愛犬の嫉妬

私が幼児の頃から飼っていた愛犬が死んだ。
12歳まで生きたので、犬にしてはまあまあ長く生きた方だろう。

家族全員に見守られ眠るように亡くなったのち火葬、残った骨には緑色の何かが残っていて、火葬場で長く働くおじいさんに
「これはわんちゃんが幸せだったって証拠だよ。」
と教えてもらった。

家に帰ってからは、心にぽっかりと穴が開いたような強烈な寂しさと悲しみで連日涙がにじんだ。
いつも愛犬が寝ていた場所についつい目をやり、愛犬がいないことを再確認する日々が続いた。

一年が過ぎたころ、妹がついに
「新しく犬をもらってこよう!」
と提案した。

犬だからいくらでも代わりがいる、なんて思ってはいないが、それでも初めて目の当たりにした死で私の心は疲弊しきっていた。
そして妹とともに両親に頼み込み、新しく犬を飼うことに決まった。
私の家では昔から犬を飼うとき必ずボランティアからもらってくるのだが、今回も同様にネットで犬の写真を見て選び始めた。
この子は可愛いからすぐ貰い手がある、赤ちゃんも貰い手があるとあれやこれや話し合い、結局2歳の犬に決めたその時だった。

突然私のすぐ横から鋭く何かが飛ぶ。
かなり低い弾道で飛んだそれは、パソコンの前に座る父の太ももに当たった。
父は「痛っ!」と声を上げ、全員がぱっと当たったものを見ると、それは錆びた髪留めピンだった。
細長い棒を二つ折りにしている形のよくある黒いピンである。
当時家にはたくさんあったが、ここまで錆びているものを見るのは初めてだった。

咄嗟に何かいるのか?と後ろを警戒して振り返ると、背後の襖が少し開いている。

ここから飛んできたのか?

しかし襖の中は服の入った引き出しがあるばかりで、ネズミのような小さい生き物くらいしか入れるスペースは無いはずである。

ちなみに部屋はダイニングとつながっており、パソコンはダイニングとの境目あたりでその対角に私、私の隣に妹、その隣に母がいるという配置だ。
そしてピンが飛んできたのは妹とは逆の方向、ちょうど襖が開いているところから発射されたとしか思えない軌道である。
その飛ぶスピードと軌道の正確さは、私が狙って投げようと思ってもできないものだと直感した。

私はこの現象のおかしさを必死に訴え家族も共感してくれたようだったが、襖の中を確認しても何も不審な点は無かったためそこまで騒ぎ立てることもなく、また父がパソコンの前に戻る。
しばらくボランティアの連絡先や飼うまでのやりとりについて調べていると再度父が
「痛っ」
と声を上げた。

私は父と少し距離があったため、何があったのかはしっかりと見えていた。
パソコンの上に設置されたエアコンから何かが落ちたのだ。
確認すると先ほどと同様の錆びたピンである。

なぜエアコンの上に?
そして揺れも何もないのになぜ落ちたのか?

ようやく家族も奇妙だと思い始め周囲を見回すも、やはり原因となるようなものは何もいない。
その夜は警戒して家族全員固まって眠ったが、それ以降何かが起こることはなかった。

後になって母親が
「もしかしたらあの時○○ちゃん(亡くなった愛犬)、私を忘れないでって言ってたのかもしれないね。」
と言った。

父親にばかりピンを当てていたのは、パソコンを操作しているのが父だったからなのかななんて笑い合って、ピンは愛犬からのメッセージだったということに落ち着いた。

それからのこと、新しく来た愛犬が空を見つめていたり、私自身も家の中で何かの視線を感じることが幾度かあったが、きっと愛犬がそこにいるのだろうと思うようになった。
引っ越した今ではそのような視線は感じず、またあの家に戻れば会えるのかな…思うばかりである。

医師のカルテ

これは2年前の夏、まだ私が中途で入職したての頃、病院で夜勤中に体験した出来事です。

その日、私は夜勤をする救急室にて患者対応をしていました。
何台か救急車が入り、その内の1人が当院かかりつけの患者でした。
そこで当直医から「カルテが必要」と言われ、内科外来へカルテを取りにいきました。

救急室と内科外来は場所がかなり離れており、5分くらい歩いてたどり着く所にあります。
夜間なので内科外来までの電気は完全に消えており、懐中電灯を持って取りに行くのです。
病院勤務は慣れていたものの、やはり怖いなーと思いつつ、私はカルテを取りにいきました。
やっとの思いでたどり着き、内科外来のドアを開け、電気をつけます。
やはり夜の病院というのはとても不気味です。実際に何人もの方が亡くなっている場所なので、霊という存在に対して敏感になります。
必死で今度の休みは何をしようか、などと楽しいことを考えながらカルテを探し、見つけて帰ろうとすると、先程開けたドアの前にカルテが一冊落ちていました。
見てみると、そのカルテは山中さんという方のものでした。

こんなとこにカルテなんて落ちてたかな?と思いつつ、元あっただろう場所へ戻しておきました。
その瞬間。

プルルルルルルル

電話が鳴りました。
この時間に内科外来に電話…?
疑問に思いつつ電話をとってみると
「……みてよ…」
と囁くような声がしました。
私は真っ青になり、一心不乱に内科外来から抜け出しました。
そして救急室に戻り、先輩に今あった出来事をすべて話しました。
すると先輩は真っ青になりながら私に昔の話をしてくれました。

最近までこの病院で働いていた山中という研修医がいたこと。
そして、その山中という研修医が夜勤中にトイレで首を吊っていて、満面の笑みで死んでいたことを。

あの声は研修医の山中という方だったのでしょうか。
だとしたら、彼は一体何を見て欲しかったのでしょう。
カルテの中には、何が書いてあったのでしょうか…。

終わらない工事現場

私の主人は建築系エンジニアなのですが、業界全体が不景気のせいもあり、失業して半年近くになります。
今までしてきた質素な生活と蓄えとで、当座の生活に心配はありませんが…気落ちからなかなか立ち直れない主人の姿を見るのは辛いです。

住んでいるのが田舎の地方都市と言うこともあり、再就職活動は難航を極めています。
それでも週に1件2件と、ぼつぼつ面接に呼ばれていますので悲観視は決してしていません。
主人はこれを機に、悪くしていた膝痛の治療にも通えていますし、私はじっと静かに彼を支えて動向を見守っています。
先週も主人は隣町の企業へ面接にでかけて行きました。
お昼前には帰って来たので、温かい昼食を一緒に食べながら話を聞きました。
すると、食後のお茶を飲みふっと溜息をつきながら、主人がこう言うのです。

「前の企業で担当していた、○○ビルの改修工事現場の前を通りかかったんだよ。
今、×月だよね?もう3ヶ月も完了が遅れているってことだ。変だなぁ…。」

退職した企業の仕事ではありますが、自分が担当していただけに主人はその遅れが気になって仕方がない様子でした。

「外から見ただけだけど、どうも内装の方に問題があるんじゃないだろうか。」

それから数日後、主人が膝の治療のためにいつもの接骨院へ行くと、偶然にも前の会社で一緒に働いていた現場監督さんと待合で一緒になったというのです。

その監督さんと主人は何度も一緒に仕事をしてきました。
年齢は違うのですが割と気が合っていたそうです。
監督さんは長年の腰痛に悩んでいて治療のために来ていたのですが、そこで主人は妙な話を聞かされました。

例の、改修工事を請け負った○○ビルの工事現場は、主人が失業してからも監督さんが一貫して担当していました。
主人が来ていた頃までは、何の問題もなく作業は順調だったのですが…主人が外れて以来、妙な出来事が続くようになったのだそうです。

最初の異変は、内装の壁が文字通り「崩壊した」のだそうです。
ビル自体は築数十年とかなり古かったので、誰も不思議には思いませんでした。
傷んだ部分の壁を補強して工事は進行しましたが、今度は別の場所で配管ミスが起こっていたのです。さらには電気配線が焼き切れた…など、次々に小さな障害が起り、その度に工事は少しずつ遅れていきました。

とうとうシビレを切らした社長(かなりワンマンな人でした)が現場に乗りこみ、作業員の皆さんを叱咤しようとしていた時の事です。

梯子が倒れたような音がした、と何人かが言いました。
物音を聞いて作業員が駆けつけると、部分的に崩れ落ちた壁があり、倒れた梯子のすぐ脇で社長がのびていた…と言うのです。
さすがにエンジニア用のヘルメットをしていたので大事には至りませんでしたが、病院に担ぎ込まれた社長はしばらく絶対安静を言い渡されました。

意識を取り戻した社長は
「梯子?あれは倒れた梯子なんかじゃない!誰かが、私の頭と背中を背後から殴りつけてきたんだよ!」
とわめいてやまないのだそうです。
結局警察が呼ばれて現場が調べられたのですが、状況はわからないままでした。

こうして工事は延びに延び、今に至っているそうなのです。
監督さんは、こんなことを言っていたそうです。

「あの現場ビルなぁ、お前に改修して欲しかったんだよ、きっと。だからお前をクビにした社長に仕返ししたし、今でも何かしらのトラブルを起こし続けている。
ビルの復讐なんて聞いたことないが…俺にはそんな気がしてならないよ…。」

主人はそのビルに因縁もゆかりもないので、いまだに頭をひねってばかりいます。
建物に魂や意思が宿る。そんなこと、あるものなのでしょうか。

セクハラおじさん

エグい話になりますが、若い頃、私はいわゆる「心をサポートしてくれる場所」に2年ほど通っていました。
そこには世代も状況も様々な人たちが集まって、カウンセラーと遊んだり楽しいことをしたりする場所でした。
今は日本にもそういう場所がたくさんあるかと思います。

私も最初の頃は、はしゃいだり楽しい気分で過ごしていたのですが、そこである年上の男性に出会いました。
そこのカウンセラーではなく、私と同じくそこに通うお客さんです。
20歳そこそこの私から見たら、いわゆる「男の子」というよりは「おじさん」とも言える年齢の男性でした。

何度か男性と一緒に遊んで楽しくしていたのですが、ある日彼と電話をしていると私に妙な会話をふってきました。
最初はあまりにもよくわからなすぎて、頭の中が「???」になったのですが…それはいわゆるテレクラのような、過激なセクハラ発言の連発でした。
私は当時20歳前後とはいえ、まだまだ見た目が幼いだけでなく世間知らずと言われるようなタイプでした。
なんだかよくわからなくて、しつこいので嫌だなと思い、カウンセラーにその男性のことを相談をしてみることにしました。
打ち明けてみると、そのカウンセラーは

「そんなことがあったんだね。…でも、ね?あの人はすごくいい人だと思うよ?」

とあまり取り合ってはくれませんでした。
しかしまだモヤモヤしていたので、もう一度違う日に詳細をさらに打ち明けてみました。
するとカウンセラーは

「そうかぁ。確かにちょっと…ああ!そっか!あなた、この前男の子みたいになりたいなーってその人にも言ったんでしょ?だからじゃない?あぁ、そっかー。あの人、気を使ってくれたんだ。やっぱりあの人、優しいなぁ~。」

と、本当に心から頷いた様子で何やら納得していました。
ちなみに確かに私はかなり男勝りな性格ですし、中性的な外見だといわれることが多いです。男の子になりたいなとも言った覚えもあります。
ともあれ、私の気にし過ぎかなと思ってもう何も言わないでおくことにしました。何もなかったことにしようと思ったのです。

その後、その施設に通う人たちの中から、信用できる人を選んで仕事を任せようという話になりました。
すると私が相談していたカウンセラーの推薦で、私にセクハラ発言をしていたおじさんが頼られました。
セクハラおじさんは、他のカウンセラーからも「すごく優しい人だよね」「あの人がいると、みんな明るくなるよね」と誉められていたので、満場一意での決定でした。

私へのセクハラおじさんの仕打ちは、その後も続きました。私は耐え切れなくなり、その施設へ通うことを止めました。
その後別の場所でカウンセラーに相談してみたら、その男性はあなたに訴えられてもいいほど酷い内容だとのことでした。

それから数年後、その施設の情報を何気なく見てみたら、あのセクハラおじさんのことが掲載されていました。
それは彼が
「苦労しているけど、がんばった”立派”な男性」
として、たたえられている内容でした。

私はセクハラおじさんの発言のおかげで、今もなお具合が悪く、仕事もできる状態ではありません。男性との会話が出来なくなってしまったのです。
そして私は母親にこの前
「お母さん。私ね…将来、男の人と結婚しないかもしれないんだ。でも、別にいいよね?」
ということをようやく打ち明けることができました。
すると母は、やさしい表情で「いいよ」と言ってくれました。

人間というのは一見してはわからない、裏の表情もあるのだなという怖さと、理不尽さを痛感した体験でした。

まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

yuzupiyowo

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング