子供は、好奇心旺盛のため長時間じっと座っていることは難しいですよね。

ですが、その中には発達障害の一つである“注意欠陥・多動性障害(ADHD)の子が存在します。

またそれだけでなく、米国医師会により、「ADHDは子どもに影響する
障害、というだけでなく、大人になってから初めてADHDを発症する
可能性もある」という研究結果が発表されました。

ADHDの子供たちはどのように育っていくのでしょうか?

大人のADHDも、同じなのでしょうか?

『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者である、
立石美津子さんが“子どもと大人のADHDの特徴”について語りました。

「15人に1人」が発達障害の可能性あり…?

文部科学省の調査では、公立の小・中学校の通常学級に発達障害の可能性のある子が、6.5%(約15人に1人)いると推定されています。

上記のうち、症状の内訳としてはADHD16.2%、自閉症15.7%、学習障害(LD)14.6%などが挙げられます。

「子どものADHD」8つの特徴

ADHDの子供たちには、次のような状態が見られます。

(1)すぐに気が散る。

(2)落ち着かず、ひと時もじっとしていられない。

(3)席を離れなくても身体を常に揺する。

(4)手足をモジモジする。

(5)隣の子にすぐにちょっかいを出す。

(6)周りの物にすぐに触れたがる。

(7)大声を出すなど騒々しい。

(8)順番が待てない。

これらの状態だけ見ると、幼児はみんなADHDのように見えてしまいますよね。

見分けるためには、次のような定義がなされています。

<5歳児であるのに2歳児のように走り回るなど、実年齢と比較して極端に激しく強い。

その症状が6ヶ月以上続いている。学校や家庭など一場面に限定されたものではなく、どこでもその状態である。それが通常範囲を超えており、生活上で大きな支障を来たしている場合>

「大人のADHD」8つの特徴

大人になってからは社会性が身に付いてくるので、順番が待てずに泣き叫んだり、
物を投げたりする人はいないです。

そんな顕著な状態は影を潜めますが、それでもその土台となるものは
次のような形で残っています。

(1)提出物をなくす。

(2)忘れ物がひどく多い。

(3)優先順位がつけられずあちこちに手を出す。

(4)約束や決まりごとを守れない。忘れる。

(5)時間管理が出来ない。ルーズである。

(6)注意するとすぐにカッとなって興奮する。

(7)刺激を求める傾向がある。

(8)片付け・整理整頓が出来ず物が散乱している。

この世に“片づけられない人”はたくさんいます。

でも、単にだらしがない人は
「キッチンに食器が山積み」だったり、「洗濯物が洗面所に散らばっている状態」です。

これに対して、ADHDの人の散らかり方が違います。

台所に線香、流しにボールペンが転がっているなど「カテゴリーを無視し無秩序である」と言われています。

気が散りやすい特性のため、何かをしているときに、フッと別のことを思い出し、手に持っていたものをポイッとその辺に置いてしまいます。こうして“ごみ屋敷化”していきます。

まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

yuzupiyowo

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング