症例は世界でたったの35例

私達の生活に欠かすことのできない、”水”。


もしもこの水に、アレルギー反応が出たとしたら…?

水アレルギーとは「水蕁麻疹 」の俗称である。

実際はアレルギー性ではなく物理的刺激による蕁麻疹であり、極めて稀な症状で、
世界でも35例しかこれまでに症例がないという。


名前のとおり水に反応し、自分の体の涙や汗、唾液などにも反応し、
皮膚に水がかかるとおよそ15分後に当該部位が赤く腫れ、痒みや激痛を伴う。


この症状は2時間ほどで治まるが、患者は相当辛い思いをするという。


なお、アレルギー疾患ではなく皮膚疾患であるため、体内の水分は害をなさない。

現在の医療では、対処法はないという。

制約の多い生活

水の入ったグラスを持つ、かわいらしいこの女性。


彼女はアメリカ•ユタ州に住む女子高生のアレクサンドラ・アレンさん。


彼女がこの不思議な奇病に罹ったのは、12歳の時。

家族との旅行先でバスタブにお湯を張って入った際、全身に蕁麻疹が出て、
内出血や関節の痛みも併発したという。


以来、身体に水がかかると呼吸困難を起こすようになったというのだ。

彼女の生活は、極めて制約が多い。


水泳や、浴槽につかることなどは論外。

雨に降られることも、汗をかくことすらも御法度なのだ。

水分に長い時間触れていると、皮膚に異常をきたし、最悪の場合は
ショック死に至る可能性もあるという。

汗をかかないように、運動はクーラーで空調管理されている場所でしか行えない。


インタビューで彼女は次のように語る。

「精神的にも身体的にもとても辛く、厳しいです」

そこで彼女は、週に3回だけ短い時間の冷水シャワーと、汗をかかないように
体温を上げすぎないようにすることを強いられている。

肌が炎症を起こしてしまった際の痛みも、非常に辛いと言う。

「まるで紙ヤスリでこすられたような激痛が走ります。次第に痛痒くなってきますが、でも絶対に掻いてはダメなんです。もっと酷くなって、出血してしまうから」

汗のみならず、涙が頬を伝うことも危険なのだという。

病院でも原因が特定できず、類を見ない症例だったため、正式な病名が
判明するまでには時間を要したそうだ。

同じ病気の患者はアナフィラキシーショックで死亡してしまう可能性もあり、
年齢が上がるにつれてその危険性が増してしまうという。


だが、この困難な状況でも彼女はめげずに前を向いている。

「私は自分がラッキーだと考えるようにしています。他の難病と違って多少なりともコントロールできるし、耐えられるものだから......」

将来は海洋生物学者になりたいと語るアレクサンドラさん。

多くの人から励ましと賞賛の声が届いているそうだ。


まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

yuzupiyowo

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング