知らない番号からの電話

私が初めて自分の携帯電話を持ったのは、中学2年生の時です。
それからずっと十数年程、携帯番号は変わらずにいたのですが、つい先日とても恐ろしい事があったので番号を変えてしまいました。

その出来事は夜中1時過ぎに起きました。
まだ眠くなかった私は布団に潜り込みながら、携帯をいじっていたんです。
すると突然電話帳に登録していない、知らない番号から電話がかかってきました。
普段なら登録していない番号、しかもこんな夜中の電話は怪しんで取る事はないのですが、つい手が滑り電話を取ってしまいました。

すぐに切ろうと操作しようとした瞬間、電話の向こうで誰かの声が聞こえました。
結構大きな声で話しているようで、携帯を耳に当てなくても聞こえます。

「…に、…と…に、」

恐らく女性だと思いますが、甲高い声で何かを話しているようです。
もしかしたら間違い電話かもしれない、知人が番号を変えて何か訳があってかけてきたのかも、と思ってもっとよく聞こうと携帯を耳に近づけました。
すると不思議な事にブツンッと向こうから電話を切られたのでした。
何だったんだろうと思いましたが、その日はあまり気にせず眠りにつきました。

しかし翌日から、毎回同じ時間に同じあの番号から電話がかかってくるようになったんです。

2回目の着信時はすぐに取ってこちらから「もしもし、誰?」と問いかけました。
でも相手の声は大きいはずなのに言葉が不明瞭でどうしても何を話したいのか聞き取れなかったんです。
5~6回電話を取りましたがいつもこんな様子なので、悪戯電話だと思って次からは着信できないように着信拒否設定にしました。
すると驚いた事に別の番号から電話がかかってきたんです。

その状態が2週間程続いたでしょうか、何度着信拒否しても番号を変えてかけてくる電話に、次第にイライラしてきました。
だから電話がかかってきた時に、つい大声で「もう止めて!しつこい!」と叫んだのです。
そうしたら向こうから電話を切る音が聞こえました。
ああ、これでもうかかってこないといいなと思った次の瞬間、また電話がかかってきてしかもボタンを何も押していないのに電話が繋がったのです。

え!どういう事?と思考が停止していると勝手にスピーカーフォンに変わり、向こうの音が聞こえてきました。

「…に、…と…に、…って」

あの時のように何か話しています。

「い…に、わた…と…いっしょ…って…」

段々と話す言葉がはっきりと聞こえてきました。

「一緒に死ぬって言ったのに私と一緒に死ぬって言ったのに嘘つき嘘つきお前もこっちにこい連れてってやるお前の所に行くぞ逃がさな」

ガシャン!
怖くなった私は携帯を床に放り投げました。
当たり所が悪かったのか携帯の画面は割れて、でもそのおかげか通話は切れていたので携帯をそのままにして夜通し起きて、朝になったらすぐ携帯ショップへ行って機種変更と番号変更をしました。

あれ以来あの恐ろしい電話はかかってきません。
でももしも次にまたかかってきたら…私は今度こそあちらに連れて行かれるのかもしれません…。

滅多に鳴らない電話機

うちの会社には、滅多に鳴らない電話機がある。
今よりも部署が多かった頃の名残で、回線は生きているものの発信する事もなければ、着信もごくたまに間違い電話がある程度だった。

あるとき、俺は仕事が立て込んで、深夜まで一人で仕事をしていた。
週末で、何も無ければ飲みに出かけようかと思っていた矢先に急な仕事が入ってしまい、やむなく遅くまで残業する羽目になったのだ。
その仕事も終わり、そろそろ帰ろうかと支度を始めようとした時、不意にその電話が鳴った。
またか、と思った。深夜まで残業する事はたまにあり、夜の12時に差し掛かるあたりになると、よくその電話が鳴る事があったからだ。
こんな時間に仕事の電話はかかってこないし、間違い電話だろう。
いつもその電話が鳴ったときには、そう決め込んで無視をしていた。

しばらく鳴るが、いつもは呼び出し音が10回も鳴れば切れていた。
ところがその日は、呼び出し音がずっと鳴り続けて止まらない。
仕事を終えて、緩んだ気持ちの俺は呼び出し音に段々いらだってきた。
鳴り続けている電話機の受話器を取り上げ、そのまま切ってしまおう。
間違いFAXの場合もあるので、一応受話器を耳にあててみた。すると

「もしもーし、ああ、やっとつながった!」

と、快活な声が聞こえてきた。あまりに明るい調子の声に、俺はそのまま切るのが少し申し訳ない気持ちになった。間違い電話であることを相手に伝えてから切ろう。そう思い返事をした。

「すみません、こちらは株式会社○○ですが・・・電話をお間違いではないでしょうか?」
そう言うと、相手は予想外の事を言い出した。
「○○ですよね!わかってますよ!Tさん!」

Tさんと聞いて、俺は少し慌てた。
別部署にT主任という社員が確かに居たからだ。ただ、当然もう帰っている。
「すみません、私はMと申します。Tは本日既に退社しておりますが」
こんな夜中に居るわけないだろ、と思いながらも丁寧に答えた。
「いや、Tさんですよね!Tさん!お会いしたいんですよ!」
口調は相変わらず明るいが、相手は俺がT主任だと思い込んでいた。
更に、こんな時間に会いたいと言ってくるのもあり得ない。

気味が悪くなった俺は、話を切り上げて電話を切ろうとした。
Tはもう退社してます、人違いですと繰り返した。
それでも相手は構わず話し続ける。明るく快活な口調で。
「Tさん!Tさん!会いたいです!今から行きます!行きます!」
Tさん、という声と行きます、という声がどんどん連呼される。
俺は恐ろしくなって、何も返事できずただ聞くしかなかった。
やがてテープの早回しのように声が甲高くなり、キリキリと不気味な「音」にしか聞こえなくなった。
キリキリという音が止んだ瞬間、これまでと一変した野太い声で
「まってろ」
という声が聞こえた。
その瞬間、俺は恐怖に耐えられず電話を切った。
そして一刻も早く、会社から出ようと思った。カバンを持って玄関へ向かおうとしたその時、インターホンが鳴った。
とても出られる心境ではなく、息を殺してドアモニターを見た。
細く背の高い男が、玄関の前に立っていた。
背が高すぎて、顔はカメラに映らず首までしか見えなかった。手には何かを持っている。

二度、三度とインターホンが鳴らされた。出られるわけがない。
俺はただただ震えながら立っていた。早くいなくなってくれと思いながら。
男がひょい、と頭を下げ、ドアモニターのカメラを覗き込んできた。
男は満面の笑みを浮かべていた。歯を剥き出しにして笑っていた。
目は白目が無く、真っ黒で空洞のようだった。

「Tさん!Tさん!いませんかー!会いに来ましたよー!」

電話と同じく明るい男の声がインターホンを通して、静かな社内に響き渡る。
俺はモニターから目をそらせない。
男はカメラに更に近づく。空洞の目がモニターいっぱいに広がる。
男はなおも明るく呼び掛けてくる。

「Tさん!いないですかー!?Tさん!ちょっとー!」

男の顔が前後に揺れている。

「Tさアーーーンんーーー」

男の声が、先程の電話と同じように、野太く変わった。
そして、男の姿がフッとモニターから消えた。

俺はしばらくモニターの前から動けずにいた。また男がいつ現れるか。
そう考えるととても外には出られなかった。
そうしてモニターを見続けているうちに、段々と夜が明けてきた。
ぼんやりと明るくなってきた外の景色を見ていると、外へ出る勇気が沸いてきた。恐る恐る玄関へ近づいてみたが、人の気配は無く静まり返っていた。
ロックを解除し、自動ドアが開いた。
すると、ヒラヒラと何かが足元に落ちてきた。茶封筒だった。
拾い上げて中身を見てみると、人型に切られた紙切れが入っていた。
これ以上気味の悪い出来事はご免だ、と思った俺は、その紙切れを封筒に戻した。そして、ビリビリに破いてその辺りに投げ捨てた。
もうすっかり明るくなった中を家まで帰り、ほぼ徹夜だった事もあって俺は早々に眠り込んだ。

週末は不気味な出来事を忘れようと、極力普通に過ごした。
そして週明け、会社に出てきた俺は、T主任の訃報を聞かされた。
土曜日の夜、電車に撥ねられたという事だった。
遺体は原型を留めないほどバラバラになっていて、持っていた免許証からT主任だと判明したという事らしかった。

それを聞いた瞬間、俺は週末の一連の出来事を思い出し、寒気がした。
不気味な電話、T主任を尋ねてきた男、茶封筒の人型の紙。
紙を破った事が、何かT主任の死に影響を与えたのか。
沈んだ気持ちでT主任の葬儀に出席し、花の置かれたT主任のデスクを背に仕事をした。
断言はできないが、責任の一端があるのかもしれないというもやもやとした罪悪感が、T主任の死後、しばらくは常に頭の中を覆っていた。

それから半年程経って、徐々にその罪悪感も薄まってきた頃、急な仕事で深夜まで残業する機会があった。
同じ部署のA係長も残業しており、会社には俺とA係長の二人だけが残っていた。
不意にまた、あの電話が鳴った。
俺は心臓が止まりそうになった。あの半年前の出来事も忘れかけていたのに、電話が鳴った事で克明に思い出してしまった。
青ざめる俺をよそに、A係長は「うるさいなあ」と言いながら電話に近づいていった。
出ないでくれ、と言う前に、A係長は受話器を取ってしまった。

「はい、株式会社○○ Aでございます」
A係長が怪訝な声色で言う。俺はA係長の会話の内容に、恐る恐る聞き耳を立てた。
「私はAと申しまして、Mでは無いのですが・・・」
「Mに何か御用でしたでしょうか?」
「ああ、左様でございますか。ではお伝え致します」
「・・・はぁ?」
「・・・失礼致します」

電話を切ったA係長が、不機嫌な顔で戻ってきた。そして俺にこう言った。

「なんか、やけに明るい声でとんでもない事言いやがった。頭に来たから切ってやった」
「Mさんですよね!っていきなり言われた。俺Aだって言ってんのに。人の話聞けっての」
「で、Mさんに伝言してくれって。何言うかと思ったら、『Tさんは残念でしたね』だと」
「『Mさんが来てくれても良かったんですよ』とか。わけわかんない」

俺はなんとか平静を装いながら、A係長の話を聞いていた。
その後少しして、俺は会社を辞めた。

あの電話の主は何者だったのか。T主任は俺のせいで死んだのか。
今でも分かっていない。

従兄弟からの電話

高校時代の友人Y君の体験談です。

ある朝僕がいつもどおり学校に行くと、いつも元気者のYが真っ青な顔をしているのに気付き、どうしたのか聞いてみた。

「何でもない。」

と返事はするものの、何かに怯えている様子だった。

まあ、こちらも無理に聞き出すつもりは無かったし、

「そうか」

とだけ言っておいた。

昼休み。

朝と変わらず怯えた様子のYが話し掛けてきた。

内容は

「ちょっと相談に乗って欲しい」

との事だった。

弁当でも食いながら聞いてやるつもりだったが、話の内容はそんな他愛無い内容ではなかったのでした。
前の晩の話。

部活で(Yは漕艇部。ボートでタイムを競うやつです)疲れていたYは、両親が出掛けている事もあり、夕食後早々に自室の布団で寝てしまったそうだ。

そこで夢を見た。

場面は自宅の居間。

Yはソファーで一人TVを見ていたのだが、そこに一本の電話。

出てみると相手は同い年の従兄弟だったそうだ。

が。

その従兄弟の話す内容、また声の感じも幼稚園児と話しているような幼さで、Yは少々違和感があったようなのだが、久しぶりな事もあり

「一緒に遊びたい」

とか

「今度どこかに行こう」

といった話をしていたそうだ。

五分ほど話したところで、Yにある疑問が浮かんできた。

「この従兄弟、死んでなかったっけ?」

重大な疑問にぶち当たったY。
しかし従兄弟はそれにはお構いなしで、一人でしゃべっている。

段々怖くなってきたYは

「もう遅いから」

とか

「親が帰ってくる」

等の理由をつけて電話を切ろうとするのだが、従兄弟は相変わらず一方的にしゃべっている。

話すペースはどんどん速くなり、テープの早送りのようで何を言ってるのか解らなくなってきた。

恐怖に駆られたYが

「もういい!(電話を)切ろう!」

と思った瞬間、

従兄弟の話すペースが普通に戻った。

そして次の一言が

「どうして私だけ死ななきゃならないの…」

と、年相応(生きてれば)の声で言われたそうだ。

その一言で恐怖のピークに達したYは電話を叩き切った。

そこで夢から覚めたそうだ。

夢から覚めたYは一瞬ほっとしたのだが、直ぐに夢の内容を思い出し、話をしていた従兄弟が誰だったのかを考えた。

そして思い出した。

Yが3歳のとき、通っていた幼稚園の火事でただ一人焼死してしまった従兄弟がいたことを。

「ただの夢であって欲しい」

そう思ったYは夢の場面であった居間へ行き、そこで2回目の恐怖に襲われたそうだ。

暗闇の中、寝る前に消したはずのTVが砂嵐の状態で点いている。

そして、夢の中で叩き切った電話がTVの明かりに照らされ、受話器が外れていた。

パニックに陥ったYは、電話線を引っこ抜き、自室に駆け込みTVと蛍光灯を点けっぱなしで、布団をかぶったまま朝を迎えたそうだ。

弁当を食べるのも忘れ、話に聞き入っていたが、ある事を考えていた。

(こいつ漕艇部だ…。水に引き込まれるんじゃないか?やばっ…)

Yはというと、何だか目の焦点が合っていない

危険を感じた僕は、Yと一緒に早退し、Yを家まで送り届け、Yの母親に事情を話した。

その日から一週間、朝夕の送り迎え(自分の家は反対方向なのに!)をした結果、ようやくYは立ち直り、現在は元気に暮らしています。

以上実話です。長文すいませんでした。

得体の知れない留守番電話

実体験書かせてもらいます。
俺今27歳で、大学時代の話。

田舎から東京出てきて、姉とふたり暮らししてました。
はじめ暮らしてたアパートが、あまりにもその類の事象が多くて
(はしょって書きますが、ねーちゃんの部屋の湿気がすごくて、湿気取りを押入れに3個置いたら1日で満タン(普通は1ヶ月ほど)になったり、2階に誰も居ないのに子どもの足音がバタバタと聞えたり)
違う所に引っ越すことになった。

東京M市と神奈川S市の境目にあるマンションに引っ越して、これでひと安心と思った矢先の出来事でした。

二人暮らしなので、どちらかが遅くなる時は晩飯の事とかあるんで、予定がわかるときは必ず留守番電話に入れておく事にしていました。

大学終って家に帰ると留守番電話のランプが点滅していたので、

「あ、ねーちゃんか」

と思い再生してみた。ところが、当時の携帯電話は電波状況が悪いと自分はちゃんとしゃべってるつもりでも、相手側にはノイズのように聞えることが良くあって、留守電もzzzz・・・・zzzzzzzz・・zzz・・・
といった感じのノイズしか入っていなかったんです。俺は

「またねーちゃん自分だけちゃんと入れてるつもりで入ってねーよ、何やってんの!」

ってな感じで思ってました。


337 本当にあった怖い名無し 2006/02/28(火)03:44:52ID:8kKoXKdm0
大体いつも留守電入れる時は、友達とご飯食べるから先に食べといて、といった様な内容なので多分今回もそれだろうと思い、ノイズのzzzzの部分がよく聞えるように音量最大にして聞いてみました。
すると、

「・・・・・痛い・助けて・・・・痛い・・・・・」

その瞬間背筋が凍りつきパニックになってしまい、急いで再生をやめ、姉に電話しました。

「ねーちゃん!留守番電話にへんなの入ってる!すげー怖いから早く帰ってきて!」

ところが、以前からの約束らしく今日はどうしても早く帰れないとの事。
こういう事には結構耐性あったのですが、痛い助けてとか留守電に入ってるとやっぱり気持ち悪い物で、結構怖くて家中の電気全部つけてテレビの音量を上げて過ごしてました。
その時電話が鳴りました。

まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

yuzupiyowo

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング