かつては日焼けは健康の象徴とされ、日光浴が推奨されていましたが、現在では日光に含まれる紫外線について、いろいろと注意すべき点があることが分かっています。

紫外線とは

波長が10 - 400 nm、即ち可視光線より短く軟X線より長い不可視光線の電磁波である。
光のスペクトルで紫よりも外側になるのでこの名がある。

以下、紫外線の種類について

UV‐A

・私たちが普段浴びている紫外線の約90%以上はこれ

・波長が長いため天気などに関係なく1年中地表に降り注いでいる

・紫外線の中では最も害が少ないと言われている

※ただし肌の真皮まで届き、光老化の原因になりやすく、美容への影響はもっとも大きいとも言われています。

UV-B

・以前はオゾン層によって遮られていたが、近年その破壊により、地表に届くように

・美容への影響は小さいが、より深刻な病気などにも関連し、有害性は高い

・肌が赤くなる日やけ(サンバーン)の主な原因となる

UV‐C

・3種類の中で波長が最も短く、人体への影響も大きいといわれる

・人工的に作られ、殺菌灯など、医療現場でも利用されている。

・現在のところ、地表には届いていないと言われている

※ただし、オゾン層の破壊が進めば、地表に到達するようになるのではないかと懸念する声もあります。

対策について


まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング