食べて日焼け対策をしよう!

今年は5年ぶりの猛暑になると言われています。
梅雨の時期である6月から気温が30度を超える日も多く、
これから夏本番を迎えたら、一体何度まで気温は上がるのでしょうか?

暑さが気になれば、日焼けも気になりますよね。

日焼け止めは勿論必須アイテムですが、
実は特定の栄養を摂取することで日焼けを軽減し、
肌を守ることができるんです!!
今年はぜひ、食べる日焼け対策もしてみませんか?

ということで、日焼け防止に効果があると言われている
食品のトップ10を発表します!

1.トマトおよびその他の赤い果物

特に調理されたトマトには多くのリコピンが含まれます。
リコピンとは赤い果物に含まれるカロテノイド色素で、
植物はこの色素を太陽から身を守るために活用することが知られています。
なのでカロテノイドを多く含んだ鮮やかな色をした果物や
野菜を摂取することで日光に対する耐性を上げることができます。

トマトは加熱するとリコピンが増加することが知られていて、
トマトペーストをテーブルスプーン数杯分摂取するだけでも
日光対策として有効であることが研究で明らかになっています。
赤い果物全てにこの色素が含まれていますが、
スイカやグレープフルーツには特に豊富に含まれています。

甘いものよりも辛いものの方が好み、という方はチリパウダーも効果的です。
チリパウダーにはビタミンEが含まれているのでまさに一石二鳥というわけです。

2.サツマイモ

リコピンと同様に果物や野菜に含まれるオレンジ色素である
βカロチンも日焼け対策として効果的です。
βカロチンを最も多く含んでいる野菜はサツマイモです。
また、紫色のサツマイモはおいしいだけでなく、
シアニジンやペオニジンなどUV対策の化粧クリームにも
使用されている酸化防止効果のある色素が多く含まれています。
βカロチンは、他にもにんじんや
バターナットスクアッシュ(カボチャの一種)や緑の野菜にも多く含まれています。

3.ブロッコリー、その他の葉菜類

緑の野菜は、日焼け防止に効果があり、日焼けした肌を修復する作用もあります。
βカロチンに加えて、緑の野菜の多くは葉酸やビタミンA、C、Eを含んでいます。
特にブロッコリースプラウトには皮膚がん予防に
効果があるとされているスルフォラファンが多く含まれています。

緑の野菜を多く摂取するためのコツは
いつも食べるものに混ぜ込んでしまうことです。
例えばパスタソースやスムージーにちょっとほうれん草を追加したり、
レタスの代わりにスプラウトにしたりなど、
ちょっとした工夫で摂取量は簡単に増やせます。

4.魚

鮭やニシン、サバ、マスやイワシなどの冷水魚には
日光から肌を守る効果のあるオメガ3脂肪酸が多く含まれています。
「トランプのカード一式」の大きさくらいの魚を
週に2回ほど食べることで十分な量のオメガ3が摂取できるといわれています。
魚があまり得意でない方はフィッシュオイルなどの
サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

5.ザクロ


まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング