窓を舐めるおじさん

昔住んでたアパートのこと。

ロフト付き木造の1階、日当たりもまあまあで3年ほど住んでたんだ。

風呂トイレ別、リビング、ロフト、廊下にキッチンの、フツーの一人用住宅って感じ。窓の外は空き地だったけど、引っ越す直前にはまたアパートが建つみたいだった。

引っ越す原因を話すと必ず笑われるけど、霊感(霊体験共に)ほとんどない俺にはスゲー衝撃的な出来事だった。

今からでいえば5年くらい前の12月くらいだったかな。寒くて毛布にくるまって寝てた。

トイレに行きたくて起き上がったんだが、ロフトの天窓にチラチラ映る影が見えたんだ。よーく見たんだが、どうにも人っぽいから、泥棒だったら懲らしめないとって思ってロフトに上がって窓を見上げたら・・・
ハゲたオッサンがペロペロ窓を舐めてるんだよ。内心、は?って思ったし、尿意が引っ込んだ。

怖いとかいう以前にキモチワルイし、上半身裸のハゲたオッサンがずっとペロペロペロペロ窓を舐めてる。

フザけんなと思って窓にゴミ箱を投げつけたら、ニタァーって笑ったあと、またすぐにペロペロ舐め続けてる。

気持ち悪くて警察を呼ぼうと思って、携帯を探してたらそのオッサンが消えてた。

ムナクソ悪い出来事だったし、またきたら今度こそ警察呼んでやろうと思って天窓を睨みながら待ってたら、いつのまにか朝になってた。

窓にはナメクジが這ったような跡が窓についてて全身に鳥肌がたった。

とりあえず仕事に行って、次見かけたら警察に言ってやろうと思って天窓をたまにチラチラ意識することがあったが、それ以来オッサンを見ることはなかった。

その日から1年くらいたって、アパートで来週から外壁の塗装をするってチラシが入ってて、そういえば天窓、ずっとテラテラしたまんまだったな、ついでにそうじしてもらえないかな、なんて思いながら仕事に行った。

そっから普通に生活してたんだが、ある日帰ってくると、その塗装会社?から手紙が入ってて、内容が

「窓に汚れがあったのですが、中心が削り取られたようにヘコんでいます。このままだと割れる恐れがあるのでガラス交換をオススメします。」

と、こんなことが書いてあって、気持ち悪すぎて吐いた。

あのオッサン、もしかしたら入ってこようとしてたのか?何のために?舐めてたのは窓を音もなくゆっくり溶かすためだったのか?なんてこと考えてたら居心地が悪くなって、そこから引越しを決めるまで1回も家に帰れなくて会社で寝た。

こうやって書いてみると霊現象じゃなくてただのキチガイかもしれんなあ…。

ただ本当に怖くて、今でも天窓がある家にいくと、そのオッサンがニタニタしながら窓を舐めてるんじゃないかって、ゾっとする。

普通じゃない隣人トラブル

2年前の話。

今もいる所なんですが、木造の小さいアパートの2階に住んでいて、部屋は8畳一間。中から見て玄関の左にトイレ、右に台所があるよくあるタイプの貧乏畳部屋。

その日はとても暑く、バイトもやめて真っ昼間から部屋でまったりしていたら玄関の方から「〇〇さん」と小さな女の声がした。

また宗教か…って思いながら「はぁい」って、だるそうに振りかえって玄関を見ると、台所のすぐ上の小窓からこっちを見てるやせた年配の女がいた。


「あのぉ~そこからのぞかないでもらえます?今玄関開け『うるさいので』…!」

おれがしゃべってる最中に割って「うるさい」と言われ、半分体を起こした状態で少し驚いて固まってしまった。

「下のヨシノ(少し偽名ね)ですが床がキシム音がうるさいので静かに歩いてください」

そう言うとこっちの返答も聞かずにさっさと下へおりて行った。もちろん小腹はたったが同時に少し違和感を感じてた。

そこで気になった事が2つ。おれは神経質で部屋の中を歩く時は隣人に気を使い常につま先歩き。下に音なんてまず聞こえっこない事。もう1つが下に人は住んでいない事。

何はともあれ怒りを押さえるため床を一蹴りかまし、その日はのんびり家で過ごした。
そして翌日。あまりの暑さに目がさめた。とりあえずテレビをつけた。

「〇〇さん」

…あの声だ。見ると小窓から、首から上だけを覗かせた「ヨシノ」がいた。落武者の生首を思わせる目覚めには最悪の絵ずらだった。

「音がうるさいので小さくしてください」

「音!?」

体をゆっくり起こすと、またすぐさま消えた。

テレビの音がうるさい?…疑問に思った。テレビをつけてたった1~2分。しかも深夜にテレビを見てたためにボリュームは限りなく小さい。

とどこからか音が聞こえる。うちじゃない。隣かと思ったが違う。外に出てみると下からテレビの大音量が聞こえる。「ヨシノ」の部屋からだった。え?

ドンドン

「すいませーん。こっちこそうるさいんですがー」

…出てこない。

自分でうるさくして…なぜ?もーなんだかわけわからんかった。部屋に戻り頭をかかえて悩みながら、また知らずの内に寝てしまった。。。

『うるさい!!!』

!!ビクッとオレは飛び起きた。

ぼうぜんとしてる中、下へおりる鉄階段のガンガンした音が響いてる。何が起きたのか理解も出来ず、ふと時計を見ると夜中の1時。

「なんだよぉ~今の音はぁ…?」

時間がたつにつれ昼間のあの声だと理解した。

「あのDQNいいかげんにしろよ…」

A型のおれは朝まで待って下の部屋に行った。そこでまず外側にまわって見たら洗濯物が干してあった。

「いつの間にか人が入ってたんだな…」

と疑問を一つ解決できた。雨がざんぶりにも関わらず、洗濯物を干しているのは少し気になったが。

ドンドンッ

「すいませんヨシノさん!上の〇〇ですけど!」…

ドンドンッ

「いるんだろーが!」

…反応がない。カギもしまってる。

とりあえず雨もチパチパ飛んでくるし周りにも迷惑なので撤退することにした。

そして雨がざんざん降る中、昨日とほぼ同時刻ドン!ガンガンガン何かが木製のドアにぶつかった音と急いでおりる階段の音。まさかと思い速攻で玄関に走った。

ガチャ

誰もいない。ただドアに濡れた紙切れが貼ってあるだけだった。えんぴつで書いた汚い走り書きの文字で

「うるさいうるさいうるさいうるさいうるさい死ね死ね死ね死ね死ね死ね」

あら失礼な!そらもーブチギレですよ。
ドガドガドガッ

「おらぁ!出てこいよ!!直で言えよおめぇはよぉ!!」

その瞬間ドアが勢いよく開き、中から中年の男が飛出すなりおれに叫びながら襲いかかって来た。

「お前がぁーーうるさいからぁーー!!!」

おれは肩をつかまれ後ろにあったチャリンコに激しく押付けられた。すると周りの住人がやっと出て来てこの中年DQNを取り押えた。。

都合よく警察も登場し、ドラマさながらに雨の中DQNは消えて行った。おれも事情聴取で消えてった。隣人のねーちゃんが通報したらしい。

翌日、不動産屋がオレの部屋をチェックしに来た。下の部屋にもれる音を調べに来たらしい。


不「やっぱり音に問題ないなー。」

やっぱって?

俺「っていうかあの下のやつはどうしちゃったんですかね?」

不「あー、こっちにも10分に一回は苦情があって大変だったよ」

俺「え、なんで連絡くれなかったんすか?」

不「ん~…なんかね、物が壊れるぐらいの騒音で眠れないって。ありえないでしょ?でも連絡ぐらい入れるべきだったね。ごめんね。」

俺「そー言えば、ばぁさんは一緒に署にいってるんですか?てかあれ母親?」

と聞いた。

不「母親?〇〇さんは1人だよ。茨木から単身で出て来たみたいね」

ゾクッとした。

俺「…いやっ、てか下の人「ヨシノ」って人ですよね?」

不「?いや〇〇さんだけど…なんで?」

グワッっと全身に鳥肌が立ち耳鳴りがした。

この後もちろん王道の賃貸前歴を聞いたが、仲の良い知人からの紹介でもあったし、それはないと言う事でした。

以上。長々失礼でした。あんまり怖くなくてすまん。

ただ名前を聞いた時ほんとにきつかった。あれ以来小窓は閉めたまま。でもあんなはっきりくっきり見える物なのか?では

オカルト好きで怖いもの知らずの俺が完璧になめて瑕疵(かし)物件に住んでみた結果wwwwwwwwww

オカルト好きで怖いもの知らずの俺が、完璧になめて瑕疵(かし)物件(事故物件等)に住んでみた話だ。

物件は駅から徒歩10分、2LDKで3万5千円。この地域の相場の半額だ。不動産屋で、瑕疵物件で安い所を探してると言って見つけた。本当に出るらしい。

あまりに回転率が激しいため、敷金礼金は無しだという事で即決した。荷物は最低限にした。すぐ逃げれるようにだ。実際、段ボール2箱。

以下、その時の記録。記録は次の日に書いてた。
1日目:特に異変なし。トイレの電球が切れる。

2日目:部屋中が、なんか臭う。(なにかが腐った臭い)トイレの電球交換。

3日目:臭いが増してる。消臭剤を大量に置く。トイレの電球がまた切れる。

4日目:消臭剤が効かない。不動産屋にTel。トイレの電球また切れる。人生初の金縛り。

5日目:不動産屋が調査。とりあえず排水管のそうじを専門業者に依頼するとの事。

電球が切れてない事が判明。消えた理由調査で電気屋に来てもらう。結果、異常無し。

金縛りに合う。耳鳴りがひどい。

6日目:職場で、話した事もない事務員さんに「あなた憑いてますよ」と言われる。知ってますよと答える。

部屋にいる間中耳鳴り。部屋は臭い。トイレの電球消える。

実家で記録。
結果、7日目で退去。時間は未確認だが、寝ていると金縛りで意識が起きる。目を閉じてるはずなのに見える。

視野の下から顔が出てきた。閉じてる目にはその姿をそらす方法はなかった。多分若いであろう女性。目はない。

口を開け近づいてきた。噛まれると思った。が、耳元で「なんでころした」そう聞こえた。

言葉に出せない俺は心の中で俺じゃない俺じゃないと叫びながら気を失った。

朝、目覚めて荷物をまとめて退去した。不動産屋からは自殺だと聞いていた。退去後すぐ電話し、確認したがやはり自殺だと言われた。退去の事を伝えると鼻で笑われた。

馬鹿な俺は、その足で警察に行った。一部始終話した。話を聞いてくれた警察官が笑いをこらえた表情で、「ご協力ありがとうございます」と言った。

後日談はまだない。

【不思議】毎晩ムネの苦しさで目を覚ます。扉の向こうには人影。そこには自分自身が立っていた。

自分のじゃなくて叔父の体験談だけど…

当時独身で一人暮らしだった叔父さんがある晩、寝室で寝ていると胸を締め付けられるような苦しさで目を覚ました。

叔父さんは何となく違和感を覚えて室内を見渡したそうだ。すると、叔父さんの寝室の扉には擦りガラスの小さな窓みたいのが付いてるんだが、そこにうっすらと人影のようなものが写っていた。

泥棒だ、とっさに叔父さんはそう思った。

叔父さんは仕事中はずっとタバコ吸ってるかコーヒー飲んでるかの生活で、体重は100キロ近くという不健康ボディだったが、柔道だったか空手だったかの有段者。

包丁やナイフを持ったぐらいの素人の泥棒ならボコボコにする自信はあったらしい。「誰じゃいゴラァァア!!」と叫びながら寝室の扉を開けた叔父さんだがそこには泥棒なんかいなかった。


代わりに白い人の形をした靄のようなものがいた。そしてそれは叔父さんの前で消えていった。

ここが叔父さんの凄いとこで「ンだよ、泥棒じゃねぇのかよ!なら俺を起こすンじゃねぇ!!」とか思いながら寝直したそうだ。

しかし次の日もまた胸の苦しさで目を覚まし、擦りガラスに人影が写っていたので扉を開けると、叔父さんの目の前で消えていく。これが毎晩の様に続いた。

2週間も続いた頃、精神的に参るのが普通だが、叔父さんは参ってはいなかった。もっとも睡眠不足気味で肉体的には若干参ったらしいが

「次に現れた時は扉開けずに無視してやる!絶対負けねぇ!!」

と奮い立った。
ある晩、またいつもの様に叔父さんは胸の苦しさで目を覚ました。案の定、擦りガラスの向こうには奴がいる。

「オレは人を半殺しにしたことならあるが殺したことはねぇ、なんで幽霊に怨まれなきゃならん!」

と寝不足の怒りをパワーに変えると扉を開けたい衝動をグッとこらえた。その間にも胸の苦しさは強くなっていく。

そしてそれに比例するように擦りガラス越しの人影は濃くなった。まるでピンボケの白黒写真が徐々にピントの合ったカラー写真になっていくように。

さらにそいつはドアノブをガチャガチャ回し始めた。胸の激しい苦しさと正体不明の相手との睨み合いに全身からは嫌な汗が滝のように噴き出す。

人影が肌色は悪いがガッシリとした体格で水色の服を着ていて左手でドアノブを回しているのが分かるくらい濃くなった時に、叔父さんの胸の苦しさは限界に達した。

がまんできなくなった叔父さんはベッドの上から這うようにして進んで寝室の扉を開けた。連日の経験から扉を開ければ苦しみから解放されると思ったのだ。

果たして扉の向こうに立っていたのは叔父さん自身だった。叔父さんと全く同じ姿形、水色のパジャマを着ているのまで一緒だった。

自分と違う点と言えばひどく体調が悪そうで肌色も悪く、目には生気がなく、苦痛に歪み助けを求めるような表情をしていた。

「いや、これこそが今の自分自身の姿なのかもな」

そんなことを考えていると扉の向こうの叔父さんはいつもの人影と同じく溶けるように消えていった。そしていつの間にか胸の苦しさも消えていた。その晩は結局そのまま朝まで起きていた。

朝一で職場に欠勤する旨を伝えると仕事が忙しくない時期だったこともあってすんなり許可された。叔父さんはそのまま病院に向かった。

なぜそうしたのか、それは叔父さんにも分からなかった。ただ本能的にとしか言えないという。叔父さんは丸一日かけて入念な検査をしてもらった。

検査の結果、叔父さんは極度の狭心症(きょうしんしょう)を患っていて心筋梗塞の手前だと診断された。

「お宅のように一人暮らしだと寝てる時に心筋梗塞を起こして、誰にも気付かれずにそのままポックリってパターンもありえたよ」

と医者に言われてゾッとしたそうだ。

その時に叔父さんは全てを悟ったそうだ。オレは毎晩発作を起こして死にかけてたんだ。そしてオレの体から魂がどんどん抜けていってた。

だが、そこはオレの魂。死んでたまるかとばかりにドアノブに捕まり寝室の扉の前に止まり続けてた。オレが扉を開ければ魂は体に戻りオレは生き返る。

そりゃ扉を中々開けなければ魂はどんどん抜けていくから胸の苦しさも強くなるわな。その後、叔父さんは食事療法と投薬治療で完治。

今ではその頃からするとかなり痩せてるし心臓も元気、何より叔父さんの体を気にかけてくれる奥さんもできた。

最後に叔父さんの一言。人間ドックとかは絶対に定期的に受けた方がいい。

【驚愕】鳥の巣から人間の骨が出てきた。


まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

yuzupiyowo

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング