綺麗な背中は、女性なら誰もが憧れますよね。

しっとり、すべすべの滑らかな肌。

夏になれば、背中の大きく開いた服や、水着を着る機会もあるでしょう。
その時に鏡に映した自分の背中を見て、
「あれっ、こんなところにニキビがあったの!?」と初めて気づいたなんて経験は
ありませんか?

実は背中ニキビができる原因は、こんなところにあります。

男性ホルモンの分泌

肌は本来、自力で皮脂の量を調整する機能を持っています。
肌を守るために必要な量だけ、皮脂を分泌するのです。

この皮脂量の調整機能は、男性ホルモンと女性ホルモンの正常なバランスによっ
て、保たれています。

ニキビの原因となる皮脂詰まりは、このホルモンバランスが崩れたときに発生するんです!

皮脂分泌と毛穴詰まりを促す男性ホルモンが多く分泌されると、皮脂が大量に
分泌されて、毛穴に詰まり、ニキビができやすい状態になります。

毛穴詰まりを解消する効果を持つ女性ホルモンより、男性ホルモンが増えてしまうと、
ニキビができてしまうのです。

では、その男性ホルモンが多く分泌される原因は何なのでしょうか。

なぜ「男性ホルモン」が分泌されるのか?

その原因は、”生活習慣の乱れ”です。

睡眠不足・運動不足、偏った栄養バランスの食事や疲労、
また、精神的なストレスでホルモンバランスはすぐに崩れてしまうのです。

ホルモンのバランスが崩れると、副腎皮質からコルチゾールという、
男性ホルモンの分泌を増加させるホルモンが分泌されます。

このコルチゾールは、「ストレスホルモン」と呼ばれていて、体のストレスによ
って分泌されるものなのです。
「男性ホルモン」+「ストレスホルモン」により、皮脂が大量に分泌されることに……。

最悪の悪循環です。

背中は体の中でも、皮脂分泌が多い部分です。

皮膚が厚くできているため、肌のターンオーバーにも時間がかかります。
その分、毛穴詰まりやニキビができやすい部位でもあるのですね。

さらに、常に衣服と密着しているために通気性が悪く、蒸れて菌が繁殖しやすい
状況にあるのも背中ニキビの厄介な特徴の1つです。

背中ニキビと顔ニキビの違い

顔にもできるし背中にもできるニキビ。
困ったなぁと頭を抱えたいところですが、同じニキビでも決定的な違いがあるんです!

それは、「ニキビ菌の種類」です。

顔ニキビのアクネ菌は、健康的な人の肌に備わっている皮膚を保護する良質な
菌なのですが、背中ニキビのマラセチア真菌は、なんと”カビの一種”なのです!

マラセチア真菌も、体にもともとある菌ではありますが、皮脂を好む性質を持つ
ため、皮脂の多い毛穴にどんどん繁殖していき、ニキビを悪化させます。

そして、マラセチア真菌はカビ菌なので、1度毛穴に入り込むと、抗生物質を
病院で処方してもらわないと治すことができない、悪質な菌なのです。

また、 かゆみや痛みを伴わないため、「いつの間にかニキビができている!」という事態がおきてしまいます。

「かゆくないし、痛くもない。放っといてもいいかな?」
と、放置している人はいませんか?

できてしまったニキビを放っておくと、次のようなことが起こります。

背中ニキビを放っておくと…

◯マラセチア真菌が増える

できたばかりの白ニキビの段階では、まだマラセチア真菌は繁殖していません。しかし、その白ニキビの膿に入り込み、毛穴の皮脂をエサにどんどん増殖。

マラセチア真菌が増殖すると、ニキビは炎症をおこして赤ニキビとなり、ニキビの数も増えていくのです。

◯ニキビ跡になる

炎症をおこしたニキビと衣服が擦れると、ニキビに負担がかかることで、ニキビ跡になる可能性が……。

ニキビ跡になると、自分で治すことはほぼ不可能に。ニキビ跡を消していくためには、根気強い治療が必要になります。

まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

yuzupiyowo

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング