家賃滞納者

俺は昔、不動産仲介の会社に勤めていたんだが、ある時、管理物件のオーナーから電話がかかってきた。

オーナーの物件の入居者が家賃滞納をしているらしい。

今月で二ヶ月分遅れているという。

入居者に電話をしても全く出ないと言うことだった。

その家賃滞納分を督促してくれという依頼だった。

で、早速俺は管理しているアパートまで行った。

滞納者の部屋の前まで行き呼び鈴を押す。

……反応なし。

しばらく呼び鈴を鳴らしたり、ドアを叩いて名前を呼んだりしたが、不在なのか全く反応がない。

仕方ないので、用意してきた督促状を郵便受けに入れるとその日は引きあげることにした。

その日から一週間、入居者からの連絡等はやはり無かった。

こちらも物件を管理している以上、家賃を取り立てなければならない。

入居者は独り暮らしの六〇過ぎのじいさんだったが情けはかけられない。

『今月末までに家賃滞納分をお支払い頂けない場合は強制退去して頂きます』

という旨の書面を作成すると、それを持って再びそのアパートへ向かった。

……呼び鈴を押すがやはり反応はない。

ドア越しだが部屋の中も生活をしているような感じがしない。

公共料金も払ってないのか電気メーターも動いていない。

「こりゃ、夜逃げだな」

そう思いながらも最後通告の書面を投函すると俺はアパートを後にした。

結局、月末まで待ったが入居者からの連絡はやはり無かった。

仕方ないので、その日管理キー(合い鍵)を持つと俺はアパートへ行った。

アパートの前に着くと事前に連絡しておいた、この物件のオーナーが待っていた。

「おそらく夜逃げですね」

「まったく、やられたなぁ」

二言三言会話を交わすと、俺とオーナーは部屋の中にどれくらい荷物が残っているか、汚れ具合や、改装にいくら位かかりそうかを見るために部屋の方まで行った。
合い鍵でドアを開ける。

ドアを開けた瞬間、何とも言えない臭いが鼻を突く。

一瞬で俺とオーナーには察しが付いたが、警察を呼んで間違いでした、じゃマズかろうということになり、とりあえず《遺体》を見つけようということになった。

嫌々ながら部屋に入ったが思いの外、臭いが強烈ではなかったので、実際はこんなもんなのか、と思いながら探索する。

部屋は2DKだったので、すぐに遺体は見つかるだろうと思っていたが見当たらない。

天井からぶら下がってもいないし、押し入れの中で干物になってもいなかった。

「ないですね」

「ないなぁ……」

何かの勘違いかとも思い始めたが、とりあえず探す。

俺が脱衣所の扉を開けた時、それまで微かだった臭いがひどくなった。

「オーナー、ここみたいですっ!」

慌ててオーナーを呼ぶ。

脱衣所には洗濯機が置いてあるだけだ。

「ひょっとしてバラバラにされて、この中とか……」

「……殺人事件?」

「臭いのひどさからして、間違いないから警察呼びましょう」

「……うん、そうやね……」

と言いつつ興味本位かのけぞりながらオーナーが洗濯機のフタを開けた。

恐る恐るのぞき込む。

「あら……?」

中には何も無かった。

じゃあ、この臭いの根源は?と思いつつピッタリと閉まっている風呂場のドアを見る。

おそらく今度は間違いないだろう。

心臓をバクバクいわせながら風呂のドアを開ける。

パッキンで上下を密封されたドアが開くと、ものすごい悪臭。

「うわっ!」

とっさに鼻をつまみながら涙目で風呂の中をのぞく。

浴槽の中には白いものがプカプカとドス黒い水の中に浮かんで……

どうやら、風呂に入っている時に死んでしまったらしい。

もちろん検死なんかできるはずもなく……

風呂場の密閉がしっかりしていた為、臭いが漏れなくて近所の人も気付かなかったらしい。

その後、部屋は風呂場を100万近くかけて改装。

今も貸し出し中……

児童失踪事件

ここ最近の不審者や変質者は昔のように怖くなくなってきたなーと思う。

露出魔が日常茶飯事過ぎて、問題にならないくらいの子ども時代だったよ。

小学校卒業までに、男女関係無く全員が露出魔と遭遇していたくらいだった。

たとえば、運動会に露出魔が出現して、徒競走の列に混じって走っていた時はさすがに怖かった。

露出魔に抜かれた自分は走るのをやめて避難してたけれど、先頭きって争って走っていた女子三人は露出魔に追いかけられる形になって泣きながら逃走。

ゴールした露出魔は集まった保護者にボコボコにされてた。

昔の不審者は本当に命の危険を感じるくらい怖かった。壊れ方が半端なかった。

親にしてみたら、今も昔もずーっと何も変わってないらしいが。



そこで、ある失踪事件の話を投下したい。
いつ頃の話や地域等々具体的にはふせさせてもらう。

自分宅も、通っていた高校の近くも、地域一帯の治安がよろしくなかった。

入学当初、親戚には「あそこは女の子殺されてるんだよー」と半ば脅かされていた。

親も心配になって自転車通学を許してくれなくて、高校三年間バス通学だった。

そんなある日、その近くで子どもの失踪事件が起きた。以下淳二(仮名)

身代金目的の誘拐ではなかったらしく、淳二がいなくなってすぐに公開捜査になっていた。

「アンタが小学校の時もあったわね~」と親も興味津々。

「小学校に未咲ちゃんって子、いたでしょ?」

「未咲ちゃんもいなくなったけれど、その日の夜の十時頃に巡回中の警察に保護されたのよ」

「緊急連絡網が回ってきた時はさすがに緊張したわよ」

「ふーん。でも、こんな騒ぎにはならなかったよね?」

「そうねー。この淳二のいなくなった場所から少し離れたところでね、未咲ちゃんは保護されたのよ」

「普通なら、小学生の歩く距離じゃないじゃん!」

「未咲ちゃん、まだ低学年だったのよ。ちょっと普通じゃないでしょう?」

(未咲ちゃん宅)―《五十分》―(未咲ちゃん保護)―《五分》―(淳二失踪現場)
※《  》は徒歩の場合

「それで、PTAが学校や未咲ちゃんの親に聞いたらしいんだけれど。道に迷ったってことで終わったわ」

「っていうか、話がそれたよー。淳二って子が問題だよ。早く見つかると良いね」

新聞やテレビでも、速報的な扱いで淳二の失踪事件を報道して協力や情報提供を呼びかけていた。

印象的だったのは淳二の親の名前・職業等が詳細に報道されていたこと。

テレビの映像でも警官や警察犬の数がやたらと多かった気がした。

うっそうと木が茂っているけれど、山の中でもないのに初動捜査にかなり力を入れていた。

自分も「あんな所でも子どもがいなくなるんだー。車通り激しいのに」とビックリしていた。

後日、淳二は失踪現場で無事に発見された。
失踪直前に淳二に接触していた人物も任意の事情聴取されたらしいが、否認。

淳二は失踪現場にずっといたと証言して事件性は無いとされて、報道も沈静化。

「おかしいよねー。警察犬が探しても、淳二が見つからなかったんだよ」

警察はあの初動捜査の段階でかなりの人数を投入していたのに、淳二を即保護できなかった云々新聞にも責められていなかった。

「何で、失踪現場にずっといたって淳二は言ったんだろうね?」

自分がそう聞くと、親はちょっと間を空けてこう言った。

「あんなの嘘に決まってるでしょうが。子どもが無事なら、それで良いの」

未だに、あのきなくさい事件は忘れられない。

お化けや幽霊よりも、そういう裏のある事件の方が怖い。

北海道姉妹孤立死の真相

この前TVで見た北海道姉妹孤立死のドキュメンタリー。

姉妹は四十代で、その内妹が知的障害持ってて自力で生活出来ない。

二人の収入は妹の障害年金:月七万円程度。

姉は妹の介護もしており、働きたくてもなかなか働けない上に、四十代というのもあって、面接受けまくっても雇ってもらえない。

病院で診てもらうも、原因不明の頭痛で体調も芳しくない。

姉は体調不良をおし、職探しと並行して妹を受け入れてくれる施設探しもしていた。

施設も職も見つからず、耐えかねた姉が三回に渡り区役所に生活保護の相談にいく。

だが元担当者は姉に考え直すように説得したり、

「職探しをしていると生活保護は貰えない」

など、何かと理由をつけて拒否。

姉は生活が困窮している事を元担当者に再三訴えるものの、渡されたのは申請書ではなく、障害者団体が作った非常食用の缶に入ったケーキ:十日分。

漸く姉はスーパーのレジ打ちのバイトが決まるも、妹の介護が必要で数日で辞める。

恐ろしい程寒い真冬の北海道で、料金滞納でガスは十一月末で止められたまま。

結局、生活保護を受けられず、姉は脳内血腫で急死。

妹はその後自力で生活出来ず凍死。

姉の頭痛の原因は脳内血腫の初期症状だった。

姉の携帯電話には、姉の死後妹が押したであろう111の発信記録。

遺体発見後も、いとこが引き取るまで一週間以上も引き取り手が見つからなかった。

この出来事だけでも相当後味悪いんだが、この中に区役所で姉妹の担当やってた奴のインタビューがあって、それがまたひどかった。

それで元担当者へのインタビューだが、

インタビュアー「どうする事も出来なかったのか」「姉達が苦しんでいる事は分かっていたのに」

元担当者「SOSを受け取る事は確実に出来る」

インタビュアー「ならば他に何か出来た事があったのでは?」

元担当者「だがこちら生活保護の押し売りは出来ない」「姉が『申請します』という言葉を言ってくれればよかったのに」

インタビュアー「……」

つまり、

姉「生活保護ほしいです」

元担当者「しんせいのじゅもんを いってください」

姉「妹が介護必須で職探しも難航しててとても困窮してます」

元担当者「じゅもんが ちがいます」

だから生活保護が出せなかった。

こちらから提案は出来ない。

『申請します』という言葉を言えば申請書あげたのに、自分は間違ってないと、あまりにひどい責任逃れの言い訳と屁理屈で見てるこっちも絶句した。

三回も相談に来て、このままじゃ生きていけないからと切実に訴えたのにな。

本当に必要で申請したいから三回も相談したのにな。

義理の母

僕は、二年間付き合った彼女と三年前に結婚した。

幸い子宝にも恵まれ、とても幸せな日々を過ごしている。

彼女は母親ゆずりの美人で、僕の自慢の妻だ。

義理のお母さんは年齢よりかなり若く見え、今でいう《美魔女》と言えるかも知れない。

二人が並ぶと姉妹と言っても通るんじゃないかな。

義理のお母さんは、彼女を出産したあと、不幸にも病気で夫を亡くしている。

生命保険の営業をしながら、女手一つで彼女を育ててきた立派な人だ。

僕の妻は、そんなお義母さんを尊敬している。

元々、左利きで血液型もAB型という、似た者親子である。

彼女は、「お母さんみたいになりたい」と、いろいろと真似してきたそうだ。

お義母さんみたいに髪の毛を伸ばしたり、洋服も青を好んで着ている。

体型もあまり変わらないので、二人は洋服を共有しているようだ。

キレイ好きなところも良く似ている。

リビング、キッチン、トイレ、バスルーム、どこもみんなピカピカに掃除している。

「お母さんがそうしてたから」

それが彼女の口癖だ。
僕はどちらかと言うとズボラな性格で、彼女とは正反対だ。

靴下を脱いでは脱ぎっぱなし。

それをすぐさま片付けるのが彼女である。

食器棚もきれいに整理整頓されている。

チリ一つ落ちていない。

うちの実家とは似ても似つかない。

やはり、親のしつけの違いなんだなと思い知らされてしまう。

二歳になる娘も、どうやらその血筋を受け継いでいるようだ。

妻の言う事を良く聞き、遊び終わったものはきちんとおもちゃ箱に片付けている。

将来は、きっと素敵な女性になるに違いないと思う親バカな僕であった。

僕は、そんな妻の頼みは極力聞くようにしている。

朝のゴミ出しも僕の役目。

妻はお義母さんと同じ生命保険会社に勤め始めたので、娘の保育園への送りは僕がやっている。

そして、彼女のお客さん第一号に僕はなった。

一家の大黒柱として、もしものときの備えは当然必要なことだ。

僕は、愛する家族のために頑張って働こうと思った。

お義母さんは早くにご主人を亡くして、一人で子どもを育てるのは大変だったと思う。

僕は、妻と娘のためにも長生きしなければ。

五歳になった娘は、やはり血筋なのか、妻と似てきたようだ。
なんでも妻のマネをしようとする。

そして口癖は「お母さんがそうしてたから」

ある日、娘のママゴトを見ていたときだった。

おもちゃのキッチン用品を取り出して、料理をしているようだった。

「誰のご飯作ってるの?」と聞くと

「パパの」と答えた。

なんかとても嬉しくなった。

何を作ってくれるのか楽しみだ。

鍋の中に、何かを入れる仕草をしていた。

「何を入れてるの?」と聞くと、

彼女は「クスリ」と答えた。

「料理にクスリを入れるの?」と聞くと、娘はこう答えた。

「お母さんがそうしてたから」

そうか、そうだったのか……

なんか最近、体の調子が悪いと思ってたら。

僕も、お義父さんのようになるのかな……

お義父さんも、僕と同じでズボラだったのかも知れない。

だから、きれいに掃除されてしまったのかな?

妻がやることは、お義母さんがやってきたことなのだから……

まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

yuzupiyowo

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング