赤ちゃんが乗っています

車に「赤ちゃんが乗っています」と書かれたマークを目にしたことはありますか?

「ああ、あの車には赤ちゃんが乗っているんだなぁ…」という印象を抱くと
思いますが、よその車に赤ちゃんが乗っているからといって、私達は
どうしたらいいのでしょうか?

このマークを不快に思う人も…

ある調査によれば、このステッカーについて一分のドライバーは

「子供がいるという自慢」

「ノロノロ運転しても許してね、という甘え」

「子供がいるんだから気遣え、との一方的な主張」

と認識している人もいるとか。

確かに周りを走行するドライバーからすれば、どの車に赤ちゃんが乗って
いても、もちろん危害を加えるわけでもないし、「ふーん、それで?」
くらいの印象しかないかもしれません。

しかし、このステッカー。
子供を自慢するためでも、気遣ってほしいわけでもなく、とても悲しい
理由とともに作られたという説があります。

ステッカー開発のきっかけとなった悲しい事故

きっかけは1980年代、アメリカで起きたある交通事故といわれています。

ひとりの女性が高速道路を運転中、ハンドル操作を誤って事故を起こしてしまいました。

すぐさまレスキュー隊がかけつけ、大破した車の運転席から女性を救出。
病院へと搬送されました。

重体だった女性は事故から3日ほど眠り続けましたが、無事に意識を取り戻しました。

目を覚ました女性が最初に発した言葉に、医師や看護士は仰天したのです。

「わたしの赤ちゃんはどこ?」

交通事故を起こした車に乗っていたのは、女性ひとりだと思われていました。

実際には、女性の赤ちゃんも一緒に乗っていたのです!!

事故車両を改めて探すと…

慌てて警察が事故車両の中を改めて探したところ、後部座席の下で冷たくなっている
赤ちゃんが発見されました。


検死の結果、その赤ちゃんには目立った外傷もなく、もし母親と同時に発見
されていれば、助かった可能性があったそうです。

この事故をきっかけに開発されたのが「赤ちゃんマーク」

この事故をきっかけに開発されたのが、「赤ちゃんマーク」だったのです。

ステッカーは周囲のドライバーへ向けた注意喚起ではなく、万一緊急事態が
起こった際に、

「この車には赤ちゃんが乗っているので、一番に助けてください」

という救急隊へのメッセージなのです!!


まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

yuzupiyowo

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング