宇津木瑠美って?

宇津木瑠美は、神奈川県川崎市高津区出身の女子サッカー選手。
ポジションはミッドフィールダー・ディフェンダー。
2010年からフランス女子サッカーリーグ・モンペリエHSC所属。

生年月日: 1988年12月5日
生まれ: 神奈川県
身長: 168 cm
体重: 59 kg
所属チーム: モンペリエHSC (#7 / ミッドフィールダー)

兄の影響で2歳からサッカーに触れるようになり、6歳の時に神奈川県川崎市所在の川崎ウィングスFCに入団。
小学4年生の時には川崎フロンターレジュニアのセレクションに合格。2001年には、日テレ・ベレーザの下部組織チームである日テレ・メニーナに入団。
そして、16歳の頃に日本代表に選出され、AFC U-17女子選手権で優勝。

2011年には2011 FIFA女子ワールドカップの日本代表メンバーに選ばれ、見事優勝を果たしたのです。

試合中でもバッチリメイクが話題!

宇津木瑠美選手が注目されているのは、プレーだけでなく、その美しい容姿。カナダW杯では、きりっとしたまつげにばっちりメイクを施すなど、美しいルックスにも注目が集まりました。

美しい容姿に加え、身長も168センチとスタイルもバツグン。試合中でも練習中でもしっかりメイクを施し「365日ばっちりメイクはたしなみです」とインタビューにも答えています。

サッカープレー中とは違うプライベートのギャップが魅力的!!

「日本と違って、フランスでは女性サッカー選手も試合が終わればドレスを着て、ハイヒールを履いてパーティに行きます。それこそ本当にセクシーな格好をして(笑)。

女性の場合は、オシャレすることで気分転換できたり、ポジティブになったりと、パフォーマンスにもいい影響を与えることがあると思うんです。だから私の場合、しっかりメイクするのも試合に限ったことじゃなくて、練習でもふだんでも当然のこと。だって人前に出るのに、寝起きで眉毛ないとかありえないから!」

美しい容姿を活かしてモデル業も!

スポーツウエアブランドで知られる「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)」のモデルを務めるなど、美貌を活かしてサッカー意外でも活躍!

美しさを保つには、強さが必要!

美しい女性アスリートのための情報サイト「W-EVOLUTION」のインタビューで、宇津木瑠美選手は美しさについて以下のように答えています。

「例えばワールドカップやオリンピックなどの国際大会では、日本の女子選手が一番男の子っぽく見える。
それに比べて海外の選手は、みんなすごくファッションや身だしなみに気を使っている。
日本の女子アスリートも、もっと美しさを追求すべきだと思います。」
「筋肉があることをマイナスイメージでとらえる人もいますが、それは違うと私は思います。
女性であっても正しい刺激を与えれば筋肉はつくし、筋肉があるからこそ美しさ、セクシーさをもった身体がつくれます。」

まとめいくで話題の
最新情報を受け取る

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

PICUP

ピックアップ

GIRLS

女子力UP♡

総合アクセスランキング