩壊を防ぎ、被害の拡大を防ぐのが目的。流動化処理土と呼ばれる埋戻し材を投入するが、電気やガス管などの復旧にも対応する必要があり、「可能な範囲で埋め戻していく」方針。道路の仮復旧にもつなげたい考えだ。ただ、埋め戻し完了の時期は未定で、「時間はかかる」見通しだという。

 陥没は幅約27メートル、長さ約30メートル、深さ約15メートルに及んでいる。

穴の“埋め戻し”作業始まる 博多駅前巨大陥没(16/11/08) - YouTube

出典:YouTube

交通規制した約5分後に事故発生
地下約25メートル地点を掘削機で掘っていたところ、上から水が漏れ出したため工事を中止。
博多署に要請して付近を交通規制した約5分後に道路が陥没したという。
市は工事が原因と認めた。

ガス臭も発生している

現場はガスの臭いが充満し、ガス漏れの危険も!!

周囲は数百メートルにわたって規制線が張られ、多くの通行人がスマートフォンなどで写真を撮る姿が見られた。

ガスの臭いが充満し、警備に当たった警察官が「ガス漏れしているのでたばこの火を付けないでください」と呼び掛けた。

様子を見ていた通行人らは「早く回復してほしい」「人が巻き込まれなくて良かった」と話した。
現場ではガス漏れも発生し、近くで働く人々は、声を震わせた。

 福岡市東区の警備員、中本尊教さん(62)は、午前6時前に現場近くを通りかかった。目の前に大きな穴があった。

 アスファルトの下がむき出しになっていた。息を呑んだ。

 「周囲は真っ暗で恐怖感しかなかった。氷山が崩れていくような感じで、足がなかなか前に進まなかった。自分が立っている場所が、いつ崩れるか分からず、死ぬかと思った」

 近くの建物で働いていた宮永修治さん(25)は「午前5時ごろ、突然停電し、ドーンと大きな音がした。少し揺れたような感じがした」と振り返った。外に出ると路面に穴が開き、警察官が慌ただしく交通を規制した。

過去にも同様の陥没事故

なんと過去にも同様の事故が発生していたことも発覚
地下鉄建設工事現場の周辺道路では、過去にも陥没事故が頻発。
七隈線延伸工事を巡っては2014年10月、今回の事故現場から約350メートル離れた博多区祇園町の市道で発生。

車道が長さ約5メートル、幅約4メートル、深さ約4メートルにわたって陥没した。延伸工事に伴う雨水管の移設作業中、作業員が坑内に土砂が流入していることに気付いた。

道路地下に空洞が発生したことが原因で、けが人はなかった。
BuzzFeed Newsは、福岡市交通局に双方の事故の関係性を取材した。同局建設課の担当者は、「前回の工事はすでに完了しています。

場所も離れており、今回は別の工事になるので、事故の直接的な関連はありません」と答えた。

「まだ原因は確実に追及できていないのではっきりしたことは言えませんが、今回はたて坑ではなく、地中に横穴を掘っているところで起きたものなので、意味合いは異なります」

停電も発生。駅は大混乱

同市消防局によると、現場付近のビルが停電し、その際に70代女性が転倒。体の右半分を打撲するけがをした。

現場周辺では道路の陥没直後に最大約800戸が停電した。
午前8時半時点で、福岡空港国際線ターミナルやJR博多駅の一部など172戸が停電。
九州電力が関連を調査している。


まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

makoto

一日一善

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング