出典: http://jooy.jp

薄着の季節になると気になってくるお腹のたるみ・・・
何とか落としたい・・・

そんな脂肪と暑さの関係。

気温が高いほど痩せるは嘘

脂肪の燃焼には汗をかくことが効果的!
じゃあ暑さの中で運動したらより効果があるんじゃないの?

じつはこれ間違いです。
気温と消費カロリーはあまり関係がないんです。

そもそもなぜ運動すると痩せるのか

脂肪燃焼には有酸素運動が効果的だということはよく知られていますが
有酸素運動とは体内の糖質や脂肪を酸素とともに燃焼させる運動を言います。
このとき、燃焼によって発生した水分が汗になります。

つまり気温によって体温調節のためにかく汗と運動によってかく汗は意味が異なってきます。

暑いからと言って汗だけかいても、それだけで脂肪が燃焼するわけではないんです。

サウナスーツの意味

暑いからと言って脂肪燃焼が多くなるわけではない。
でも、減量中のボクサーがサウナスーツを着て運動したりしてますよね。

じつはあれはとにかく体重を落とすため、水分を絞っているだけ。
本当に、ただ体重を落としたいときは有効ですが・・・

むしろ冬場の方が体温を上げるのに基礎代謝は盛んになっている

基礎代謝(きそたいしゃ)とは、何もせずじっとしていても、生命活動を維持するために生体で自動的に(生理的に)行われている活動で必要なエネルギーのこと。

その基礎代謝による消費カロリーは冬場の方が大きいんです。
寒い方が、体温維持にかかるエネルギーは大きいんですね。

でも、体感的には夏場の方が痩せてる気がする・・・

夏場の方が痩せやすいという方は生活習慣や食生活によるところが大きいようです。

夏場は食欲が進まず、水分が多めになりがち。
しかもレジャーやスポーツなど、体を動かす機会が多く、自然と痩せる生活になりやすいんです。
でも、酷暑時の運動は禁物です。

逆に夏場に太るという方は

夏場の罠、それは清涼飲料水!
低カロリーのものでも、ついつい量を飲んでしまいがちです。
そのほかにアイスクリーム等も意外にカロリーが高く、油断できません!

夏場の減量の是非

夏場の運動は体への負担が大きく、注意が必要です。
酷暑時の運動や過度の食事制限は控え、無理なく習慣的に減量するのが大切です。


まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング