※内容注意※生駒山に息子と登った時にあったこと。全て脚色なしの実話です

GWに生駒山(いこまやま)に息子と登った。

4歳になったし行けるだろうと思い、気軽にハイキングすることにした。天気も良かったし絶好のハイキングびよりだった。

石切駅(いしきりえき)から2人でゆっくり上り始めた。こういうのもたまにはいいな~と思いつつ、山道に入っていくと前からハイキング姿の綺麗な女性が下ってきた。

オレは「こんにちわ」と言うと向こうも、笑顔で会釈してくれた。息子は「知ってる人?」って無邪気に聞いてきたので、山ではこうするものなんだって教えた。

と、その時通り過ぎて行った女性が、凄い勢いでオレを抜かして行ったかと思うと、息子に駆け寄り、ガシッと抱きあげると山道を走り出した。

息子は何が起こったかわからず「とうちゃ~ん!」と叫んだが、女は凄い勢いで山道を登っていった。

オレは親の直感でヤバイと思い、追いかけた。しかし、日頃の運動不足がたたってか、脚がなかなか思うように動かない。女は凄い勢いで登っていく。

息子が泣き顔になるのがわかった。

オレはここで息子を見失うと一生合えないんじゃないかと思い、死ぬ気…いや子を持つ人ならわかると思うが死んでもいいから、息子を取り返そうと思い走った。

女はなにか叫んでいた。

「ひしきえみしのゆりえの~」

覚えてる限りではこんな感じだった。息子は完全に泣いていた。オレは胸が締め付けられる思いだった。

しかし、人間必死になるとなんとかなるもので、手を伸ばせば息子に届くところまできた。もう心臓はバクバクしてるし、脚はガクガクしてきた。喉はカラカラだった。

女が振り返り、距離を確かめてきたが、オレがすぐそこにいるのが分るとスピードを上げようとした、ここで引き離されると二度と追いつけないのが分ったので、オレは全身をバネにしてタックルした。

これくらいなら息子も軽傷で済むはずだと考えた上でのことだ。
ガクン!

タックルは成功した。女は前のめりに倒れ、息子は少し前に放り出された。オレはすかさず、女の上にマウントポジションを取ると、髪の毛をつかみ上げ

「どういうつもりだ」

って言おうとしたが、声が出ず声の代わりに女の顔面にゲロを吐いてしまった。

女は「きゃああああああああ」と叫び暴れまわったが、後のまつりだ。オレは最後の一滴まで女にぶちまけると、女を放して息子に駆け寄った。

息子は泣くのをやめて「大丈夫?」って聞いてきた。オレは笑顔で「大丈夫だ」と答えた。

それから、もう一度女に近寄ると、自らもゲロを吐いていた。オレは近寄るのも嫌だったが、首根っこをつかまえて

「どういうつもりだ」

って言うと

「あいさつしなかったから…」

「はあ?」

「あいさつしなかったから、おしおきを…」

オレは度肝を抜かれた、息子が「こんにちわ」って言わなかったから折檻するつもりだったっと言うんだ。

しかし、これはやり過ぎだ!って言うと「あなたもやり過ぎだ!」と逆切れされたので、オレはカッとなってゲロまみれの顔にビンタを一発くらわしてやった。

女はワ~と泣きながら、山を降りていった。その時にオレは見てしまった。彼女の背中の首元に、

「この人物は皆様にご迷惑をおかけするかもしれません。もし、なにかあった時は下記までご連絡願います。OOOO-OOOO××」

連絡しようとしたが、やめた。
息子に

「怖くなかったか?」

と聞くと、

「父ちゃん来たから怖くなかった」

と答えやがった。オレは息子を抱きしめふたりで生駒山を登りはじめた。

おわり。全て脚色なしの実話ですよ~

実家の近所に薄気味悪い精神病院がある

実家の近所に精神病院がある。幼稚園児のとき、親に危ないから近づくなといわれてた病院。

事実、塀は高いし30年近く前は木々が鬱蒼と生い茂って、建物はボロい上に日中でも閉門された廃屋を思わせる趣で、爺様に鉄格子のある怖いところだと聞かされていた。

それでも2000年前後から少しずつ改修されたらしく、以前よりは不気味な感じは減って、聞くところによると認知症の年寄りなども受け入れているらしかった。

2011年の秋頃、仕事の関係で丑三つ時に帰宅し、小腹が空いたので病院のななめ向かいに出来たコンビニに行くことにした。

薄暗い街頭の下、車椅子に乗った青白い老婆が病院の方からキコキコと音を立てて車道を進んでいく。病院から50m以上離れていたと思う。

えっ?一人?何でこんな時間に車道を?と引きつつも、コンビニに歩いていくと、真夜中過ぎにも関わらず病院の門は開かれ、病院の明かりもついてて門の前で看護師さんたちが何人もウロウロしていた。

珍しいなー、と思いながらもコンビニで買い物をすませ、店を出るまで3分もたっていなかったと思う。

店を出て、元の道を歩く際にふと病院を見たら真っ暗。門もいつもどおり閉門してて、静まり返っていた。

あれ?2-3分で車椅子の老婆を回収して閉門して消灯?と猛烈な違和感を覚えて小走り気味に帰宅後、夜食を食ってると家の前の道を何度もキコッキコッと車椅子が往復する音が聞こえる。

翌日も真夜中に車椅子の音に起こされて、タバコを吸うついでに表に出たが誰もいない。そのままコンビニに夜食を買いに行ったら病院はやはり閉まっている。

10日くらい続いたら車椅子の音も聞こえなくなったが、いまだに気になっている。
528:本当にあった怖い名無し:2013/08/28(水)23:59:52.24ID:qiOjjxcS0
その病院はなんなの?


530:本当にあった怖い名無し:2013/08/29(木)01:54:11.71ID:G7QUyteE0
>>528
ちょっと薄気味悪い精神病院だよ。

実はこれを書き込んだのは先日ちょっとあってね。

小学生の頃、父方の祖父母の家の近所の団地に住んでてね。共働きだったこともあって、春夏休みは祖父母の家にあずけられたし、ファミコンもあったから毎日のように入り浸ってた。

で、中学進学直後、母方の祖母が病で入院することになって、介護や爺様の面倒を見るために母方の祖父母の家に引っ越し。

半年後にその祖母が亡くなり、直後に親父の横領も発覚して離婚。親父は会社に横領がバレて、半月くらい逃げ回った後、逃げるように離婚したから、あいさつとかもろくになかった。

親父に会う気は毛頭なかったが、祖父母には可愛がってもらってたし、小学生時代の友人もたくさんいたから時々遊びに行ってた。

お袋に話すと面倒になりそうだから、子供心にその辺は黙っていたが…

高校、専門学校と進学したあと、県外に就職が決まって報告に行ったのが2003年くらいだったかな。

一応、ケータイの番号は知らせていたが、特に連絡を取り合うこともなく仕事も忙しかったから疎遠になっていた。

2011年頃、仕事の関係で地元に戻った際、面倒だと思ってたずねなかったら件の車椅子に遭遇。

それから年が明けてすぐに県外転勤。

先週末、所要で1年半振りに実家に電話した際、2012年の3月に父方の祖母が亡くなったという連絡があったことを聞かされた。何でも認知症をわずらい車椅子で入院生活を送った末、亡くなったらしい。

色々あってケータイの番号を変えていたから、向こうも連絡が取れなかったんだろう。

それで仕方なく母方の実家の方へ連絡をして、俺に連絡を取りたがっていたが、うちの爺様はとぼけてケータイ番号を教えなかったようだ。

真夜中に遭遇した例の車椅子とは関係ないと思いたいが、葬式はおろか、今の今まで亡くなったことも知らず、のほほんとしていた罪悪感から吐き出してみた。

ちなみに父方の祖父母なんだが、俺が小学生の頃、祖父が連帯保証人になり、俺の親父とその弟(叔父)、その知人で会社をおこすも、ノウハウも経験もない畑違いの業種ゆえに、資金繰りは悪化して倒産。

代表取締役だったその知人はさっさと自己破産してさようなら。連帯保証人の祖父は、家屋敷から何もかも奪われ、払いきれない借金の山だけが残った。

それでも祖父か祖母だったかが存命中は住むことを許されたそうだ。

その後、親父は別の会社に就職するも横領がバレて逃亡し借金の山。叔父(独身)もこれまた借金の山と正にどん底状態。

父方で唯一の孫は俺だけになるんだが、中学の頃だったか、遊びに行った際に祖父母が出かけるからと留守を頼まれ、何となく祖父の書斎に行ってみた。

祖父の部屋には本棚に無数の書物、そして角に机と椅子だけ。

取り合えず椅子に腰掛け、壁を見ると、何やら紙が幾重にも貼り付けられ妙にこんもりしているから気になってめくってみたら、壁に赤く呪の文字が書かれ、中心に自己破産した男の写真が張ってあった。

しかも心臓の部分に釘が打ち込まれ、紐を首にくくりつけて、首吊りのような形でドクロのキーホルダーがくくりつけられていた。

祖父の本性に引きつつめくった紙を元に戻す際、その上に貼り付けてある紙もよく見たら、呪殺祈願(じゅさつきがん)やら怨やら、死死死やら、恐ろしいことが書いてある。

急いで元に戻して部屋を出た後、居間でTVを観て帰りを待っていた。

しばらくして祖父母が帰ってきたら、祖父はにこやかな笑顔。でも本性知ってる俺にはむっちゃ怖い。取り合えずその日は逃げるように帰宅。

その後も祖母に会いに行っていたが、祖父とはじゃっかん距離を置いていた。

んで昨年、散々可愛がってくれた祖母の葬式不参加はおろか、連絡をしなかったことで俺も祖父に憎悪されているのではと思うと正直怖い。

【人の怨念】似た住所の同姓の人の郵便物がたまに誤配送される。

去年の話。

似た住所の同姓の人の郵便物がたまに誤配送される。いつも黙ってポストに投函し直していたが、ある日、誤配送された封書を自分宛と思い込み開封してしまった。

中身は結婚式の招待状だった。が、案内状は真っ二つに破られていた。そして、メモ帳に

「犬畜生 お母さんに謝れ」

と書かれたものが入っていた。宛先も送り主も同じ苗字の女性。

手紙の方を読んだら、もう少し事情を知れたかもしれないが、怨念のこもった犬畜生の文字が恐ろしく、そのまま郵便局に届け出た。

その夜、眠っていると物凄い雨音で目が覚めた。と言うか、雨に打たれていた。気が付くと私は真っ暗な中で雨に打たれながら

「〇子ー!〇子ー!」

と知らない名を怪鳥のような声で叫んでいた。すると遠くから、別の女の声で

「オカァサーン!オカァサーン!」

と叫ぶ声が聞こえて来た。

そして2人の声が一気に呼応して次の瞬間、破裂した。グワァァァァァン!と凄まじい余韻。気が付くと目の前に仏壇があり、リンが共鳴している。でもうちに仏壇はない。

今度こそ目が覚めた。
真っ暗な部屋。
右隣に主人が寝ている。
良かった…
なのに左隣にもいる。
左の耳もとに中年女の声

「くやしい…お母さんがどれだけ苦労したか…」

今度こそ気絶した。

朝になっても部屋の中が薄暗く感じられて恐ろしかったが、3日くらいで嫌な空気は消えた。なんとなくだけど、しがらみ背負った結婚式だったんだろうなと思う。

ちなみに、誤配送の相手の家とは今でも面識はない。

【怖い話】それをきっかけに俺は塾はやめました

俺が消防だった頃の話。

近所の小さな珠算塾(ソロバンね)に通ってた俺は、毎年、クリスマスの日の塾を楽しみにしてた。

クリスマスの日だけは授業をあまりやらずに、先生が8ミリフィルムの映画を子供たちのためにかけてくれるからだ。

アニメが主体で、「がんばれタブチ君」とか、ディズニー映画、チャップリンの映画などを見せてもらう。それが終わったら先生がお菓子をみんなに分けてくれる。毎年、すごく楽しかった。

しかし、俺が小学6年だったその年はいつもと様子が違っていた。

10畳ぐらいのスペースの小さな教室で生徒は13人くらいいただろうか。先生が映写機に8ミリをセットすると、教室の照明を全部消し、映写が始まる。

シャーーッという機械の音。手製のスクリーンに光が映る。ところがいつまでたってもお目当ての「がんばれタブチ君」が始まらない。

「あれ?おかしいなぁ。ちょっと待っててくれよ」

と先生が言って、何か道具を取りにいくのか教室を出て行った。
まだ回りっぱなしの映写機は、真っ白な画面からしばらくすると突然、何かを映し出した。女の子。俺らと同年代くらいの女の子が元気いっぱいに公園らしきところで遊んでいる。

俺らもよ~く知っているその女の子。そう、先生の娘さんだ。趣味の8ミリカメラで撮ってあげたものだろう。

俺たちは急に怖くなった。なぜならその女の子は1年程前に病気で亡くなっているからだ。

いつもはバカ騒ぎばかりしている俺たち生徒は、一言もしゃべらず、なにかスクリーンから目をそらすようにうつむいている。

3分くらいたっただろうか。ようやくフィルムが終わって、映写機が自動的に止まった。レンズからの光も消えて、教室内はまた、真っ暗に。

一番前の席に座っていた生徒が暗闇に耐えられなくなったのか、席を立って、「スイッチどこかな?」と照明のスイッチを探し始め、こちらを振り返ったその時、後ろの席のほうに指をさして、泣き声とも叫び声ともつかない声を出しながら、教室を走り去った。

堰を切ったように教室の全員が無言で出口に向かって走り出した。

集団ヒステリーってやつだと今になって思い込むようにしてるが、それでも未だに腑に落ちないのは、あの時、最後に教室を出た生徒(仲のいい友達だった)は、塾の出口でものすごい力で先生に腕をつかまれて「逃げるんじゃない」と、すごい形相で言われたらしい。

それをきっかけに俺は塾はやめましたが、その塾自体はまだ営業中。

【洒落にならない実話】窓の外に人の顔が。心霊写真かと思いきや…

30年程前の洒落にならない実話。

当時、だいぶ下火になっていたものの全国的に心霊ブームで、週刊誌でも「心霊写真」コーナーなるものが普通にあった。

女子大生だった私の友人は、学生アパート住まいの女友達の部屋でパジャマパーティー(ねまき姿での飲み会、当時流行っていたw)をやっていて、盛り上がりった勢いで写真を何枚か撮った。

現像が上がってくると、その内の一枚の窓の外に人の顔が。いかにも心霊っぽい不気味な顔がボンヤリ写っていて

「げっ!マジで心霊写真じゃね!?(((;゜Д゜)))」

と、私の友人が某全国雑誌に投稿。採用されて、結構大きく(しかも顔部分の拡大写真付きで)掲載された。

でもそれは心霊写真でも何でもなく、そこの学生マンションの引きこもり気味だった大家の息子がベランダに入り込んで、友人達の様子を覗いていたのが偶然写真に写り込んでしまっただけだった。

マンション住人の友達は、その息子の顔を知らなかったが、それでもご近所や知人には息子の顔を見知っている人もいた。

だからいくらピンぼけでも、拡大写真で大きく載ってしまったので、あっという間に特定されて、覗き見がバレて息子はその後、完全に引き込もって後に自殺。

マンション友達は覗き見騒動の時に、いたたまれなくなって解約して、すでに出ていたので、息子の自殺にはリアルタイムで遭遇していない。

けど投稿した本人である私の友人の方は半分ノイローゼみたいになってしまったよ。

まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

yuzupiyowo

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング