闇金ウシジマくんとは

『スピリッツ』掲載時にある扉絵は、カラーだった場合、単行本収録時にはカットされて、サブタイトルの表記が、何も描かれていない、もしくはそこに表記しても単行本の読書に邪魔にならない場所(例:落書き一つもない白い壁や道路の表面)に表記されることが多く、またセンターカラー掲載に使われていた扉ページも、その話が掲載されている単行本の最初の扉ページのイラストに使用されることが多い。
連載初期の頃はセリフの終わりに「-べ」「-だべ」等(使用例:次に行くべ)の方言が付いていたが、物語が進むとあまり使われなくなっていった。
表紙は15巻までは丑嶋のイラストと掲載シーンや裏表紙の人物の体内を含む(主に歯)体の一部や輪郭、服装をコラージュしたイラストが描かれていただけの表紙だったが、16巻以降は背景までかかれるようになっている[6]。

闇金ウシジマくんのモデルであるトキタセイジ氏の言葉

景気が上向きといわれる昨今、闇金利用者も減っていくのでしょうか?

トキタ いや、むしろ景気のいいときのほうが客は増えるんですよ。バブルの頃もそうだったけど、どんどん金が入ってくる時期というのは、人はどんどん金を使う。それこそ、借金してでも大きな金を回そうとするからね。最近はサラ金もカード会社も審査が厳しいから、借りたくても借りられなくて困っているヤツがたくさんいると思う。

―闇金業者の減少は、そういう人たちの受け皿をなくしているということでもあるんですね。

トキタ そう。結局、俺たちがやっているのは、ただの“営業”だから。「こういう条件で貸しますから、いつまでに返済してくださいね」と約束して営んでいる金貸しで、ルールにがんじがらめで融通の利かない銀行なんかより、よほど人間味があったと思うよ。「今月どうしても厳しくて……」と相談されれば、自分の裁量で金利や返済額をどうにかしてやることもできたしね。

―最後に、お金に困っている人に何かアドバイスを!

トキタ 金に困ったら、金を持たないのが一番。まずは、ムダな出費をストップするところから始めること。財布に金が入ってなければ使えないわけだから、これはけっこう効果的なはず。俺も独立直後は苦労していたから、なるべく財布に金を入れないようにして、メシも3食インスタントラーメンで済ませていた時期があったしね。本当に蓄えを増やしたいと思ったら、やるかどうかは別にしても、自販機の釣り銭を手当たり次第にあさるぐらいの気持ちは必要だよ。

まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

kashi

面白そうな記事を更新していきます。




アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング