宇多田ヒカルの老けっぷりがヤバイと話題に!5年ぶりに復帰した歌姫に何があった?

宇多田 ヒカル(うただ ヒカル、1983年1月19日 - )

日本の女性シンガーソングライター。本名、宇多田 光(うただ ひかる)。愛称はヒッキー(Hikki)。

ニューヨーク州出身で、デビュー当時はアメリカと日本の二重国籍だったとされるが、自身は生粋の日本人と公言している。

1998年から2002年にかけて、従来よりポピュラーに洗練させたR&Bのテイストを持つ音楽を発表し、日本のR&Bブームの発生に対して大きく寄与した。日本の音楽史上、最多の売り上げを記録した『First Love』を筆頭に、オリジナルアルバム歴代売上の上位トップ2を独占している。

宇多田ヒカルの代表作 Automatic - YouTube

出典:YouTube

2010年 - 2015年(活動休止期間)

2010年8月9日、同日付の自身のブログで年内をもってアーティスト活動を無期限休止することを発表した。「来年から、しばらくの間は派手な『アーティスト活動』を止めて、『人間活動』に専念しようと思います」と宣言し、「2年になるか、5年になるか、わからないけど、一回り大きくなって帰ってくるから。少し時間をください」とファンに呼びかけ、同年秋には新曲も含めたシングルコレクションを発売することを明らかにした。

「人間活動」について、「50歳くらいになったとき、マネージャーなしじゃ何もできない痛いおばさんにはなりたくなかった」「できればボランティアとか人と関わることようなことを外国でやりたい」「おばあちゃんになるまで生きたい。そのときは日本にいたい」と語った。

5年のブランクを経て復帰

シンガー・ソングライターの宇多田ヒカルが、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』主題歌として毎朝流れる「花束を君に」のミュージックビデオ(MV)に全編にわたって出演したことが1日、わかった。3月にアーティスト活動再開を発表後、近影は公開されているが、公式映像は本人監督/出演のMV「Goodbye Happiness」(2010年11月)以来、約6年ぶりとなる。

 「花束を君に」のMVは、『とと姉ちゃん』のオープニング映像を担当した切り絵作家・辻恵子氏が手がけたアニメーションバージョンを4月に公開。ドラマ人気とあいまって、配信は50万ダウンロードを突破するヒットとなったことから、同曲が収録される約8年半のオリジナルアルバム『Fantome』(9月28日発売)のリリースを前に、新たに宇多田本人が出演するMVを制作することが決まった。

まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

けん

今、気になるトレンドやいまさら聞けない新常識を詳しく掘り下げます♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング