お化けや幽霊が怖いと感じる人は多いと思います。
それは、”誰もいないはずなのに感じる視線”や”出どころの分からない音が聞こえる”
”明らかに生きてはいない存在のものを見た”など、得体の知れない恐怖を感じる
からではないでしょうか。

夏を目前に、”本物の幽霊に会える場所”に肝試しに行こうという方や、
”本当に怖いお化け屋敷”に行こうと考えている方。

何もお化けや幽霊だけが、怖い存在ではありません。
自分と同じように生きている人間だって、何をするか分からない、いわば
”得体の知れない”存在ですよね?

そこで今回は、”人間が一番怖い”ということをテーマに厳選した怖い話を集めてみました。
震えるほどの恐怖をぜひご堪能ください。

友情のおまじない

藍花はいじめが原因で学校を転校する。
「早くたくさん友達を作って、家に呼んでね」と母に送り出される藍花。
しかし新しい学校のクラスメイト達は妙に態度がよそよそしく、なかなか話しかけてくれない。

その上、藍花の持ち物が盗まれたり、無言電話がかかってくるようになる。
藍花は「これはいじめでは」と思うが母を心配させたくなくて言い出せずにいた。
そんなある日、藍花は机や椅子に不気味な模様が書かれているのを見つける。
それは呪いのおまじないのようだった。ショックを受けた藍花はついに手首を切って自殺してしまう。

藍花の葬儀で「藍花さん、なぜ死んでしまったの」と号泣するクラスメイト達。
母は「あなた達が藍花をいじめて自殺に追い込んだんでしょう!あの子の日記に書いてあったわ!」とクラスメイト達に詰め寄る。
しかし事実はまったく違っていた。
クラスメイト達は可愛い藍花と仲良くなりたいと思っていたがそのきっかけがつかめず、
結果的に彼女を遠巻きにするような形になってしまっていた。
物を盗んだり無言電話をかけたのも藍花への憧れの気持ちからだった。
あの不気味な模様は、呪いのおまじないではなく友情のおまじないだった・・・。

一人、藍花の遺影に向かって語りかける母。
「お母さんね・・・昔、親友に友情のおまじないだと偽って不幸になるおまじないを教えた事があるの。
だって彼女の彼がほしかったから・・・。その彼があなたのお父さん。その報いなのかしらね・・・」



葬儀からの帰り。藍花のクラスメイト達が話しながら歩いている。
「ねえ、今回の事だけど藍花さんが誤解したのも無理は無いと思う。
あの友情のおまじない、後で調べたら本当は不幸になるおまじないだったの」
「そんな・・・!あのおまじないを最初に言い出したのは誰?」
「確か・・・先生ですよね」
女教師は冷たい微笑みを浮かべながら言った。
「そう。昔、親友から教わった友情のおまじないよ」

黒塗りの車

5年くらい前の話です。

友達のアパートに、借りていたDVDを返しに行きました(住宅街)。
そのアパートには、来客用の駐車スペースがなかったので、
歩いて5分ほど離れたコンビニで、
友人へのお礼がてらのお菓子やプリンなどを買って、

店員さんに、
「10分くらいで戻るので、車を停めていて良いですか?」と了承を得て、
友人のアパートへ向かいました。
歩いている最中に、黒塗りの車が近寄ってきて、
(私は左側の歩道、運転席は右側)
「○×という建物を知らないか?」と気かれました。
車内の音楽が大きい上に、
運転席の男性の声がカタコトの日本語で聞き取りにくかったので、
「すみません、聞こえませんでした。何処をお探しですか?」
と、助手席側のドアに近寄ったときに、
いきなり後部座席から、2人の男性が降りてきて、
私の後ろを囲むようにスタンバイして、1人が助手席のドアを開けようとしました。

そのとき、道沿いのマンション(ベランダが車道向け)の2階から、
「どうしました?大丈夫ですか?」と、大声で言ってくれた方がいらっしゃいました。
その声で、数軒のベランダから人が出てきてくれて、
「何が起こったの?」的な雰囲気になりました。
すると、男性達は急いで車に戻り、急発進で立ち去りました。

最初に話しかけられたときには、車内には運転手しかいないように見えました。
そう考えると、後部座席から出てきた男性達は、シートの下に屈んでいたのでしょう。
変な事(および人物)に関わることの多い人生の中で、
一番ギリギリだったと思われる事項です。

ひとりでかくれんぼ

おれが学生時代の話。

学校が終わった後、家に帰る前に近所の公園で一服するのが日課になっていた。
その公園にはいつも1人で遊んでる子供がいたんだ。
いつの間にかおれはその子と仲良くなってて、よくベンチでお喋りしてた。
その子は体にあざが多かったんだけど、木登りしてる姿を見掛ける事も
少なくなかったから、元気な子だなぁ位にしか思ってなかった。

ある日いつもの様にお喋りしていると、桃太郎の話を聞かせてくれた。
学校で習ったそうだ。習わなきゃ桃太郎を知らない世代に驚いた。
翌日。その子がいない。帰る時に茂みの陰に隠れているのを見つけた。

何してるの?

 かくれんぼ!

友達できたんだぁ、と少し嬉しくなった。
でもおかしかった。鬼らしい子が見当たらない。

鬼は誰なの?

 お母さん!暗くなると見付けてくれるんだ!

切なくなって、その日はそのまま帰った。
次の日もその次の日もその子は隠れていた。しびれを切らして声を掛ける。

お兄ちゃんが鬼やってあげようか?
お兄ちゃんは桃太郎!

?と思っていると、母親らしき人がやって来た。そしてその子の頭を掴んだ。
ブチブチと音がする。

お母さんが鬼なの!お兄ちゃんは桃太郎だよね?
お母さんが鬼なの!お兄ちゃんは桃太郎だよね?
血走った目でおれを睨みつける母親の顔は今でも忘れない。

ひとりかくれんぼも怖いけど、ひとりでかくれんぼをする子も怖いです。

じった

イサオさんは村の人気者。
泳ぎも走りも木登りも村一番。

じいさんと母親とイサオさんの3人暮らし。父親は炭鉱でなくなった。
働き盛りで亡くなった父親の代わりにじいさんと母親が働き、当然イサオさんも手伝っていた。

村でたちの悪い風邪が流行り、イサオさんも風邪をひいた。
運が悪かったのか、高熱が続き頭が痛む。耳も聞こえにくい。
今の時代なら恐らく中耳炎と診断されるだろうが医者自体が村にいない。
元気だったはずのイサオさん、こじらせて寝込んでしまった。
困ったのはじいさんと母親。いつまでも寝かせておくわけにもいかない。
2週間程あとにはじいさんと母親と一緒に働くイサオさんの姿が。
頭には黄色く染まった包帯が。耳から膿がでるそうだ。
908:本当にあった怖い名無し:2009/06/30(火) 16:49:59 ID:UMNjjfhUP
イサオさん大丈夫?近所の人から聞かれるようになる。
ぼんやりと空を見ている事が多いようだ。
包帯は、度々母親がかえてはいるようだか赤と黄色が混ざって汚れている。



道の真ん中を笑いながら歩くイサオさん。以前のように溌剌とした姿はない。
「じった、じった、じった」足をバタバタさせながら叫ぶイサオさん。目は虚ろ。
地団駄を踏んでる姿と叫び声から、村の皆はじったと呼ぶようになる。

泳ぎを教わる子供もおらず、じったは一人で村を歩く。
子供が五人村のはずれで遊んでいる。近づくじったを囃し立てる。

「じったじったじった」
「じったじったじった」
「じったじったじった」
「じったじったじった」
「ぎゃーーーー。」




じったが手に持った箸を子供の耳に突き刺した。
一人、二人、三人
走って家まで逃げかえる。

じったに近づく者は無くなった。
910:本当にあった怖い名無し:2009/06/30(火) 16:57:35 ID:UMNjjfhUP
おちも何もないけど祖母ちゃんから聞いた話
文章書くの苦手だから箇条書みたいになって読みにくいと思います。ごめん。

これがトラウマなのかうちの祖母ちゃんとがイヤホンとか補聴器とかを付けるのを嫌がる。
箸がなんか脳みそぎりぎりまできてた気がしたらしい。
子供達に怪我無かったから、本当にぎりぎりで箸をとめたみたい。

ヒャクセイ

自分的に死ぬかと思った話。
去年の夏休み、秋田のド田舎村に帰省したときの話です。
辺りは水田や畑ばかり。

大学で生物の研究をしてる私はカエルや蛭を探そうと猛暑の昼、水田へ向かった。
自転車で向かう途中、道のド真ん中にオッサンが倒れて手足をバタつかせていた。
日光浴かと思い近付くと笑っている、ひたすらゲラゲラ笑っている…、
涎を垂らし笑いながら手足をバタつかせている。

嫌なもん(知的障害者かと思った)見たと思い、帰宅しました。
その後、何故か村中騒ぎになった。
爺ちゃんが「その人はヒャクセイ(ヒャクショウ)に当てられて手遅れ」と言ってた。
炎天下の下、気が狂ったらしい。
死ぬ程怖かった。



965:本当にあった怖い名無し:2009/07/01(水) 22:49:13 ID:dpBbdyxh0
>>962 
くねくねの正体なのかもな。



985:961:2009/07/02(木) 12:04:38 ID:gLOkSZU/O
クネクネぐぐって調べました。
多分正体は熱射病などにより蜃気楼が怪物に見えてしまうものかと。
たださっき爺ちゃんに電話して聞いたら「ヒャクセイ(ヒャクショウ)とは昔飢饉で死んだ人の霊で、恨んでる人の畑に飢饉で死んだ人の亡骸を埋める嫌がらせ(流行ったらしい)」をした後、村人が畑、水田で霊を目撃し発狂してしまうそうです。
爺ちゃんが知ってる中で少なくとも7人発狂した人がいるらしいです。
精神病院送りになったり自殺した人もいるとのことです。

自首の理由


まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

yuzupiyowo

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング