天皇陛下が生前退位の意向。

生前退位は明治時代以降は行われておらず、江戸時代後期の光格天皇を最後に約200年間も行われていないとのことです。

天皇陛下が生前退位の意向を示されたことを受け、政府内では今後、皇室制度を定めた皇室典範改正の是非が焦点となりそうだ。

 現行制度には、天皇の退位に関する規定がないためだが、改正には慎重論も多いという。政府は、国民的な議論の高まりなどを見極めつつ、丁寧に対応する考えだ。

 皇室典範は、皇位継承について「天皇が崩じたときは、皇嗣(こうし)が、直ちに即位する」などと規定しているが、退位に関する規定はない。政府関係者は13日、「生前退位というのは現行制度に規定されていない。皇室典範の改正が必要になる」と指摘した。

いまさらですが、皇位継承の順位を確認しました。

皇室典範によると皇位継承は以下のとおり。

第一章 皇位継承

第一条  皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。
第二条  皇位は、左の順序により、皇族に、これを伝える。
一  皇長子
二  皇長孫
三  その他の皇長子の子孫
四  皇次子及びその子孫
五  その他の皇子孫
六  皇兄弟及びその子孫
七  皇伯叔父及びその子孫
○2  前項各号の皇族がないときは、皇位は、それ以上で、最近親の系統の皇族に、これを伝える。
○3  前二項の場合においては、長系を先にし、同等内では、長を先にする。

いろいろと難しい言葉が並んでいますが、実際の順位はこちらになります。

1位 皇太子徳仁 様

2位 文仁親王 秋篠宮様

3位 悠仁親王様

4位 常陸宮様 (天皇陛下の弟)

5位 三笠宮様(昭和天皇の弟)

ちなみに条文でもある通り、愛子様は女性のため、現在のところ皇位継承順位には入っていません。

生前退位でも元号って変わるの?


まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

ウィルキンソン

面白いと感じた記事をまとめていきます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング