梅雨のジメジメで気分も落ち込む今日この頃…。
やっとそれも終わると思ったら、今年は猛暑でうだりそう!

そんな時は、スカッとする話で気分爽快になりませんか?

【スコッ】おっさんはいつの間にか近所から姿を消した。

665: 名無しさん@おーぷん 2016/04/03(日)13:15:03 ID:8j5
今から十年ぐらい前、私が未就学だった時に起きた、
「母には絶対に逆らうまい」
と誓った母の武勇伝。
動物の死にネタが入ってくるので苦手な方は回避で。

私は子供の頃、頭に超が付くくらいのド田舎に暮らしてた。
そこは母方の祖父の家で、広い庭でっかい狼みたいな紀州犬を飼ってた。
田舎だったから保育園なんてなくて、庭でその犬と遊ぶのが私の日課だった。
この子は雌の犬でめちゃくちゃ頭が良くて、大人しくて可愛い犬だった。
勿論、大きな犬だから頑丈な鎖で繋がれて、他に迷惑をかけることもなかった。

そんな犬を目の敵にしている性格の悪いオジサンが近所にいた。
うちの庭にいる犬にしょっちゅう文句をつけてた。
他にも犬を飼っている家庭は多いのに、何故か我が家にだけ執着しているみたいだった。

ある日、犬が三匹のまるい子犬を産んだ。
ちっちゃい子犬がかわいくて、私が子犬と遊ぶときは庭に子犬を放し飼いにしていた。
庭が凄く賑やかになってその日も子犬とはしゃいでいたら、ふとしたときに庭の生垣の向うにオジサンがニヤニヤ笑っているのが見えた。
(何してるんだろう)
と思った瞬間、オジサンがスコップに乗せた何かをポーンと庭先に投げ込んできた。




(ロープかな?)
とおもったら、なんと蛇。
私が小さかったからそう感じたのかもしれないけど、子犬なんて楽々と丸飲みできそうな大蛇だった。
怖かったけど足が震えてどうすることもできず、蛇に飛びかかろうとする子犬三匹を抱えてぎゃあぎゃあ泣くしかできなかった。

そんな私をみてオジサンは爆笑。
生垣向こうで手を叩いて笑っているのを今でも覚えてる
母犬はけたたましく吠えながら歯痒そうに鎖をがっしゃんがしゃん鳴らしてた。

666: 名無しさん@おーぷん 2016/04/03(日)13:16:28 ID:8j5
まさに阿鼻叫喚のただならぬ声を聞きつけたんだろう。
庭から少し離れた玄関の草刈りをしていた母が
「どうしたのー?」
なんて優しい感じでひょっこり現れた。

でも次の瞬間、その場の雰囲気がさっと変わったのがわかった。
多分、母の殺気だったんだろう。
世界が一瞬無音になったと思ったら、「ママーッ」とか私が叫ぶ前に
母が手に持ったスコップを振りかぶって蛇に襲い掛かってた。
そのままスコップを大蛇の頭に突き刺し、そしてそのスコップできゅうりを切るみたいに
スパンスパンッ!
と胴体を叩き斬った。

そしてそのままスコップでそのバラバラになった蛇の一部を掬い上げると、生垣にいったオジサンにそれを投げつけた。
悲鳴を上げながら逃げていくオジサンを
「おまえがぁああ!!」
と雄叫びを上げて追いかけてった。

後で聞いた話だと、
そのままタックルで掴まえてぶん殴って鼻の骨を圧し折ったらしい。
幸いにも蛇を投げ込む瞬間を見ていた人がいて、母は駐在さんに注意されるだけで済んだ。

オジサンはいつの間にか近所から姿を消し、犬は尊敬の眼差しで母を見つめ、子犬も母にだけは今でも絶対服従。

以上、母は強し、と実感した母の武勇伝でした。

【ぐうう】人生で一番いらないもの

620: 名無しさん@おーぷん 2016/03/20(日)19:55:55 ID:NLl
さんざんいびってきた義母が、死ぬ直前にやけに気弱になった。
夫も夫兄弟も仕事で到着が遅れていたからだと思う。

「今までごめんなさい。私の事恨んでる?」
って言われたから、
「当たり前だろボケがとっととくたばれゴミ」
と囁いた。
義母は
「ぐうう」
とか言いながらそのまま子供に誰一人会うことなく死んだ。

義母が大切にしていた昔の写真とかは破いてトイレに流した。
金になるものは全部金にした。
夫には
「全部天国に持っていきたいって」
と嘘をついたらあっさり信じた。

人生で一番いらないものが片付いてすかーっとした。

【墓場】マジでそういう思考でそれしか頭になかった。

509: 名無しさん@おーぷん 2016/02/22(月)11:20:54 ID:9JA
結構前なんだけど。
仕事が終わって買い物してチャリで帰宅途中、反対から娘が自宅アパートの敷地に入っていくのが見えた。
そしてなぜか知らない男がアパートの敷地に入っていった。
アパートは袋小路になっていて、基本住民しか立ち入らないんだけど、ちょっと複雑な地理なので間違えて迷い込む人もいるし、住人を訪ねる人だっているから、そこはあまり疑問に思わなかったんだけど…。

家につくと駐輪場に娘の自転車があり、鞄が入ったままで娘がいない。
(あれ~?)
と思いつつなんか物音がした気がして、アパートの建物の裏手に回ると、
男が娘に馬乗りになってた。




娘は抵抗していたし、顔に殴られたような跡と制服が泥だらけで、言葉にならない、イメージ的な感覚で頭が状況を理解して、
駆け寄ると同時に手に持っていたスーパーの袋で男の頭をフルスイング。
鮭フレークとかコーン缶とかオリーブオイルとか入っていたので、いい音がした。

このあたりから詳細は覚えていないんだけど、男が逆に襲い掛かってきたので、
男の顔を鷲掴みにして左の親指は鼻の穴に、右の親指は口角から唇の内側に突っ込み、夏みかんの皮剥くみたいに力いっぱい顔を割ろうとした。
↑ こんな状況って説明ではなく、マジでそういう思考でそれしか頭になかった。

結構な時間もみ合っていて、気づいたら周囲にほかのアパート住民と娘が二人、唸り声をあげて男の下半身に全力でくらいついている愛犬。
私は仰向けの男の鎖骨の上に座る形で全力で男の顔を剥こうとしていた。

娘たちに聞いた話では、私と上の娘の帰宅に気づいた犬が室内で騒ぎ出し、下の娘が玄関を開けると犬が飛び出していった(普段から敷地は袋小路なので、敷地内は犬は自由に走り回っている)と。
犬が吠えたり唸ったりする声が聞こえ、男の罵声が聞こえたので、下の娘が犬がよその人を襲っているのかと思い焦ってアパートの裏手に回ると、母が男を襲っている修羅場に遭遇。
ビックリして状況を呑み込めない下の子と、泣きじゃくって話にならない上の子。
騒ぎに気づいて出てきた他住人…。
誰も怖くて私と犬を止められず…。

警察が来た頃には私もだいぶ落ち着いて、というか客観視。
泣いてしゃがみ込む男の顔がみるみる腫れてきて、犬の咬み傷から血がダラダラ。
無邪気に娘たちの周囲を走り回っている犬を見て
(犬にお咎めがあったらどうしよう)
とか、
(これは明らかに過剰防衛だろうなぁ)
とか、別の意味で修羅場だった。

その後私と上の娘は病院へ行き、翌日警察へ。
特にお咎めなし。

男は痴漢の常習犯だったらしく、その後有罪で塀の中。
裁判には一度いった。

今は再婚して住まいも苗字も変わった。
でもあの時助けられた娘でさえ怯えた、私の豹変ぶりは夫には言えない。
まあ、警察官にさえ伝わらないバーサーカーぶりを信じやしないとは思うけど。

【復讐】O2-520 「今後の頑張りに期待します。」

520: 名無しさん@おーぷん 2015/02/28(土)04:37:32 ID:eVS
過疎ってるみたいだから書いてみるか。
死人が出てるんで閲覧注意ってことで。


小学校の頃、トイレに行ったってところからいじめが始まって、地元から逃れられなかった俺は高校卒業までいじめられてた。
その頃には話はどんどんでかくなってて、トイレに行ったからいじめられてただけなのに、
・あいつの顔が○○に似てる
・あいつはもともと病気だったから 
・あいつは隣国の出身だから
とか色んな噂が生まれるようになってた。
親は必死に俺をかばってくれたけど、多勢に無勢だったし地元の連中も田舎臭く、
「いじめは悪いかもしれないけどそのおかげで地域がまとまってるんだから」
と 俺 の 親 を なだめに来るババアがいたりしてどうしようもなかった。

ちなみに地元はとある企業の工場が立ってて、そこを中心に生活圏がある。
同期の親もそこの工員や、工場周りのお店とかで働いてるのが多かった。
つまり地元で生きていくとすると、そいつらとは一生離れられないってことだ。

なので受験シーズンに
「とにかく都会へ出ろ!田舎に留まってたら人間的にも狭いやつになる。都会で色んな人を見て来い。いろんな人生、社会を知ってでかい人間になってこい」
と言われ、必死に勉強して東京の大学へ行った。

東京での大学生活は楽しかったし地元のことなんかすっかり忘れてた。
だって田舎のクソ共のことを考えるよりも楽しいことがたくさんあって、時間がもったいなかったから。
同期で東京に出たのは俺しか居なかったのもあるけど。

そして無事に就職も決定、幹部候補生として素晴らしい待遇で取ってもらえた。
泣きながら両親へ電話したら、
「えっ!?××!?」
と驚かれる。
そこで気づいた。
俺の地元にあった工場が、その会社のものだったと。
そうしたらもう、昔の嫌な記憶がフラッシュバックしてきて…気がついたら、復讐したくてたまらなくなっていた。




521: 名無しさん@おーぷん 2015/02/28(土)05:05:53 ID:eVS
とにかく出世しようと努力して、結果が出るようになった。
ひたむきに働いてたおかげか周囲の女性からもちょくちょくお誘いがあったけど、最終的な目標に巻き込むのが嫌でそれなりのレベルに応じておいた。
そしてとうとう俺は復讐のステージへたどり着いた。

取締役工場長就任だ。勿論、俺の地元の。

地元へ帰って就任を報告したら大騒ぎ。
親父とお袋は
「良かったねえ」
と号泣して喜んでくれたし、祖父母も
「孫を見たいとも言ったが、お前の晴れ姿で十分かもしれん」
とまで言ってくれた。
ここまでは俺も嬉しかった。
問題は残りだ。

いじめた奴らの母に
「工場長なの!?これでうちの子も安泰だわ~」
と言われたり、いじめた奴自身は自分が何してたのか忘れてるのか
「昔みたいに仲良くやろうぜ!」
とピースしてきたり。
その他出るわ出るわ手のひら返し。
こいつらには罪悪感がないのかと絶望しかけたが、おかげで
「やっぱりこの田舎には復讐してやる必要がある」
と思った、これで覚悟が決まった。

俺が工場長になって最初にしたことは、この工場の閉鎖を申し出ることだった。
今となっては海外との繋がりもあるし、他の地域にも工場はある。
長年工場があったこともあって、工員の中には
「俺のおかげでこの工場が動いてるんだぞ」
とか、自分は偉いんだと思ってふんぞり返ってる連中もいた。
本社でもこの工場は
「微妙な黒字だけど、よそに移転したほうが良いレベル」
という判断が降っていた。
そこで俺は
「そこは私の地元だから、改善できる点がないかどうか地域ぐるみで考えてみたいです」
と申し出て、実質処刑人にもなりうる形で栄転したんだ。

相手は俺の地元のゴミ共だ。
昔俺をいじめてた奴だってたくさん工員になってる。
その親だって居る。
みんな揃って路頭に迷え。

そういうわけで
「この工場は地域も含めて改善できそうなところがないから閉鎖の方向でいいかも知れないですね」
と打ち合わせしてたら、現場のリーダー達から話があったのか、俺の家に工員たちが泣きつきに来た。
しかも俺と面識があった連中+親ばっかりだ。
工場長が地元出身の俺だからなんとかなるとでも思ってるのか、フランクに話しかけて来た。

バカA「頼む、工場長(俺)もこの街には愛着あるだろ?俺たちと青春時代を過ごした素敵な故郷じゃないか」 
俺「何を言ってるのかよくわからないですね」
バカA「ここに住んでたでしょう」
俺「青春っていうのは、上履きの中に犬のクソを入れたり、椅子の上に画鋲を置いたり、毎日罵声を浴びせたりすることですか?」

ここで空気が凍る。


522: 名無しさん@おーぷん 2015/02/28(土)05:06:12 ID:eVS
俺「どうなんです?」 
バカA「え、それはその…」 
バカB「当時は俺達もバカだったからさ、今は出世してるじゃん、これでお互い水に流してさ…」
俺「お互い?お互いってどういうことですかね。私にも非があったと?」

さらに凍る。

俺「このような考え方の工員ばかりでは、工場はやっていけないでしょうね」
バカB父「頼むよ俺くん、うちのバカには責任を取らせるから…」 
俺「どうでしょうね、責任って色々あるじゃないですか」
俺「この工場が残るということは、私がこの街に定年まで住み続けることになるでしょう」
俺「その間、同期の姿を見ることすら嫌でたまらないんですけどね……どう責任を取るんでしょうね」 

そこでバカBの父がBを何とも言えない表情で見つめ、Bがうろたえる。
これぐらいでいいかと思い、
「ここでの発言は聞かなかったことにする、今後の頑張りに期待します。」
と言って帰ってもらった。

でもそれで終わらないのが田舎の凄いところ。
町の人々から同期の連中への見る目が一気に変わる。
まず店で物を売ってもらえない。
道行く人達に睨まれる。
「アンタが生きとると工場が潰れるんよ!何で外歩いとる!!」
と怒鳴りつけるオバハンまで居た。

俺の家には毎日のように謝罪に来る住民が居た。
年上年下関係なく、過去にちょっとでも俺にちょっかいをかけた奴まで親に連れられて玄関先で土下座しに来る。
こりゃ効果覿面だな、と思ってたら、更に大変なことになった。

523: 名無しさん@おーぷん 2015/02/28(土)05:17:14 ID:eVS

Bが死んだ。
首を吊ったらしい。
職場の部下の葬式だったから、仕方なく葬儀には出てやった。
するとBの親父が俺に、
「やっとバカが死にました…これで工場も大丈夫ですよね?」
と笑顔で聞いてきた…ゾッとしたよ。

そしてそれから、同期が何人か死んだ。
死因は色々あったが、自殺なんじゃないかと思えるようなものも多かった。

あとから知った話だが、Bは親兄弟(だいたい職場が一緒だったりその周りで働いてる)から
「はよ死んでくれ、そうじゃなきゃ俺達が困るんじゃ」
「兄ちゃん、お願いだから死んでくれ」
などと毎日毎日言われ続け、精神的に壊れたまま死んだそうだ。
そしてBが死んだため、他の同期の周囲では
「Bくんは立派に責任をとった。これでアンタが逃げたらBくんも浮かばれない」
などと地元の連中は同期を追い込むための口実に使っていた。

同期の女から
「私を好きにしていい、だから許して」
と言われたこともあったが、とっくに女の旬を超えたモノを抱いて誰が積年の恨みを許せるものか。

結局、当時俺をいじめていた同期は全員が人生を狂わせた。
死んだとか頭がおかしくなったとか色々あるだろうが、まともな人生を送れなくなったならそれでいい。
やることは終わったから、親を東京に迎えると同時に家を潰し、工場は閉鎖させた。

抗議したくても出来ないだろう、
「閉鎖を防ぐために子供を自殺させたのに何で閉鎖するんだ」なんて。
今ではほとんど廃村っぽい状況になってるらしいが、俺は知らん。

時効だろうけど書いておく。

【復讐】O2-364 はなからそんなので許す気が無かった私。

364: 名無しさん@おーぷん 2015/01/16(金)18:52:11 ID:oZB
義弟(夫の弟)が私を盗撮していた。
それも寝室や脱衣所。
私は義弟の好みではなく、盗撮の目的は私を辱めることで、同級生と廻し見する予定だったらしい。

偶然盗撮のカメラを発見したことで発覚。
間抜けなことに録画されたデータには同級生と談笑して、
「お前の兄貴の嫁さんに盗撮を仕掛けよう」
とけしかけられてノリノリの義弟も映ってた。

怒りに震える私と、そんな私に怯える夫。
夫には
「一切文句を言わない、私の味方になる、場合によっては義両親も敵に回すこと」
を承諾させた。




そして出掛けた振りをして家の中に潜んでた私。
こっそりと合鍵で侵入してくる義弟。
脱衣所のカメラを回収したところで跳びかかり、うつ伏せの義弟に馬乗りで殴りまくった。

私は男みたいな容貌で、それをよく義実家にからかわれてた。
義弟はそんな私を笑いものにするつもりで盗撮をしかけてた。
だが、男みたいなのは容貌だけではなく、少なくともガリヒョロの義弟や、ちょい痩せの夫よりは強い。
今は通ってないがその当時はまだジムにも行っており、義父と腕相撲でもいい勝負だった。

そんな私が義弟のクルクル髪を鷲掴みし、メガネごと高い鼻を床にドチャドチャと打ちつけ続けた。
もちろん手加減はしてる。
が、二度とくだらん考えを起こさないようにしないと、糞みたいな同級生と何やらかすか知れたもんじゃない。

365: 名無しさん@おーぷん 2015/01/16(金)18:56:55 ID:oZB
気づくと鼻血まみれの義弟が泣きながら謝ってた(感じでうめいてた)。

その後、正座させて夫と義両親を呼び出した。
夫よりも義弟を溺愛してた義母は怒った。
そうでもない義父は
「ちょっとやりすぎじゃないか」
と言った(歯が欠け、メガネが壊れてた)。
夫は私のそばで黙ってる(私が喋らないでいいと予め言っておいた)。

そこで録画されていたデータを再生した。
その中で、
「同級生や部活の女子を盗撮しよう」「誰それの発育がいい」「ヤリて~」
といったセリフも出てきた。
義弟は私の容姿を笑いものにしたあと、
「撮ってもいいけど、代わりに○○の妹も撮ってきて」
と言ってた。
その○○の妹とはまだ小学生だということも、だからこそ交換条件にしたことも会話から判明した。

それらを聞かされ、義母は顔色が真っ白になって沈黙した。
義父は正座していた義弟を思いっきり蹴り飛ばして、吹っ飛んだ義弟はうちの掃除機に当たって破壊した。
「申し訳ない、後で改めてお詫びします、あと、コレは私が徹底的に教育し直します」
と言って義父は頭を下げ、義弟を引きずって行った。

その後、それまであまり子育てに関わらなかった義父は鬼と化したようで、1ヶ月後に坊主頭の義弟を伴って謝ってきた(義弟に合鍵を渡してた義母は出禁済み)。
はなからそんなので許す気が無かった私。
その足で義実家に赴き、義弟のPCを無理やり開かせ様々な映像データ(盗撮ではない、ネットで拾った画像)を義父と確認後に消去。
教育が全然足りてなかったことを悟った義父は鬼神となった。

それを最後に我が家は義父以外とは絶縁した。
掃除機は義父によりダイソンに進化した。

【修羅】俺の家はDQN一家だと思う。

882: 名無しさん@おーぷん 2015/01/11(日)19:18:36 ID:vTn

数年前の修羅場。

前提として、俺の家はDQN一家だと思う。
ただこれで周囲の家庭に迷惑をかけたりとかはしていないので、スルーしてほしい。
中3の長男(俺)、中2の長女、小6の次男、小3の三男の四人兄弟。

俺と次男の受験を控えていた1月、中2の妹の妊娠が発覚。
検査に行くと既に27週で堕ろせない。
両親が妹に相手を聞くと、同級生Aだった。

次の日、A宅に電話して話し合いの場をもうけようとするものの一切会おうとはせず、電話口で
「申し訳ないとは思うが子ども同士のこと」
「私は忙しくて時間が取れない」
「母子家庭でお金に余裕がない。」
と取り合おうとせず。




それが何日も続いたある日、ついに母はブチ切れ、ボソッと
「あの家乗り込むわ」
と言って上着を着て出て行った。
「母一人で大丈夫か」
と父に聞いても
「大丈夫だろ」
と呑気に新聞を読んでいる。(使えねえ...)

俺が心配してるのそこじゃねえんだよな...。


三時間後、母が
「(妹)の子どもは私らで育てる。異論は認めん。」
と言いながらなぜか晴れやかな顔で帰ってきた。

一同「そうなると思った」

イラついたように経緯を語っている母。
この母には何があっても逆らえない、と思いつつ、翌日相手の家を訪問する予定になったそうなので着いて行った。


予想以上だった。
倒れた食器棚、そこから溢れていた割れた皿、調理台のシンクには母の拳形の穴、ブラウン管テレビにも拳大の穴、半分に亀裂の入ったテーブル...。
泣きすぎたのか目が腫れたA母と、指先に包帯しているA、母の顔を見た瞬間泣き出すA妹。

話し合いの内容は
「こんな家には住めないだろうから最低限の資金を出してやるから引っ越せ、2度と顔を見せるな」
という母の申し出。
それに対するA母の同意とその内容に関する一筆。

A宅は一週間後には引っ越して行ったらしい。

その後妹は中3になった時に無事出産。
俺は叔父さんになった。

嫁との子どもがもう少しで産まれるので思い出して書き込みました。

まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

yuzupiyowo

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング