「奴隷君」 いじめでPTSD高3男子、同級生3人を提訴!毎日、Lineで「死ね」「ころすよ」

同じ柔道部に所属していた同級生から約1年半にわたって、いじめを受け、うつ状態や心的外傷後ストレス障害(PTSD)になったとして、福島県内の私立高校に通う元柔道部の男子生徒(3年)が同級生の男子生徒3人に対し、慰謝料などの損害賠償を求める訴えを福島地裁に起こしたことが分かった。

提訴は8月16日付。訴状などによると、生徒と同級生3人は2014年、柔道部の特待生として入学。しかし、生徒は入学間もない4月から、めがねを壊されるなど嫌がらせを受け始め、柔道部の練習後に顧問や上級生のいないところで平手打ちをされるなど、暴行を受けるようになった。

また、通信アプリ「LINE」を通じて「奴隷くん」と中傷され、指定のアプリをダウンロードするように指示されたり、「死ね」「ころすよ」などのメッセージを繰り返し送られたりしたという。

訴状では、いじめが学校内だけでなく、LINEなどSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を通じて、学校外でも行われた点を指摘し、「原告は気が休まる時間もなくその精神的苦痛は甚大」と主張している。

生徒は昨年12月に柔道部を退部。学校は生徒の親からの訴えで、同級生3人の行為を知り、いじめと認定したうえで、今年1月、3人を家庭謹慎処分とした。

朝日新聞の取材に対し、学校の校長は「いじめに気づかず、このようなことを起こしてしまい、大変申し訳ない」と話した。同級生の代理人の1人は「裁判中なのでコメントできない」としている。

ネットのみんなの反応は?

「学校が無視できないよう、しっかり証拠を確保しておきましょう」

「攻めの姿勢で良いじゃん!こういうのが普通になったらいじめ減るよ多分。」

「いじめで悩んでるみんな!証拠をつかんで裁判所にゴー。決して学校や教師に頼ってはならない!ヤツらは外圧に弱いから司法に訴えることが一番だと思いますよ!」

「とりあえず死ななくてよかった。良い前例になると良いと思う。」

「その手があったか!そうだよ、もっと公的権力に堂々と訴えていけばいい。」

福島県、過去のいじめ自殺に対する対応はこれだった

福島県会津若松市の県立高校で昨年9月、2年生の女子生徒が自殺した問題で、県教育委員会は22日、部活動内でいじめがあったことを認める一方、「いじめと自殺の間に直接の因果関係を認定するに至らなかった」とする第三者委員会の調査結果を発表した。

 第三者委員会の調査報告書によると、女子生徒は2014年夏ごろから部活動の先輩1人に叱責されたり無視されたりするいじめに遭っていたと認定。同年秋から学校を休みがちになり、昨年6月に休部したが、先輩が同年8月に部活動を引退してからは部活に参加していたという。

 先輩との接触は昨年6月からなく、成績不振など他の問題も抱えていたことから、委員会は「自殺にはさまざまな要因が考えられる」として、いじめが原因との断定は避けた。

 県教委は「生徒への聞き取りが十分でなかったため、いじめに気づけず、対応が不十分だった」と陳謝した。

 遺族には21日に県教委が説明。遺族は「報告書の内容をよく検討したい。いじめがこの社会からなくなってほしいと心から思う」と話した。

 今度は、被害者は死んでいない!しっかりと、法廷で何があったのかを世間に知らしめてやればいい!

頑張れ!


まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

けん

今、気になるトレンドやいまさら聞けない新常識を詳しく掘り下げます♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング