神奈川県は、今年も処分ゼロ

神奈川県が、平成27年度、神奈川県動物保護センターに収容された犬と猫の殺処分がゼロであったことを発表しました。

 県は、平成27年度に県動物保護センター(平塚市)に収容された犬猫の殺処分がゼロだったと発表した。犬の殺処分ゼロは25年度から3年連続、猫は26年度から2年連続となる。

 27年度に同センターに収容された犬は396匹で、そのうち374匹がボランティアが引き取ったり、譲渡会で県民に譲られたりした。22匹は収容中に死んだ。

 一方、猫は623匹が収容され、531匹が引き取られ、74匹が収容中に死亡した。18匹は、現在も同センターに収容中だという。

 黒岩祐治知事は「誇らしいこと。一つ一つの積み重ねがこういう結果につながった」と高く評価した。

神奈川県の素晴らしい偉業に絶賛の声が多数上がりました。

犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況

こちらのデータは環境省自然環境局が公開している資料です。

全国の犬・猫の殺処分数の推移

全国の犬・猫の殺処分数の推移

殺処分数は全国的に見てもかなり縮小傾向。
しかし、0ではないというのも事実。

全国の犬・猫の返還・譲渡数の推移

全国の犬・猫の返還・譲渡数の推移

返還・譲渡数の推移は少しずつですが上昇傾向にあります。

全国の犬・猫の引取り数の推移も年々縮小傾向にあるようです。

犬・猫の引取り理由の80%が所有者不明という悲しい現実。

今後の活動にも意欲的

神奈川県は「殺処分ゼロ」というだけでも、素晴らしいですが、まだまだ次のステージを目指しています。

犬と猫の殺処分ゼロを達成した本県は、次のステージを目指しています。命を救うだけでなく、責任ある飼い主と互いに良きパートナーとして生涯を幸せに暮らせるよう、動物愛護の拠点として、新しい動物保護センターを作っていきます。動物愛護のイベントなどを開催するためのホール、屋外で太陽の光を浴びながら、元気に駆け回ることができるドッグランなどを整備します。

神奈川県動物保護センター建設基金に、寄附のご協力をお願いいたします。
ただ、県は31年度の完成を目指す同センターの建て替え費用約11億円を全額寄付でまかなうとして昨年7月から寄付を募っているが、先月22日現在で集まったのは約4369万円と低調。

 昨年度の目標額1億円を大きく下回っただけでなく、今年度の目標額は3億円とさらにハードルが上がることについて、黒岩知事は「相当頑張らないといけない」と述べた。

まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

関連するキーワード

mirai

世界中を旅する人生って素敵☆彡

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング