LINEアプリの「Letter Sealing」暗号化通信

まもなく鍵マークが表示されるようになります
LINE株式会社は31日、エンドツーエンドの暗号化通信方式「Letter Sealing」を、「LINE」アプリのグループトークおよび複数人トークへ順次適用するとともに、鍵マークを表示してトークルームが暗号化通信の対象か判別できる「Indicator機能」の提供を開始した。

 対象となるグループトークは50人以下のもので、Letter Sealingによる暗号化通信が順次適用されるとともに、Android/iOSアプリはバージョン「6.5」以降、Windows/Macアプリはバージョン「4.8」以降において、対象のトークルームに鍵マークが表示されるようになる。暗号化されるのはトーク内のテキストと位置情報のみとなるが、今後、暗号化の対象を拡大する予定。

“鍵マーク”がトーク画面や通話画面に表示されます。

2016年8月31日より順次適用
8/31から、より安全にユーザーの通信を守る暗号化通信様式「Letter Sealing」(レターシーリング)の対応を拡大し、オンであることを示す“鍵マーク”がトーク画面や通話画面に表示されます。 なお、この表示は数日間かけて順次適用をしていきます。

Letter Sealingって何?

LINEが提供する基本的な暗号化方式
モバイル時代の現在、すべてのメッセンジャーサービスやSNSにはメッセージを送受信・保存するためのサーバがあります。サーバは、ユーザーから送られてきたメッセージやその他の情報を受信者に転送する役割をします。受信者にすぐ送れない場合は、サーバはそのメッセージを一定期間保存し、ユーザー宛に新規メッセージが届いたことをプッシュ通知(push notification)でお知らせします。

メッセンジャーサービスにおいては、サーバに送られてくるメッセージの安全性を保証するための暗号化が非常に重要な技術となります。LINEでも、サーバに送られてくるユーザーの様々な情報に対して、第三者による不正アクセスを遮断するため、メッセージの暗号化を実施しています。ユーザー端末のメッセンジャーとサーバとの間の暗号化通信の流れを簡単に図で表すと、下図のようになります。

まぁなんだか難しいですが、結局は暗号化技術がどんどん進化して、より安全になっている!ということは間違いなさそうです💦

Letter Sealing設定方法

基本的には初期設定で全ユーザーがオンになっています。

LINEの[その他]([…]アイコン)>[設定]>[トーク⋅通話]をタップ

[Letter Sealing]をタップ

注意事項

「Letter Sealing」が適用されたトーク内容が未読状態のまま機種変更を行った場合や、既読状態の場合でも、PC等のサブデバイスからのみ閲覧を行ったトーク内容については、暗号鍵が変更されるため、機種変更後の端末で該当のトーク内容を閲覧できなくなる場合があります。

そのため、未読メッセージを予め機種変更前のスマートフォン端末で閲覧していだくことを推奨いたします。

また、機種変更の際にLINEを長時間利用できなくなる場合(PC等のサブデバイスを利用していない場合)、機種変更の最中に送られてきたメッセージの閲覧が不可能になります。

その場合、機種変更時に一時的に「Letter Sealing」をオフに設定することで、機種変更の最中に送られてきたメッセージを機種変更後の端末で受信することが可能です。

「Letter Sealing」を有効にしておくと、メッセージのポップアップ通知の際にメッセージの詳細が表示されなくなります。。。

しかし、暗号化したやりとりができるためセキュリティ面では向上するのは間違いありません。

基本的には有効にしておいて良さそうです。


まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

mirai

世界中を旅する人生って素敵☆彡

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング