モンゴルのコーチがリオオリンピックレスリング3位決定戦で判定に納得いかず裸の抗議

 ◆リオデジャネイロ五輪 レスリング フリースタイル男子65キロ級3位決定戦 ガンゾリグ・マンダフナラン(モンゴル)7-8イフティヨル・ナフルゾフ(ウズベキスタン)(21日・カリオカアリーナ2)

 終了寸前の警告で敗れ銅メダルを逃したモンゴルのガンゾリグ・マンダフナラン(30)のコーチ2人が、服を脱いで判定に抗議し、パンツ一丁となってしまう珍事が起きた。

 試合終了直前。モンゴルのガンゾリグが7-6でリード。残り5秒間を相手を挑発しながら逃げ回ったのがまずかった。戦意なしとして終了後に相手に加点。7-7となり警告数の差で逆転負けになった。

 勝ったつもりが敗れてしまいあぜんとするガンゾリグ。マットに顔を伏せてショックをあらわにした。コーチ陣は審判席に詰め寄り、この判定についてチャレンジ。審判団から説明された何かでスイッチが入ってしまったのだろう。1人のコーチが服を脱ぎながら猛抗議。上半身裸になり、シューズを両方脱いでマットにたたきつけた。観客席は大盛り上がり。当初たしなめていたもう1人のコーチも脱ぎだし、審判から提示されたレッドカードもなんのその、今度はパンツ一丁に。脱いだ服を審判団の机に乗せてしまった。当然判定が覆ることはなく。チャレンジ失敗でさらに1点が相手に加算され、7-8となった。

 ガンゾリグはナフルゾフと握手をしてリングを下り、コーチ陣は係員に連れ出された。

 脱いだ理由についてコーチの一人は「これは抗議だ。レフェリングに問題があった。モンゴル国民300万人が銅メダルを待ち望んでいたのに」と説明。勝ったナフルゾフは「彼は逃げようとした。あってはならないことだ。相手も、そのコーチもリスペクトできない」と言い切っていた。

リオオリンピックレスリング判定に抗議…問題のシーン動画

【五輪】モンゴルのコーチが激怒、パンツ一丁で抗議 男子レスリング65キロ級3位決定戦 - YouTube

出典:YouTube


まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

kashi

面白そうな記事を更新していきます。




アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング