人気女性アナウンサーも発症したことから、
「自分も検査を受けようかな…」と考えている方もいるのではないでしょうか?

備えあれば憂いなしで、検査をして以上がみつからなければ安心できます。

しかし、やみくもに検査をしすぎるのも、実は怖いのです!!

検査をする度に被爆する

乳腺外科「ベルーガクリニック」の富永祐司院長は次のように語ります。

「マンモグラフィー検診を繰り返すと、その度に放射線に被曝するため、がんになる恐れが当然あります。自己検診などでいたずらに乳がんではないかと不安になり、特に問題がなくてもマンモグラフィー検診を受け、不必要な放射線を浴びた結果、かえってがんができるという悪循環もあります」

マンモグラフィー検診とは、乳がんを診断する方法のひとつであることは
有名ですよね。

X線撮影装置マンモグラフィーで乳房を挟みながら圧迫して、上下方向か
ら1枚、左右方向から1枚、乳腺・乳房専用のレントゲン撮影をします。

乳がんの初期症状である”石灰化”といった微細な異常も見つけることが
できるとされています。

ですが、その検診自体に発がんのリスクがあることは、日本ではあまり
知られていないのです!!

デメリットへの危機意識

実際、欧米では既にこの検診に懐疑的な専門家が少なくない。2009年、米国予防医学専門委員会は受診の不利益が大きいことから40代の女性にマンモグラフィー検診を推奨しないことを決定した。さらに2014年、スイス医学評議会の委員からなる研究グループが有力医学誌『ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン』に、「マンモグラフィー検診では死亡率低下の効果はない」と発表して、廃止勧告を出したのだ。

北海道がんセンターの西尾正道名誉院長はこう語ります。

「欧米でマンモグラフィー検診に疑義が生じているにもかかわらず、日本人は、そもそも放射線を用いた検診がもつデメリットへの危機意識が欠けています。放射線被曝による発がんのリスクは、昔から言われています。マンモグラフィーについてももっとリスクを知るべきです」

相良病院附属ブレストセンター放射線科の戸崎光宏部長もこう続けます。

「実際に診察をしていて驚くのは、『マンモグラフィーを受診すれば乳がんは必ず見つかる』と勘違いしている患者が非常に多いことです。

 日本では外国に比べ、マンモグラフィー検診の受診率が低かったため、その効果を期待した厚労省が最低でも50%の受診率を達成する方針を出しました。こうしたキャンペーンが行われる中で、マンモグラフィー検診のリスクが表立ってアナウンスされてこなかったことが、『マンモグラフィーは万能である』という誤解の背景にあるのでしょう」

日本人女性に向いていない!?

とくに”日本人女性”は、このマンモグラフィー検診に注意が必要だとか。

乳腺外科の富永院長はこう指摘します。

「日本人の女性は乳腺の密度が濃い『高濃度乳腺』の人が非常に多い。マンモグラフィー検診をすると高濃度の乳腺を持つ人は乳房全体が白く映りますが、がんなどの病変も白く映るため、仮に乳がんがあったとしても、それを見つけることは雪原の中で白ウサギを探すようなものです」

日本人女性の半数以上が高濃度乳腺であるといわれており、そもそも、
マンモグラフィー検診には体質的に向いていない人が多いのです。

さらにマンモグラフィー検診を行っている自治体の約7割が、こうした
高濃度乳腺によって異常があるかどうかが判別困難だったにも拘らず、
受診者に対して「異常なし」とのみ伝えているという実態が、読売新聞の
報道により明らかとなりました。


まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

yuzupiyowo

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング