暑ければ人間はぐったりしてしまいます。

これは動物たちも同様で、夏のお散歩にはあまり行きたがらないようなそぶりを
見せることはありませんか?

言葉で気持ちを表せないペットの身を守るのは、やはり飼い主です。

わんちゃん猫ちゃんの熱中症対策を、今日はご紹介します!

熱中症になりやすい種類

◯熱中症になりやすい犬の種類

マズル(鼻口部)の短い、短頭種と呼ばれる種類が熱中症にかかりやすいと言わ
れています。
フレンチ・ブルドッグやパグ、シーズーなどです。

犬は呼吸をすることによって、体温調節をしています。
なかでも短頭種は呼吸が浅く、熱い空気を体内に取り込みやすい体の作りをして
いるため、とくに熱中症に気をつけたほうがいいそうです。

◯熱中症になりやすい猫の種類

猫の場合は、ヒマラヤンやエキゾチック・ショートヘアーなどが該当します。

室温を25度前後にキープし、家で留守番させるときもエアコンをつけておきましょう。

特に、高齢や病気の動物は気温の寒暖差や高湿度にも弱いので、熱中症のリスク
が高くなります。
除湿機能などを上手に活用して、過ごしやすい環境を作ってあげましょう。

”熱中症対策グッズ”のここに注意しよう!

現在では、ペット用の熱中症対策グッズが増えています。

散歩でほてった体を冷やすには、タオルに包んだ保冷剤が活躍します。

保冷剤の入ったマットなどを使って体を冷やしてあげる方法もありますが、
やんちゃな犬猫はかじったりひっかいたりしてボロボロにしてしまうこともあります。

保冷剤の中身を誤って飲んでしまうことがあるので、丈夫な素材を使っているか
チェックするのはもちろん、はじめて使用する際は様子を窺うようにしましょう。

また、室内に水飲み場を多く設置することも、脱水防止につながります!

普段からあまり水を飲まない犬猫もいるので、水の減り具合をチェックしてあげましょう。

最初は犬猫用のミルクを水にまぜたりして、意識的に水分を摂らせる工夫をして
あげるのもいいですね。

散歩は無理しないで!

犬の場合は、朝や夕方に散歩に連れていく場合が多いと思います。
真夏は早朝でも気温が高い場合があるので、犬の様子を注意深く観察しながら
連れて行ってあげましょう。

わんちゃんのための飲み水や保冷剤を持参し、できるだけ日陰を選んで、
適度な休憩もとってあげてください。

水を入れたスプレーボトルがあると、体や道路を冷やすことができるので便利です。


まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

yuzupiyowo

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング