「飛行機の中にお医者さんはいませんか?」

「飛行機の中にお医者さんはいませんか?」


そんなセリフ、テレビ以外で聞いたことはあるだろうか。


夏休みの時期に入り、飛行機で旅行に行く人も多いと思われる。
ここ数年、エコノミークラス症候群を心配する声も多々あがっており、
他にも長時間に渡るフライトで体調を崩すこともあるかもしれない。

ある現役の外科医が、「飛行機の中にお医者さんはいませんか?」というコールを聞き、
出て行ったことがこれまでに2回あった。


そのエピソードとともに、新しくANAとJALが導入するものと、既に導入した
「飛行機の医師登録制度」についてまとめる。

「ドクターコール」とは?

これまでは飛行機の中で急病人が発生した場合、
「お客様のなかにお医者様はいらっしゃいませんか」という、アナウンスが
機内全体にされ、医師がいる場合には名乗り出るというスタイルだった。


これがいわゆる「ドクターコール」である。

飛行機の「医師登録制度」とは?

この「ドクターコール」よりも確実に、機内で医師を確保し診療してもらう
ためのシステムが「医師登録制度」だ。


果たしてどんなことをするのだろうか?

これはあらかじめ医師がANAやJALなど航空会社に「私は医師ですよ」と登録しておき、医師が搭乗する際には機内のキャビン・アテンダント(CA)などスタッフが座席を把握しておいて、いざ急病人が発生したら「ドクターコール」を機内放送で流すかわりに登録した医師に直接声をかけ診療にあたってもらうというものです。JALは今年2月に制度を始め、ANAは9月からスタートする予定です。

ドクターコールに応じた時の話

以下は、この外科医がドクターコールに応じた際の出来事である。

一度目は筆者が医師になって4年目の駆け出しの頃、ヨーロッパの国際学会に発表に行く途中のフライトでした。英語のドクターコールがあり、私はすぐには反応しなかったのですが、おそらく名乗りでる医者が居なかったのでしょう、次に日本語のドクターコールがあったので立ち上がりました。調子が悪い人のもとへ駆けつけると、日本人のお客さんが椅子から落ちそうなほどぐったりしていました。そこで急いで一番前の小さなスペースでその方に寝てもらい、CAに救急バッグを持ってきてもらいました。
その方は意識がぼんやりとしていて、血圧を測定すると60/30とかなり低下していました。私は慌て、ざっと全身を診察しました。そして救急バッグから大急ぎで見つけ出した見慣れぬ針をその方に刺して「saline(生理食塩水のこと、点滴で使います)」とかかれたバッグの点滴をしたところ、幸い数十分で元気になりました。原因はおそらく迷走神経反射だったと推測しますが、機上の救急バッグだけでは何もわかりません。もしその方が心筋梗塞や脳梗塞など重病だったとしたら、私にはなすすべがなくそのまま死亡していたでしょう。
その時乗っていたのは海外の航空会社。外国人のCAから「もし緊急着陸が必要だったら、2時間後にロシアの空港に着陸できますがどうしますか」と言われました。これには本当に参りました。倒れた方が命に関わる病状かどうかなど、機内の限られた機器からの情報だけでは全く判断できなかった上に、ロシアのどんな空港に緊急着陸しどんな規模の病院が近くにあるかも不明だったからです。なんとなく大丈夫そうだったので、「大丈夫です」と答えました。しかしその後も、飛行機が目的地に着陸するまでは全く私は気を抜けませんでした。なにせ原因もわからないのですから、その方がいつ急変するとも限りません。私に出来ることは正確な「カルテ」を時間とともに書き、その後何が起きても対応できるようにすることだけでした。「何が起きても」とは、その後倒れた方が急変した時の情報提供だけでなく、訴訟などになった時の証拠という意味も含んでいます。ただの私の私的なメモがどれほど法的に有効かもわかりませんが。
二度目のドクターコールは、数年前にプライベートでヨーロッパに向かうフライト中で、その時も似たような状況でした。倒れたのが外国人の方だったので、下手な英語で問診をし点滴をして幸いすぐに良くなりましたが、私はやはり対応したあと着陸まで緊張状態が続きました。

機上で治すことは可能か?

お読みの医師なら強くご同意いただけると思いますが、乗客の方がなにか致命的なものを発症した場合にははっきり言ってほとんど治せません。もし致死的な状況でも医者がいたらなんとかなるかな、というのは、
・機内食などのアレルギーからアナフィラキシーショックになった場合のアドレナリン投与による救命
・突然の致死性不整脈(VTなど)になった場合の除細動(AED)による救命

くらいではないかと思います。筆者は救急のトレーニング(6年も前ですが)も積み日常的に外科医として働いていますから、一通りの救命行為は可能です。心臓マッサージ・気管内挿管を含む蘇生行為、止血、そして胸腔穿刺など。しかしそれでも、機内で出来ることはかなり限られるでしょう。
医師が急病人に対応する時は、「原因」を考えつつ「生命徴候(バイタルサイン、血圧や心拍数など)を安定させる治療」を並行して行います。ところが機内ではまずこの「原因」を考えるところが極めて困難です。機内には10数種類の薬とともに、いくつかの医療機器(聴診器・血圧計・挿管セット・パルスオキシメーター・AED)がありますがこれらで出来る診断はかなり少なく、「命が危ないかそうでないか」くらいしかわかりません。筆者は1度目のドクターコールに応じた際、「息苦しい」という訴えから緊張性気胸という病気を疑いました。これは肺に穴が開きそのせいで血圧が下がり死亡してしまうもので、もしそれだった場合には大急ぎで胸を少し切ってチューブを胸腔の中に入れる必要があります。しかしそれを診断するための聴診器で胸の音を聞こうと思っても、機内の「ゴー」というエンジン音で全然聞こえません。もちろんレントゲンも撮れません。幸いその方は緊張性気胸ではありませんでしたが、機内での診療にはそんな障害もあるのです。
「原因」がわからず出来ることは、
「血圧が下がったら点滴をする」
「呼吸が止まりそうだったら補助する」
「心臓が止まりそうだったらAEDをつけ、止まったら心臓マッサージをする」

位でしょう。

まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

yuzupiyowo

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング