尻切り事件の真相は?何かと話題のサマーランド一時休園!

首都圏ではこのCMが毎日大量に流されていたが・・・。

首都圏ではこのCMが毎日大量に流されていたが・・・。

 首都圏の方はなじみのある、夏と言えばサマーランド。

しかし、報道でご存じの通りあってはならない事件が発生した!これを受けて、シーズン真っただ中で一時休園という措置に追い込まれた同園。
毎日、毎日多額の広告費をかけてCMを流してきたのに、これは大きな痛手となりそうだ。

この事件を含め、最近このサマーランドがらみの話題がいくつかあったので、まとめてみました。

歴史のある元祖テーマパーク『東京サマーランド』

東京サマーランド(とうきょうサマーランド)は、東京都あきる野市にあるテーマパーク、およびその運営会社。

昭和42年に屋外型の大型施設として開園。人気の元祖テーマパーク

昭和42年に屋外型の大型施設として開園。人気の元祖テーマパーク

事件の起きた、1時間おきに高さ70cmの波が押し寄せる遠浅のプールが人気が高かった。

8/21に発生した『尻切り事件』 東京サマーランド

事件当時の東京サマーランドのコバルトビーチ

事件当時の東京サマーランドのコバルトビーチ

ネットでは、世界で一番混雑するという噂まである同園。普段から、痴漢などの被害が後を絶たなかった・・・・。

21日午後1時20分ごろ、東京都あきる野市のテーマパーク「東京サマーランド」で、警備員から「お尻を切られて出血している人がいる」と110番通報があった。警視庁によると、18~24歳の女性客8人の水着が切れて尻などに傷を負ったといい、福生署が傷害事件として捜査している。


 署などによると、現場は「コバルトビーチ」と呼ばれる屋内プール。1時間置きに約3分間、人工的に波が出る仕組みで、午後1時の波の中で遊んでいた女性2人がプールから上がって痛みを感じ、けがに気づいた。さらに、午後2時の波で遊んでいた6人も同様の被害を訴え出たという。

■東京サマーランド、犯人は「子供」か?
 ・サマーランド切りつけ 「子供にやられた」 当時は満員電車ほどの混雑


東京都あきる野市の遊園地「東京サマーランド」のプールで21日午後、女性9人が尻や下腹部を相次いで切られ軽傷を負った事件。
一部の被害者が「近くにいた子供にやられた」と話していることが22日分かった。

 警視庁によると、けがを負ったのは18~24歳の女性9人。
現場は人工の波が出る「コバルトビーチ」というプールで、当時は満員電車ほどの混雑だったという。
カミソリのようなもので切られた痕があり、約10センチの傷があった女性もいた。

 「身長180~190センチの男が逃走した」との情報がある一方、被害者の一部が「近くにいる子供にやられた」と話しており、警視庁では傷害容疑で捜査している。

実は上記の事件を認識していたはずだが、パニックを避けるためだとして通常営業を続けた対応に批判が殺到!

「なんで施設側はなんのアナウンスも避難勧告も出さなかったの?」 「切りつけ事件発生も営業継続とは... 犯人逃走中なのに」

「最初2人の被害訴えでは、事件ではないと考えた」
被害発生後の東京サマーランドの対応が明らかになると、ニュースのコメント欄などでは、こんな疑問や批判の書き込みが多くの支持を集めた。

8月21日は、猛暑の日曜日ともあって約1万4000人の入園者があり、今シーズンで4番目の人出となった。被害のあった屋内のコバルトビーチは、流れるプールとして人気で、1時間おきの人工的な波が出るときは、満員電車のような混雑だったという。

東京サマーランドなどによると、この日13時からの波の後に、若い女性2人がお尻を切られたと被害を訴え、傷が大きくて事件性も捨てきれないため、警備員が20分後に110番通報した。コメント欄では、警察がプールサイドで14時の波の警戒をしていたとの報告もあったが、実際には、女性の友人らから警察が話を聞いていたという。

この時点で場内アナウンスをしたり、営業を中止したりしなかった理由について、サマーランドの企画宣伝部では、J-CASTニュースの取材に次のように説明する。

「この時点では、切られたかははっきり分かりませんでした。お客さまが持っておられるプラスチック片で切ったけがなども過去にありましたので、今回もそうした可能性があり、事件ではないと考えていました」
しかし、14時からの波で、今度は6人が似たような被害を訴えた。夜になって被害を訴えた1人も含めて9人の被害者は、18~24歳の女性で、中には10センチも切られたり、下腹部を狙われたりしたケースもあった。プールから出て被害に気づく人が大半だったという。

「パニック状態を防ぐため、アナウンスしなかった」

■上記の様な批判が殺到し一時休園に!



女性客9人が尻などを切り付けられる傷害事件が2016年8月21日にあった東京サマーランド(東京都あきる野市)が、被害をアナウンスせず通常営業も継続したことにネット上で批判が相次いでいる。一方、サマーランドでは22日、安全管理体制が整うまで23日から休園することをホームページ上で明らかにした。

事件発生直前に問題なったイレズミ対策

「時間とお金の無駄」と強気の煽りが大炎上となった

「時間とお金の無駄」と強気の煽りが大炎上となった

 東京都あきる野市の東京サマーランドがブログで告知した刺青・タトゥーの入園規制に賛否両論の意見が寄せられ、東京サマーランドは11日にホームページで謝罪した。


東京サマーランドは、9日に刺青・タトゥーの入園規制の告知を「時間とお金は大切に」というタイトルで公開。「イレズミを身体に入れる自由があるようにイレズミの方の入園をお断りする自由もあるのです。パーティー会場やゴルフ場なんかでもドレスコードがあると思いますがそれと似たようなもので当園が決めた当園のルールです」と8年前から実施している入園規制をあらためて説明した。また、「イレズミ等のある方はサマーランドを利用することはできないので来ても時間やお金の無駄になる」、「イレズミのあるお父さんやお母さんと一緒に来たちびっ子は本当に気の毒です」、「お子様のためにもイレズミの方はサマーランドの利用をあきらめてください」と強い表現を用いて理解を求めた。


まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

けん

今、気になるトレンドやいまさら聞けない新常識を詳しく掘り下げます♪

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング