”エイズ世界一”

”エイズ世界一”

成人のおよそ3人に1人がエイズに感染しているという、小国スワジランド。

スワジランドはアフリカ南部に位置し、周囲を南アフリカとモザンビークに囲まれた、
総人口およそ125万人の王国だ。

経済発展の足枷

スワジランドで初のエイズ感染者がみつかったのは、1986年。

以来、長らく流行をし続けており、スワジランドの経済発展の足枷となっている。


1992年に妊婦のHIV有病率は4%だった。

しかし、2004年には実におよそ10倍の42.6%にまで上昇。

また、
15〜19歳の女性の有病率は28%、
25〜29歳の女性ではなんと56%にまで達しているという!!

平均寿命32歳

かつてスワジランドの平均寿命は、2000年の時点で61歳だった。


著しいエイズの蔓延により、2009年にはおよそ半分の32歳にまで急落。


また、世界保健機関の2002年の報告によれば、スワジランドにおける
死因の61%がエイズに起因しているというのだ。


この記録的数値は、1年間にスワジランドの国民の2%がエイズによって
死亡していることを意味している。

逆にこの国では、先進諸国において最も多くの死因を占める慢性疾患による
死亡者はわずかな割合を占めるに過ぎない。


例えば、アメリカにおいて全死因の55%を占める「心臓病」、「脳梗塞」、
「悪性腫瘍」による死は、スワジランドにおいて全体の5%以下となっているという。

このような凄まじい蔓延状況について、国際連合開発計画は

”仮に、スワジランドにおけるHIV/AIDSの蔓延状況がこのまま進行するのであれば、長期的には国家としてのスワジランドの存在に、深刻な脅威を与えるだろう”

と記している。

なぜ感染は予防できないのか

なぜ、ここまでスワジランドではエイズが流行しているのだろうか。

なぜ、感染は予防できないのであろうか。


それは、スワジランドの文化的背景が大きく影響していた。

スワジランドでは伝統的文化に反するとして、コンドームは普及が妨げられている。

一夫多妻制も当たり前で、女性は最低でも5人の子供を出産すべきとされている。


しかも男性においては、性的パートナーである複数の女性を妊娠させることが
必須とされているというから驚きだ。


まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

yuzupiyowo

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング