大好物、何日連続で食べられる?

みなさんは、自分の”大好物”をどのくらい連続で食べることができるだろうか?

「毎日でも食べたいほど好き」だから大好物なのであろうが、さすがに
来る日も来る日も同じであれば、いつかは飽きてしまうかもしれない。

事実、好物を毎日食べていたら飽きてしまい、むしろその食べ物が
嫌いになってしまったという人もいる。

しかし世界には、同じ食べ物を、それも”何年間も”食べ続けている人がいる。

たいへん奇怪な病気だが、これを「選択的摂食障害」という。

選択的摂食障害とは?

チキンナゲットやポテトチップス、インスタント食品など、ごく限られた食品しか口に
できない病気を「選択的摂食障害」という。


特定の食べ物であることはもちろんだが、決まったブランド、決まった店の食べ物、
限定された調理法しか受け付けないのが特徴である。


それ以外の食品や食べ方を勧められただけで、背筋が凍る思いをするのだとか。

8年間ピザしか食べていない

イギリスに8年間ピザしか食べていないという女性がいる。


彼女は2歳の時からパスタとフライドポテト、そしてレモンジャムのサンドウィッチしか
食べなくなり、11歳以降からはピザしか食べなくなった。

しかも、様々な種類のピザを食べるのかと思いきや、
焼きたてて、チーズとトマトしかのっていないマルゲリータでなければ口にできないという。

18歳で、身体年齢が80歳

同じくイギリスの18歳の女性は、8歳の時から10年間、
インスタントラーメンしか食べていないという。


この極端すぎる食の偏りによって、彼女の体年齢はなんと80歳になってしまったそうだ。

なぜ、このような摂食障害になるのか?

なぜ、こんなに深刻な摂食障害が起きるのか。


その原因は多くの場合、幼少期の食事が影響していると言われている。


たとえば「白米」を食べて、味や匂いに吐き気を催したとする。

だが、親や周りの人間は単なる「好き嫌い」とみなして無理矢理食べさせようとする。

本人も努力しようとするが、どうしても身体が受け付けない。

やがてそれがトラウマとなり、特定のものしか口にできなくなるというのだ。


この状態に至っても、周りからは「偏食」や「わがまま」と勘違いされて、
長らく病気に気づかれないケースが多い。


まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

yuzupiyowo

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング