毎年起こる海でのハプニング

夏休みシーズンとなり、海も海水浴客でにぎわいますね!!


サーフィンやダイビングを楽しんだり、海の家でおいしいものを食べたり、
楽しみが尽きません!!

そんな楽しい海ですが、夏になると事故が増えるのも事実。


クラゲに刺されたり、沖に流されて怖い思いをした…という人もいるのではないでしょうか?


そんな時、ちょっとした知識を知っているだけで、大きな事故を未然に
防ぐことができます。


今回は海でのハプニングに対する対処法を7つご紹介します!

1•もしもクラゲに刺されたら!

クラゲは8月のお盆あたりから10月くらいまで大量発生します。

刺される人が後を立たないクラゲですが、刺されないためには、
「クラゲ除けローション」を塗ったり、ウェットスーツやラッシュガード
を着て海に入るのが一番です。

それでも、万が一刺されてしまったら、素早く海から上がりピンセット
などでクラゲの触手を抜いてください。

しかし、素手で引き抜くのは危険なのでやめましょう!


その後、40度以上の熱い砂を患部にかけてから、海水で洗い流してください。

ただ、これはあくまで応急処置ですので、すぐに病院に行きましょう。

2•気づいたら沖に流されていたら

大前提として、なるべくライフセーバーのいる海で泳ぐことが大切です。


しかし、ライフセーバーがいる海ばかりではないのが現状ですよね。

もしライフセーバーがいない海で沖まで流されてしまったら、体制を整えて、
顔をしっかり水面から出して呼吸します。


もし浮き輪などがあれば、それにしっかり掴まって体力の消耗を最小限に抑えましょう。

そのうえで岸と平行に泳いで、沖向きの流れから抜け出すことが大切です。


間違っても、岸に向かってまっすぐ泳がないでください。

これは、ますます沖向きの流れに巻き込まれてしまう危険性があります。

また、近くに人がいるようなら、大声で助けを求めたり、手を振るなどして、
SOSの合図を送りましょう。

3•サメを見かけたら!

もしもサメに遭遇したら、まずは慌てないことが大事です。


サメは水しぶきに敏感に反応するので注意してください。

ただ、サメは空腹でなければ、人を襲ってくることはめったにないため、
落ち着いて、水しぶきを立てずに静かにその場を離れましょう。

しかし、サメが攻撃してきた場合は、サメの急所である目や鼻先を思いっきり
殴ってください。


サメに噛まれてしまったら、指をサメの目に入れてください。
サメが驚いて離してくれるかもしれません。

4•もしも溺れてしまったら


まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

yuzupiyowo

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング